FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道内のダムカード・マンホールカード等も収集中。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

樹海ロードはもう秋なのさ (富内線・日高町駅)

Category : 北海道の鉄道
日高町駅01
鵡川駅から日高本線と分岐していた国鉄富内線の終着駅、日高町駅。

日高町駅02
「国鉄富内線の跡」 ただそれだけです。
それ以外の物は何もありません。

日高町駅03
宥:本当にここに駅があったんですかね?
多分、ここは駅前広場のあたりだと思います。

日高町駅04
駅と線路は、後ろのプレハブのあたり。
左から鵡川方面からの列車がやってきていました。
駅の構内や線路跡はもう農協の倉庫や民家が建っており何も分からないです。

これで、日高町駅の紹介を終える・・・ のではちょっと尺がたらないので、もうちょっと掘ってみようと思います。


続きを読むからどうぞ。

日高町駅05
やってきたのは、日高町図書館郷土資料館。

日高町駅06
日高町駅07
日高町(日高地区)は、主に林業で栄えた地域。
冬山造材の風景。 木を切って、運んで、沙流川に堰き止めておき、雪融けとともに一気に流す。

日高町駅08
沙流川の河口部・富川からは王子製紙(+三井物産)が敷設した苫小牧軽便鉄道(苫小牧~佐留太=富川)で苫小牧まで木材を運び込んでいました。
これがJR日高本線のルーツの1つ。
日高本線は苫小牧軽便鉄道+日高拓殖鉄道(富川~静内)を国有化し、様似駅まで延伸したという成り立ち。
富内線も、木材を運ぶという貨物的な使命を持って延伸されていきました。


日高町駅10
日高町(日高地区)を知る上で、道路と鉄道は外せません。


日高町駅11
日高町駅15
日高町駅が開駅した日。
富内線富内駅~振内駅間も日振トンネルの工事が難航、難工事でしたが振内~日高町間も相当な難工事。
東京オリンピックが終わった頃、ついに日高町に鉄道がやってきた。

日高町駅14
富内線の名シーン、第4沙流川橋梁を渡る場面。 後ろは国道237号の景勝橋と北電岩知志ダム。

日高町駅13
この目の前に第4沙流川橋梁があり、富内線が通っていました。

日高町駅12
宥:16億円もかけて作って、たった22年で廃線というのはもったいないですね。






日高町駅16
道路も、駅が開駅した翌年1965年に日高町と十勝清水を結ぶ日勝(にっしょう)道路が完成。 札幌圏から道東(帯広・釧路)へ向かう最短ルートとして交通量も増えていきました。
道路の開通で、札幌~十勝間は狩勝峠経由より40km以上、襟裳岬経由より130kmも短縮されました。

この頃はまだ、国道274号夕張~日高町間は道路は無く、札幌からは一度富川まで出て、日高町を通り日勝峠を越えていくか、えりも岬経由か滝川~富良野~狩勝峠しか選択肢がありませんでした。

まだまだ道央と道東は遠い、日帰りなんてあり得ない時代のお話。

日高町駅17
宥:クマの通るための道路・・・ 

日高町駅18
道路が開通した日、日高の学校は全て休み、町民5500人中2000人がお祝いに参加したまさに町を挙げて日勝峠の開通を喜びました。
「日勝道路視察」と銘打った帯広への自動車パレード(バスツアー)はバス20台以上をかき集め、町民を乗せて盛大に行われました。
大正9年の日高官民合同公式第1回路線調査隊に当時の村長らと参加していた男性(当時73)は、「ありがたいことじゃ。熊の足跡やフンにおびえながら野宿。2日がかりで山を越えた。それが1時間たらずとは」と当時の事を思い出しながら晴れやかな顔をしていました。

日高町駅20
日高町駅と帯広駅を結んでいた国鉄バス・日勝スカイライン。
この頃は、日勝峠頂上からの景色が観光名所になっていて10分の停車時間が設けられていました。

