FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道内のダムカード・マンホールカード等も収集中。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

姫・はじめ・まして・東海

Category : 東海の鉄道
姫駅01
二人:どっちがお姫様みたいですか?

姫駅02
姫駅03
今回は岐阜県多治見市にある太多線・姫駅から。
太多線は、高山本線・美濃太田駅と中央本線・多治見駅を結ぶ路線です。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。
姫駅04
JR太多線の姫駅。 名古屋駅からは多治見駅経由で約1時間。

姫駅12
列車も、1時間に2本以上はあるので比較的来やすい駅だと思います。





姫駅05
「姫」の地名は神話に由来する。大国主命が美濃を平定した後、孫娘の「比売命(ひめのみこと)」にこの地域を治めさせたという伝説だ。比売命は、近くの三宮神社(可児市下切)にまつられている。1928年の駅開業時、周辺は「姫治村」だったが、兵庫県の姫路駅との混同を避けて「姫」駅と名付けられたとも言われる。
(中日新聞の記事より)

姫駅06
瑞季:名古屋に行ったら、ここは来てみたいと言っていましたからね。
あい:おそらく名前だけで行先を選んだでしょうね。



姫駅07
あい:駅に扉が付いていないのがJR東海スタイルなのかしら。

姫駅11
北海道で同じように作ると寒い上、雪が溜まるだけですから・・・




姫駅08
瑞季:ところで、姫はじめってどんな由来なのかな。

姫駅09
最も有力な説は、正月の強飯(こわいい。蒸した固い飯。別名「おこわ」)から、初めて姫飯(ひめいい。柔らかい飯)を食べる日というものである。昔は、祭の間には強飯を食べ、祭が終わると姫飯を食べていた。

姫飯(ひめいい))始め - 正月に初めて炊く軟らかめの飯。
飛馬(ひめ)始め - 乗馬初めの日。『梁塵秘抄』の用字であるといい、しかし別に「馬乗始」があるから当たらないとしりぞけられる。
火水(ひめ)始め - 火や水を初めて使う日。
女伎(ひめ)始め - 衣服を縫い始める日。
秘め始め - 夫婦が初めて秘め事をする日。
姫糊始め - 女性が洗濯・張物を始める日。
日見始め - 『理斉随筆』の説。
(wikipedia「姫始め」より)



姫駅10
あい:そんなことどうでもいいじゃない。
瑞季:JR東海の駅を見て回るのでしょう。



姫駅13
今回の旅では近鉄週末フリーパスと

姫駅14
稚内駅で購入した青春18きっぷ(今シーズン2枚目)を併用。
改札印はJRと近鉄が同じ駅を使用している場合(名古屋[近鉄→JR]・桑名・津・松阪・伊勢市・鳥羽)は近鉄側の窓口でも押してくれるので「5回全て近鉄印」ということも(多分)できます。


姫駅15
今回の旅では、東海3県のJR・近鉄の駅を約40駅撮影しました。
次回があれば、南紀・熊野古道フリーきっぷで紀勢本線の駅を回ってみたいです。
でも高山本線や飯田線も捨てがたいですよね。

姫駅16
構内踏切を渡り反対側のホームへ。

姫駅17
岐阜行き(太多線・高山本線直通)の列車に乗り込みます。
今回の旅、名前で選んだ場所や駅舎で選んだ場所が多いです。
これから、北海道の駅の記事に東海の駅の記事も入れて行こうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

いつの間に東海遠征!?

あらあら、年始は東海への旅から始まっていたのですね~

寒い道内から見ると本州は多少は暖かく感じられていたのかも
しれないですね。
それにしても遠いところから年始の旅、お疲れ様でした!
今回は何泊の旅だったのでしょうか・・?
今回掲載されている写真もこれまでの背景が雪の写真ではなくて
雪が全くないというのも本州らしい風景でもあったと思います。

多治見には「ひめ」という駅があるのは初めて知りました!

今回の旅のお供のふたりの姫様・・あい様も瑞季さんも
「姫君」というワードがとてもよくお似合いだと思いますし、
あい様の和に対して、瑞季さんの洋の対照的な雰囲気もまた
お正月らしくて素晴らしいと思います。

No title

こんばんは。

雪の北国から、東海地方まで旅に来られていたんですね。

そう言えば、今の途中下車印って、昔の様に、
駅ごとに、形がちがっていたりした時代に比べると、
ちょっと味気ないですよね。

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。

> あらあら、年始は東海への旅から始まっていたのですね~
年明け早々、東海地方への旅をしてきました。
もちろん、目的あってのことですが・・

> 寒い道内から見ると本州は多少は暖かく感じられていたのかも
> しれないですね。
朝は北海道並みに寒いですが日中は暖かかったですね。
とは言っても夜遅くまで撮影し続けるのでその頃にはまた寒くなってしまいますが。

> それにしても遠いところから年始の旅、お疲れ様でした!
> 今回は何泊の旅だったのでしょうか・・?
今回は4泊5日で、東海3県の名古屋圏の駅を撮影してきました。
ちなみに全部で40駅近くになりました。

> 今回掲載されている写真もこれまでの背景が雪の写真ではなくて
> 雪が全くないというのも本州らしい風景でもあったと思います。
旅行中雪が降らなくてよかったです。
ちょっとでも降ると運休が相次いでしまいますから・・・

> 多治見には「ひめ」という駅があるのは初めて知りました!
姫駅。 多治見の外れ、可児(かに)寄りにある駅です。
今回名前だけで選んで降車した駅の1つです。

> 今回の旅のお供のふたりの姫様・・あい様も瑞季さんも
> 「姫君」というワードがとてもよくお似合いだと思いますし、
> あい様の和に対して、瑞季さんの洋の対照的な雰囲気もまた
> お正月らしくて素晴らしいと思います。
正月らしくなっていましたか。
今回はドレス×2と袴の組み合わせで行ってきました。
姫らしくなっていたなら佳かったです。

Re: 鳴らない携帯様

> こんばんは。
鳴らない携帯様、コメントありがとうございます。

> 雪の北国から、東海地方まで旅に来られていたんですね。
東海3県の駅を見て回って来ました。
名古屋駅のような大きい駅から小さい無人駅まで幅広く観てきました。

> そう言えば、今の途中下車印って、昔の様に、
> 駅ごとに、形がちがっていたりした時代に比べると、
> ちょっと味気ないですよね。
途中下車印をたくさん押して回るフリーきっぷの旅も面白そうですね。
(有人駅が少ない北海道では地味ですが・・・)

非公開コメント