FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

北海道・夏の駅めぐり Vol.2 (室蘭本線・早来駅)

Category : 北海道の鉄道
早来駅01
瑞季:ここも、夏由来の駅みたいです。 早来。 私は春らしい地名に思えました。

早来駅02
室蘭本線・早来駅
開業は1894(明治27)年、北海道炭礦鉄道室蘭線の駅として。
隣に安平(あびら)町物産館を備えた、旧早来町の中心駅です。
(2006年、早来町と追分町と安平町が合併して安平町になりました)
無人駅ですが、簡易委託駅です。

早来駅03
早来駅の由来は、
「サク・ルペシペ=夏の・越える沢の道」です。
なので最初は早来を「さっくる」と読んでいたのですが、読みづらいのか、鉄路が予想より「早く開通した(=来た)」から「はやきた」になったのか。 読み方が変わった理由に関しては諸説あります。

早来から東側に向かうと、厚真(あつま)町の中心市街があります。
昔は厚真に向かうには小さい峠を越える必要がありました。 だから「ルペシペ」なのです。

早来駅04
早来の名産といえばサラブレッド。
あの有名なディープインパクトやジェンティルドンナは早来生まれの競走馬です。

早来駅05
この日早来駅に滞在できたのは20分。
その20分で撮れるだけのことは撮って来ました。
早来にかつてあった鉄道のコラムもあります。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.1 (釧網本線・札弦駅)

Category : 北海道の鉄道
札弦駅01
美月:夏の駅旅へようこそ! 

札弦駅02
今回訪れたのは釧網本線・札弦(さっつる)駅 (撮影:7月)
車で片道200km以上走って(鉄道だと網走経由で300km近く)ようやく着きました。
なにせ、最短距離の網走経由だと列車では日帰りできないくらい遠い駅です。
札幌経由釧路回りならぎりぎりなんとか・・・ といった所。

札弦駅03
美月:どうしてこんな遠くの無人駅に来たの? なにか特別な意味があるのでしょう。

札弦駅04
もちろんですよ!
札弦の由来はアイヌ語「サク・ル」、つまり「夏の・道」という意味なのです。
徒歩が主な交通手段だったアイヌの時代、山を越える道筋は、樹木の生い繁る夏と、小さなデコボコや細かな沢の流れなどが頼りでした。
「夏の道」を意味するアイヌ語に由来する地名は、そうした昔の交通・交易路の姿を伝えています。
札弦の場合は、網走から釧路・根室方面へ向かう「道」です。

札弦駅05
美月:わたし達は今、まさに夏を旅しているのね!

追記にも話が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

7月17日は、北海道みんなの日でした。

Category : 北国の歩き方
17道みんの日01
7月17日は「北海道みんなの日」、愛称「道みんの日」でした。
今年から始まったこの記念日、JR北海道でもスペシャルなきっぷを作りました。

それがこの日帰り周遊パス。 
3000円で、北海道全ての普通・快速列車乗り放題+特急列車乗車券免除(特急券は別途購入)の素晴らしい切符です。

これを使うと、例えば札幌駅~函館駅の特急自由席往復料金が
通常料金・16,220円 (運賃・5,720円+特急券・2,590円×2)
乗車券往復割引きっぷ・14,180円(往復運賃9,000円+特急券×2)
日帰り周遊パス・8,180円(往復運賃3,000円+特急券×2)
と使い方によってすご~くお得になるのです。
青春18きっぷは特急に乗れないのを考えると太っ腹です。

17道みんの日02
そんなきっぷを使って、今年夏のやりたいテーマに基づく鉄道旅をしてきました。
写真は、明治時代の跨線橋を修復しながら使い続けている駅にて。
これでSLが来たら本当に昭和時代です。 (2014年まで季節限定で走っていました)

17道みんの日03
北海道は、紫陽花が良くなってきました。 (札幌・豊平公園にて)
何とな~くハート型に見えませんか? 

北海道みんなの日条例
第1条 道民が、縄文文化の歴史、アイヌ民族の歴史、開拓の歴史など北海道のこれまでの歴史、北海道の持つ豊かな自然及び風土並びにこれらの中で培われた北海道の文化、産業等についての理解及び関心を深め、北海道の価値を改めて認識し、道民であることを誇りに思う心を育むことにより、将来にわたり自主及び自立の精神に基づき、一体となってより豊かな北海道を築いていくことを期すとともに、道外において、北海道の価値が、広く認識される契機となることを期する日として北海道みんなの日を設ける。

今から149年前、松浦武四郎が明治政府に「北加伊道(ほっかいどう)」という名称を提案したのが7月17日。だからこの日になりました。
来年が北海道150周年記念で、色んなイベントを企画しているみたいです。

今回は短いですがこれにて。。。

木造駅舎の旅 (留萌本線・秩父別駅)

Category : 北海道の鉄道
秩父別駅01
秩父別駅(1910~)
1971年の改築から今日まで使われ続けている木造感がある木造駅舎です。
玄関の切妻屋根がいい味を出しています。

秩父別駅25
「木造駅舎の旅」(写真・文 米屋浩二 2009)の表紙にもなった秩父別です。
この頃からは、外装が新しくなり写真の頃のものとは変わりました。

秩父別駅02
この駅の読み方は「ちっぷべつ」です。
おそらく大半の人は最初「ちちぶべつ」と読んでしまうでしょう。

秩父別駅03
木造駅舎には、袴とかが似合うという考えで千咲を連れて行きました。 (撮影:6月)

追記にも秩父別駅の写真が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

藤山要吉が遺したもの

Category : 北海道ドール紀行
今回は、前々回「かたちあるもの」の続きです。
記事に関し、昭和の留萌市の広報誌からの内容も少々追加しました。。

小樽市公会堂01
あい:ということで、はるばる小樽までやってきました!
(小樽駅前にて)

小樽市公会堂02
あい様と今回共に訪れたのは花園地区にある小樽公園。 1900年に開設された歴史ある公園です。

小樽市公会堂04
あい:ここが、藤山要吉さんと関係の深い場所・・・ それにしても雨がひどいわね。

小樽市公会堂03
小樽市指定歴史的建造物12号 旧小樽市公会堂
ここが今回の旅の目的です。 
追記に書いていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む