そして平成3年、ついに穂別町(現・むかわ町穂別)福山~日高町間の19.8kmも開通。 これで札幌から道路1本、4~5時間くらいで十勝まで行けるように。
19.8kmの「穂別道路」は日勝峠の区間を含め「石勝樹海ロード」という愛称が付けられました。

日高町駅19
日高町駅があった22年間の年表。
鉄道・道路の開通と共に、町が著しく変化していった様子が見えてきます。




日高町駅30
日高町駅31
日高町駅32
映像展示コーナーでは、
富内線建設時の映像。

日高町駅33
富内線は日高町から先、占冠を越え根室本線・金山駅まで延ばすことが目標でしたが実現できず。
無住地帯に鉄道を通しても、需要が見込めないこと、札幌と十勝を最短で結ぶ石勝線(札幌~夕張~占冠~新得)計画が現実味となったこともありました。
今では、日高町(日高地区)から札幌に公共交通手段で向かう最短手段は日高町営バスでJR占冠駅(約17km)に出て特急列車に乗車するルートです。

日高町駅34
日高町駅37
宥:これは日高町駅の映像ですね。


日高町駅36
日高町駅35
日高町駅29
宥:さようなら富内線。 短い間だったけれど。
日高町から鵡川方面に向かうバスは高速バス含め今や1日2~3本になってしまいました。 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
スポンサーサイト

No title

いやぁその、冬音さんの記事を読むときはいつも路線図を横に開きながら読ませて頂いているのですが、今回もしびれました。
トマムルートの南に根室本線に抜ける路線の計画があったんですね。
しかも難工事の末に開通させて20年で廃止ですか…。
もし札幌一極集中じゃなくて計画路線の多くが開通していたと思うとロマンですね( ´ ▽ ` )

林業は大切な産業なのだけど・・

林業は本来は国家の基幹産業の一つであるべきとも思いますし、
単に木材という部材の住宅産業への提供という事だけではなくて
防災という観点からも決して忘れてはいけない事なのだと
思います。
最近の山崩れ・土砂災害の一つの要因として、山の整備の未管理・放置と言う事もあると思いますし、
単に東南アジアの木材が安いから他国の森林を崩して伐採するという事ではなくて、例えコスト面で割高であったとしても木材提供の側面以外に
防災と山の管理という意味からも
林業は国の基幹産業としてもう少し大事にすべきなのかも
しれないです。

16億円もかけて作って22年で廃線というのはもったいない
事だと思いますし、
確かに林業は斜陽産業と言う事で木材運搬の必要性が少なくなったという事での廃線という決定なのかもしれないですけど、
コストよりも「防災」という大局的側面からも検討して欲しかった
話のようにも感じられそうです。

宥さんは初めて見るドールさんなのかな・・?

セーラー服がとってもかわいいですね。短めスカートもとてもよく
お似合いだと思います。

No title

こんばんはw
1/6サイズが活躍ですね…宥さん?可愛いです。
(小さいサイズの良さを知ってしまったユアンです…)

丸2日かかったところがたった1時間とは便利ですが、その土地に人を呼ぶような林業の仕事も、同時に用意すべきだったのでは…と思いますね…難しい事は分からないのですけど。
今は冬季オリンピック札幌誘致に52%の半数以上が反対してますね。そりゃそうですよ、来年10月からは税金も上がってそれだけでも食べていくのが精一杯、なのにオリンピック規模の建物や施設を『税金で』作って、行事が終わった後それらはどうなるんでしょう?有効利用して都会的になって観光でお金が集まる?とは思えませんっ。税金を絞るだけ絞って住んでる道民の生活の事を丸っと無視した計画では…。
う~ん、もっと北海道に仕事が集まれば、若者も本州へ流出するのを止められるんですけどね…。

Re: kenken様

kenken様、コメントありがとうございます。

> いやぁその、冬音さんの記事を読むときはいつも路線図を横に開きながら読ませて頂いているのですが、今回もしびれました。
国鉄時代の路線図を見ると、今では想像できないくらい多くの路線がありました。
今も現役の路線、廃止された路線、未完成で終わった路線。 色々な路線を訪ねています。 

