FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

120年目のエレベーター (函館・留萌本線 深川駅)

Category : 北海道の鉄道
深川駅01
今回は、函館本線の深川(ふかがわ)駅のことを。
留萌本線の起点駅でもあるこの深川駅、開業は明治31(1898)年です。 
現在の駅舎になったのは昭和35(1960)年のこと。
この横長ファサードな駅のデザインを考えた人は、コルビュジエの影響を少なからず受けていたと思います。
(訪問:8月/1月)

深川駅02
現代の技術なら岩見沢駅や旭川駅のようにガラス張りを前面に打ち出すと思いますが、50年以上前、しかも深川は雪の多い地域でしたから窓は2階の1列に。
かつては深名線の起点駅でもあり、3路線の結節駅だった深川駅。
なので事務室を2階に置き、1階はコンコースとして広く採れるよう設計されていました。


深川駅03
そんな深川駅、開業から120年を迎える今年ついにエレベーターが設置されました。

深川駅04
設置されたばかりのエレベーター。

深川駅05
千咲:私が行った頃は、夏真っ盛りでしたね。 

深川駅06
追記には、完成式典の様子や深川駅の様子などを載せていきます。
今回はボリュームが多めです。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

さらばスラント!! さらば北斗!! (函館本線・函館駅 その2)

Category : 北海道の鉄道
ハイデッカー01
前回は改札口の外の話がメインでしたが、今回は改札口の中のお話がメインです。
函館駅が一番賑わうのは、特急列車が到着した時です。

ハイデッカー02
ハイデッカー03
その前に1個紹介しておきたいものがありまして、それがこの碑。
函館駅は、最初から今の場所にあったのではなく、かつてはもう少し五稜郭駅寄りにありました。

ハイデッカー04
今回の主役、特別急行列車「北斗」 札幌と函館をおよそ4時間で結ぶ、北海道を代表する伝統ある特急列車です。

ハイデッカー05
現在は、キハ261/281/283系の「スーパー北斗」が9往復、キハ183系の「北斗」が3往復していますが、今年3月のダイヤ改正で「北斗」は廃止され12往復全て「スーパー北斗」になります。 

1965年から半世紀以上続いた「北斗」もついに見納め・・・ と思っていたのですが、
JR北海道の「春の臨時列車のお知らせ」で、
ご利用が多いゴールデンウィークと6月の下旬に臨時北斗を設定・・・
とあり、臨時列車としては今後も存続することとなりました。

追記にも、函館駅での話と「スラントノーズ」の話などを載せていきます。 追記を読むからどうぞ。

→続きを読む

函館の女 (函館本線・函館駅 その1)

Category : 北海道の鉄道
函館駅03
は~るばるきたぜ函館 
このフレーズは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 この曲は、北島三郎の歌謡曲「函館の女」の冒頭部分です。 
杏:正しくは函館~ ではなく 函館へ~ なのです。

函館駅02
杏:まさか家に来た次の日に函館まで来るとは思わなかったわ。
ということで、今回は函館本線458.4kmの起点駅、函館駅の紹介その1です。 (訪問:12月末)

函館駅01
函館駅は、JR北海道と、提携を結ぶデンマーク国鉄との共同デザインで作られた、かつての青函連絡船をイメージしたものとなっております。
時計の部分が先端で、吹き抜け部分が煙突部分と考えるとイメージできると思います。

函館駅04
杏:駅前のイルミネーションが素敵ですね。
追記には、函館駅前で撮った写真や、駅の紹介をしていきます。

→続きを読む

君の名は 第二部 (釧網本線・南弟子屈駅)

Category : 北海道の鉄道
南弟子屈駅01
朝6:05に釧路駅を出発して、7:19にこの駅で下車。

南弟子屈駅02
釧網本線・南弟子屈駅。
1日平均利用者数が1人以下とされる駅の1つ。
JR北海道の資料(PDF)によれば、この駅の利用者は1日「1.0人」とされています。
同じ資料に、高校がある駅までの定期券が1人分売れているデータがあるので、その1人は間違いなく学生でしょう。
そして、その高校生1人以外誰も使わないということなのでしょうか。

南弟子屈駅03
南弟子屈駅の時刻表。
この駅は、釧網線(26駅)を走る快速しれとこが通年通過するたった3つの駅のうちの1駅です。

南弟子屈駅25
駅の中。 とってもシンプル。

南弟子屈駅05
この駅の名前は「みなみてしかが」と読みます。
ちなみに、「弟」「屈」が付く駅は日本でここだけ。 「兄」は岩手県に兄畑駅が、「姉」「妹」は北海道では姉別・妹背牛駅があります。 

南弟子屈駅04
美月:今朝はすがすがしい天気ね。
気温は氷点下6度。 ここで1時間半を美月と過ごしました。

南弟子屈駅06
美月:弟子屈と書いて「てしかが」。  これは難しいかもね。
北海道の難読地名・初級編くらいで登場する地名です。
由来は幾つかありますが、有力なのがテシカ・カ(岩盤の・上/を流れる川)=釧路川のこと。
この地は、非常に磐の多い急流でありました。ところが又、ここは魚のたまり場のようなところでもあったので、アイヌの人達は何とかこの魚を獲りたいと網をかけようとしましたが磐が多く、遂に杭を打ちこむことが出来なかったそうです。そこでアイヌの人達はせっかくたくさんいる魚をとる仕掛けもできない岩磐の上だと嘆き、弟子屈の語源はこれから生まれた訳です。(弟子屈町HPより)

追記にも、南弟子屈駅のことを書いていきます。
あの映画のロケ地にもなりました。 
続きを読むからどうぞ。

 

→続きを読む

花咲線 ~いま君に会いたい~

Category : 北海道の鉄道
花咲線00
今回は、今年10月にリリースされた演歌歌手・松原健之の「花咲線 ~いま君に会いたい~」の歌詞の世界観を、あい様と共に辿ってきた記録です。
花咲線は、滝川駅から富良野・帯広・釧路を経て根室駅に至る全長443.8kmの根室本線のうち、釧路駅から根室駅の135.4kmの区間の愛称です。
このご当地入場券PR付きのポスターは花咲線の主要な駅に張り出されています。



曲のPV


花咲線01
根室行き わずか一両の
古ぼけた列車だったよね




花咲線02
最果ての 朝が来る岬
君が見たいと 言ったから









花咲線03
揺れながら 花咲線は
厚岸めぐり 湿原抜けて 東へと・・・・・・









花咲線05
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり




花咲線06
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて

追記に続きます。

→続きを読む