FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道内のダムカード・マンホールカード等も収集中。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

30年の時を想う (名寄本線・一ノ橋駅)

Category : 北海道の鉄道
一ノ橋駅01
上川郡下川町にある、名寄本線・一ノ橋駅跡。 (訪問:10月)
かつての駅前通りと国道239号の交差点に、当時の駅名標のレプリカが飾られています。

一ノ橋駅02
咲来:下川の街中から東へ「三の橋」「二の橋」と来て、「一の橋」と来ましたね。
地区名・駅名の由来は、名寄川に架かる橋のうち天北峠に一番近い橋が近くにあったから「一の橋」と名付けられました。
(地区名は一「の」橋です)
現役時は、天北峠越えの要所として上興部駅と共に機関車を付けたり外したりと重要な役割を担っていました。
開業したのは大正9年、廃線は平成元年でした。

一ノ橋駅03
駅前に植えられた「夫婦松」
駅が開業した時に植えられ、現在も管理され生きています。
今年で98歳。 もうすぐ100歳。 素晴らしい老夫婦といったところでしょうか。

一ノ橋駅04
咲来:駅が無くなっても、木は残されたのですね。

一ノ橋駅05
駅カフェ イチノハシさん。
一ノ橋駅の跡地に今年OPENしたまだ新しいお店。
集落の人口は100人程度ながら、ランチの時間になると町民が集まる。そんなお店です。

追記に続きます。 
続きを読むからどうぞ。
 
一ノ橋駅06
カフェに入るとまず見えるのが一ノ橋駅で実際に使用されていた駅名板。
左は下川町のゆるキャラ「しもりん」

一ノ橋駅07
一ノ橋駅08
下川町は林業のまちということもあり、木材がふんだんに使われています。

一ノ橋駅09
地元のクラフト製品の展示・販売も行っております。

一ノ橋駅10
一ノ橋駅11
一ノ橋駅12
今回はL.O.近くだったのでホットコーヒーとガトーショコラを注文。
そのうちまた行きたいと思っているのですが、なかなか西興部や興部方面に向かう用事が無くて行けていません。
一の橋地区へは、名寄駅前から興部行きの名士バス(名寄本線廃線代替バス)に乗車すると到着できます。

一ノ橋駅14
営業日はイベントや貸し切り等により毎月多少異なりますので、お店のtwitterやFacebookで営業日を確認してから向かうと良いでしょう。

一ノ橋駅13
咲来:駅カフェというのが面白かったです。

一ノ橋駅15
名寄本線が廃止されたのが平成1年の4月30日。

一ノ橋駅16
それから30年後の平成31年3月31日。 石勝線夕張支線が廃止されます。
夕張駅も廃駅まであと100日程度になりました。

一ノ橋駅17
12月15日より、夕張市内の協力店舗で700円以上お食事・お買い物をしてくれた方に記念カードを進呈しております。

一ノ橋駅18
一ノ橋駅19
今回、さっそく夕張へ向かいマウントレースイさんで早速記念カードと専用台紙を入手いたしました。
記念カードを入れる台紙は、道内のKIOSKでも1,080円で販売しているのですがマウントレースイさんでは夕張市内特別価格ということで1,000円で購入できます。

一ノ橋駅20
左側は夕張支線の沿革

一ノ橋駅21
右側は記念カードを入れるスペースに。

一ノ橋駅22
これは11月3日に運行された団体臨時列車の乗客向けに配布されたカード。

一ノ橋駅23
上が11月の、下が今回の記念カード。 表面はまったく同じです。

一ノ橋駅24
裏面が多少異なる程度でほぼ同じものです。

一ノ橋駅25
右下の1枚分はまだ現時点では埋まりません。
夕張市のJR北海道わがまちご当地入場券は現在夕張駅で発売されていますが3月末の石勝線夕張支線廃止に伴い、夕張駅も廃止される為4月1日からは新夕張駅での発売となりデザインも新夕張駅仕様となります。

一ノ橋駅26
宥:夕張支線が廃止になっても夕張にまた来てね! ということですね。
4月以降、また新夕張駅に行く目的ができました。

夕張支線の廃止までおよそ100日。
今年夕張は5回訪問し、行くたびに駅の他にも炭鉱博物館やカレーそば等を楽しみました。
来年3月の廃線までに、あと何回夕張を訪れることができるでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
スポンサーサイト

駅舎カフェ

こんにちは!
駅舎がカフェとして生まれ変わるのは、嬉しいですね。
地域の人々に馴染みのある建造物ですし、歴史もしっかり刻まれている場所。
人々が集える場所として残されるのが一番良いことかと〜本当は、鉄道も現役で続投されて、住む人々が増えれば最高ですが。。。
ご紹介、ありがとう!

