FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

林業のまちの玄関口 (宗谷本線・天塩中川駅)

Category : 北海道の駅
KIKORI祭02
前回の「KIKORI祭」を見物しに下車したのが宗谷本線の天塩中川駅でした。
特急列車も停車する駅ですが、無人駅です。
この町は、プロレスラーの「ラッシャー木村」(故人)の生まれ故郷です。

天塩中川駅01
天塩中川駅は、「誉平(ぽんぴら)」駅として大正11(1922)年11月開駅。
昭和26(1951)年7月に町名に合わせて「中川」にしようとしましたが、奥羽本線(山形県南陽市)に既に「中川」駅が存在していました。
なので、旧国名の「天塩」を併せて「天塩中川」駅に改称しました。
国鉄時代は国鉄の駅同士で同じ駅名にするのはよくないことでした。 (仮乗降場を除く)

天塩中川駅03
KIKORI祭当日は10人以上の観光客が駅で下車しました。

「誉平」の由来はアイヌ語「小さい・崖」。
駅から天塩川を挟んだ対岸に今は干上がった三日月湖があり、その中ほどにあった小さな崖が由来とされています。 
中川町を流れる天塩川も昔はものすごい湾曲・蛇行していて、それを河川治水事業の繰り返しで現在の形にしていった歴史があります。
それに伴って作られた三日月湖は天塩川流域に多く見ることができます。
「誉平」の名残は、国道40号の信号「中川町誉」(ほまれ)という地名などに残されています。

天塩中川駅02
天塩中川駅は平成26(2014)年に5,070万円をかけて改修され、現在の姿になりました。
改修費の一部(2500万円~3000万円位か?)は、北海道の地域づくり総合交付金が充てられています。
格子状の窓、板張りの外観は昭和28(1953)年の建築された当時を再現したものです。

天塩中川駅04
貴羽子:いつまでもこんな風情溢れる駅が続くといいな。
追記にも、駅や貴羽子の写真を載せておきます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

1909年2月28日、あの日塩狩で (宗谷本線・塩狩駅)

Category : 北海道の駅
塩狩駅15
美月:塩狩峠は、雲ひとつないまひるだった。

塩狩駅01
今回は、宗谷本線・塩狩駅の紹介です。

塩狩駅02
塩狩駅は、塩狩峠の頂点付近にある山間の駅です。
この場所は、旭川出身の作家・三浦綾子氏の小説「塩狩峠」のクライマックスの舞台としてあまりにも有名です。
冒頭の台詞は、小説の最後の一文をそのまま拝借しました。

塩狩駅03
駅名標と。

塩狩駅04
美月:今度は春にまた来たいわ。 桜の咲く季節に再び。
塩狩峠はエゾヤマザクラの名所の1つです。

塩狩駅05
駅から名寄方面を望む。
1909年2月28日午後6時半頃、名寄発旭川行の列車が塩狩峠に差し掛かった際旅客列車の最後尾の連結部が外れ、ブレーキもほとんど効かず客車が逆走・暴走しかかったところ、当時鉄道院(国鉄の前身です)の職員だった長野政雄が列車に身を投げ、客車の下敷きとなり列車を止めたという事故がありました。

塩狩駅06
(旭川から峠を登ってきたキハ40)
その話を元にした小説が「塩狩峠」です。

塩狩駅24
約450頁の小説で、塩狩峠が出てくるのは400頁以降。なぜ結納のために列車に乗車していた永野信夫(小説の主人公)は乗客を守るため、暴走し始めた列車に身を投じたのか。その答え・動機に辿り着くためにこの400頁があります。
長野政雄の顕彰碑も駅から200mの所にあるのですが、雪の中に埋もれていて分かりませんでした。

塩狩駅07
塩狩駅の由来は、塩狩峠が「天国」と「石国」の境界だったことに由来しています。

塩狩駅08
塩狩峠から北方を望む。
ここから稚内の南端までと留萌地方全域が天塩国の範囲でした。
石狩国は札幌から旭川・富良野・夕張あたりまでを指していました。

士別神社09
以前、士別神社のある九十九山の記事を書きましたが、塩狩峠の北側の内陸部、現在の士別市、剣淵町、和寒町あたりが北海道で一番最後に屯田兵が入植した地域です。 海や天塩川の河口からも遠く、南には峠のある地域なので開拓が遅かったのです。
それだけ塩狩峠が北海道開拓の難所だったことも示しています。

追記にも美月の写真などを載せておきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

島ノ下駅と島の下温泉の秘密 (根室本線・島ノ下駅再訪)

Category : 北海道の駅
島ノ下駅展27
美鈴:また、この地に来たのね。


島ノ下駅展02
再び、3月で廃止になる島ノ下駅に行ってきました。
島ノ下駅は3月3日を以て104年の歴史に幕を下ろします。

島ノ下駅展01
前回の訪問と変わらず、雪の朝。 除雪作業員の方々も相変わらず作業をされていました。
利用者がどんなに少なくても、ホームや駅周囲は毎日除雪されます。

島ノ下駅展03
島ノ下駅廃止のお知らせ。

島ノ下駅展05
美鈴:なんだかあっさりとした表現ね。

上厚内駅04
美鈴:上厚内ではこんなに丁寧な表現だったのに。 この差って何でしょう。
上厚内駅は北海道旅客鉄道(=JR北海道)釧路支社の管轄ですが、島ノ下駅は北海道旅客鉄道鉄道事業本部(札幌)の管轄です。だからドライな表現なんでしょうかねえ?