廃止は残念ですね・・

石勝線夕張支線の廃止というのは改めて残念なものがありますね。

だけどこの路線が現役だった頃に数多く生まれた人間や社会のドラマというものはこの時間を生きてきた地元の皆様の心にいつまでも受け継がれていくと思いますし、
例え石勝線夕張支線が廃止になったとしても
「夕張はいつでも皆様たちをお待ちしています! だから気軽にいつでも
遊びに来てください」という事なのだと思います。

駅カフェの木造の雰囲気が素晴らしいですね!

やはり木の雰囲気というものはぬくもり・温かさを感じさせてくれていると思いますし、
「ここをみんなで応援しよう!」という地元の皆様の気持ちが
支えているのだと思います。

咲来さんの現役JKさんっぽい制服やダブルツインテールの髪型が
とってもかわいいと思います!

Re: yokoblueplanet様

> こんにちは!
yokoblueplanet様、コメントありがとうございます。

> 駅舎がカフェとして生まれ変わるのは、嬉しいですね。
> 地域の人々に馴染みのある建造物ですし、歴史もしっかり刻まれている場所。
> 人々が集える場所として残されるのが一番良いことかと〜本当は、鉄道も現役で続投されて、住む人々が増えれば最高ですが。。。
> ご紹介、ありがとう!
現役時代の駅舎は廃線後すぐ解体されて、しばらく空き地状態が続いていました。
林業で栄え、全盛期には2000人以上が住んでいた一の橋地区も今は100人程度しか住んでいない超高齢化集落に。
下川町の一の橋バイオビレッジ構想により、木質バイオマスボイラーにより暖房などのエネルギーを自給するシステム作りを試みています。 その中で地域の食堂としての役割が駅カフェになっております。
シェフも地域おこし協力隊の2人が担っています。

かつての駅前は、バス停や郵便局があり地域で一番住みやすいエリアであることは間違いなく、「駅」カフェという言葉に「地域の人々が集まる」という意味を感じました。

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。

> 石勝線夕張支線の廃止というのは改めて残念なものがありますね。
> だけどこの路線が現役だった頃に数多く生まれた人間や社会のドラマというものはこの時間を生きてきた地元の皆様の心にいつまでも受け継がれていくと思いますし、
北海道炭礦鉄道時代から126年、夕張が始まった時からずっと街を貫き毎日走ってきた夕張支線。
夕張で一攫千金を夢見た男も、炭鉱が閉山し街を去った時も、夕張支線は「人間や社会のドラマ」と共にありました。
昔は夕張鉄道や三菱南大夕張鉄道など、市内で3つもの鉄道路線がありましたが時代と共に全て消えてしまいました。

> 例え石勝線夕張支線が廃止になったとしても
> 「夕張はいつでも皆様たちをお待ちしています! だから気軽にいつでも
> 遊びに来てください」という事なのだと思います。
その通りでございます。
今回の廃線では地域のバス路線網を再編し、JRの特急が停まる新夕張駅も停車本数を増やす等新夕張駅から市内中心部へ向かう流れを作ります。


> 駅カフェの木造の雰囲気が素晴らしいですね!
> やはり木の雰囲気というものはぬくもり・温かさを感じさせてくれていると思いますし、
> 「ここをみんなで応援しよう!」という地元の皆様の気持ちが
> 支えているのだと思います。
一の橋バイオビレッジ計画の中で生まれた「食堂」。
地域の集い場と地域外からの交流=「駅」としての役割を期待されています。

> 咲来さんの現役JKさんっぽい制服やダブルツインテールの髪型が
> とってもかわいいと思います!
咲来にミカヅキのウィッグを装着して撮影してみました。
その逆。つまりミカヅキに咲来のウィッグを装着しての撮影も・・・

非公開コメント