島ノ下駅展04
前回の島ノ下駅で紹介した「島の下温泉」の看板。
その時は「あったらしい」という表現に留めざるを得ませんでした。
前回の記事を作った頃はその当時の資料も無くよく分かりませんでしたから。

島ノ下駅展06
美鈴:今日はこれを見に来たのよね。
2月18日から3月13日までの間、富良野市島ノ下地区にある「ハイランドふらの」で「島ノ下駅展」が開催されています。

「島の下温泉」とはどんな場所だったのか。 昔の島ノ下駅はどんな場所だったのか。
廃駅間近の今だから、知ってみませんか?
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

新千歳空港から3kmの廃止駅 (千歳線・美々駅)

Category : 北海道の駅
美々駅01
2017年3月3日を持って営業終了する駅、美々駅(千歳線)
開業は1926年8月21日です。

美々駅08
駅名標と駅名板。 この駅は、新千歳空港から直線距離で3kmの所にある極端に利用者の少ない駅として有名でした。
新千歳空港の住所とこの駅の住所は同じ千歳市美々です。

美々駅09
そんな美々地区にあるのは「千歳市環境センター(ごみ処理施設)」と「史跡・美々貝塚」、あとコンクリート工場があるくらいです。
「美々」という名前の響きとのギャップが激しいです。

美々駅10
そんな「美々」の由来は、アイヌ語「ペッ・ペッ(川・川)」から来ています。 この辺りは小川が多く集まっていたことが由来だそう。

美々駅05
美鈴:そんな由来があったのね。 北海道には「美」のつく駅名が美幌(石北)・美唄(函館)・美深・南美深(宗谷)・北美瑛・美瑛・美馬牛(富良野)・石狩太(札沼)・美園(札幌市営地下鉄)とあるけど、それぞれ個性があっていいわね。

美々駅12
美々駅の特徴は、SuicaやPASMO、kitacaなどの交通系ICカードに対応していることでしょう。
ICカードが利用できる駅の廃止全国第1号になります! 

追記にも美鈴の写真と駅と歴史のことを簡単に書いていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

タイムカプセル・ステイション (根室本線・上厚内駅)

Category : 北海道の駅
上厚内駅01
上厚内駅61
帯広駅から列車に揺られること1時間半、私がどうしても廃止前に訪れたかったこの場所。

上厚内駅10
駅の木造ドアで。
ミカヅキと美月、mikadukiの競演です。他に1/6っ子がもう1人の3人で、2017年3月3日に廃止になる駅に行ってきました。
旭川駅から札幌、帯広経由で片道408.8kmの大移動です。

上厚内駅08
それが、根室本線・上厚内(かみあつない)駅です。 左の小屋はトイレです。 
由来は「厚内川の上流」にあるから。 「厚内」の由来は諸説あり、
①アプ・ナイ(釣り針の川)
②アツ・ナイ(楡の川)
③アク・ナイ(わなを掛ける川) とされています。 

上厚内駅12
トイレの横にあった昭和28年(1953年)と書かれた建物財産標。 ああ、歴史の重さがこんな所にも。

上厚内駅07
「上厚内駅」と書かれた国鉄時代からの立派なホーロー看板。
1910年に「上厚内信号所」として設置、23年に「上厚内信号場」に改称。
その後1926年に「上厚内駅」に昇格となりました。

上厚内駅11
1953年に建てられて以降今日まで昔と変わらない形を留めてきた築63年を超えた北海道代表型木造駅舎、上厚内駅。
地元の利用者はほぼいませんが、鉄道ファンからの人気は高かった駅舎。
私も、この素晴らしき木造駅舎を一度目にしたくてはるばるこの駅まで行きました。

上厚内駅13
400kmったら東京駅から大阪駅を直線で結んだ距離です。

そんな上厚内駅の魅力を、長~く追記で書いていこうを思います。  2人の写真もありますよ。
昭和のあの頃へタイムスリップする、大分むぎ焼酎二階堂のCMのような感覚を味わえるかと思います。
写真も文章も60枚を超える特盛りなので時間がある時にのんびりと読んでくれれば嬉しいです。
そして「北海道の田舎に上厚内という駅があった」という記憶を幽かにでも残していただければ嬉しいです。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む