> トマムルートの南に根室本線に抜ける路線の計画があったんですね。
日高町駅まで開業した頃、まだ計画線で紅葉山線(新夕張~占冠~日高町)と狩勝線(日高町~占冠~新得)があり実現していれば富良野から鵡川を縦断する鉄道ルートが出来ていたのかもしれません。 その一部が石勝線として開業しました。
現在の国道237号(旭川~富良野~日高~浦河)がそのイメージに近いのかなと思います。

> しかも難工事の末に開通させて20年で廃止ですか…。
この時の工事の経験を、同じ夕張山地を貫く石勝線の工事に活かせたことは良かったことです。
思うに、振内から日高まで延伸したのは石勝線建設の為の実証実験だったのではないかと。。。

> もし札幌一極集中じゃなくて計画路線の多くが開通していたと思うとロマンですね( ´ ▽ ` )
計画線が全通していたら、ロマンはすごいですよねえ。 
そんなロマンの小さな一欠片を探して、旅が続いていきます。

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。 お待たせいたしました。

> 林業は本来は国家の基幹産業の一つであるべきとも思いますし、
> 単に木材という部材の住宅産業への提供という事だけではなくて
> 防災という観点からも決して忘れてはいけない事なのだと
> 思います。
本当そうですよね。
昔は林業だけで生活できたから、人も多く働いていましたしそれは北海道各地の郷土資料館で林業の道具が展示されている事実からも分かります。


> 最近の山崩れ・土砂災害の一つの要因として、山の整備の未管理・放置と言う事もあると思いますし、
> 単に東南アジアの木材が安いから他国の森林を崩して伐採するという事ではなくて、例えコスト面で割高であったとしても木材提供の側面以外に
> 防災と山の管理という意味からも
> 林業は国の基幹産業としてもう少し大事にすべきなのかも
> しれないです。
国有林ならまだ、私有の山林となるとなかなか手入れが行き届かない箇所も出てきますね。
原野商法等で権利が複雑でなってしまい手が出せないような状態の場所もあるでしょう。
北海道でも、災害を防ぐため沢沿いに砂防ダムや治山ダムを設置しています。
山を守るという点ではとても意味のある構造物で、それがカード化されたので今収集中です。

> 16億円もかけて作って22年で廃線というのはもったいない
> 事だと思いますし、
> 確かに林業は斜陽産業と言う事で木材運搬の必要性が少なくなったという事での廃線という決定なのかもしれないですけど、
> コストよりも「防災」という大局的側面からも検討して欲しかった
> 話のようにも感じられそうです。
国鉄時代は、富内線の様な木材輸送で栄えた路線が多くありました。
富内線の場合は、沿線の土砂崩れ等の災害で運休することが時々あり、あまり防災面では期待できなかったという面も否定できませんでした。

> 宥さんは初めて見るドールさんなのかな・・?
> セーラー服がとってもかわいいですね。短めスカートもとてもよく
> お似合いだと思います。
この回が初登場となりました。
最近は割と宥を連れだす事が多くなっています。 1/6サイズなので持っていきやすいのです。

Re: ユアン131様

> こんばんはw
ユアン131様、コメントありがとうございます。

> 1/6サイズが活躍ですね…宥さん?可愛いです。
> (小さいサイズの良さを知ってしまったユアンです…)
1/6サイズの子は連れて行きやすいですよね。
とりあえず鞄に突っ込んで、あちこち移動しながら撮るのには軽いし楽ですね。

> 丸2日かかったところがたった1時間とは便利ですが、その土地に人を呼ぶような林業の仕事も、同時に用意すべきだったのでは…と思いますね…難しい事は分からないのですけど。
林業も、昔はそれだけで生活できたから多くの雇用があり、まだ木材の需要も多い時代でした。
どうしても今は輸入材の方が質も安定していて、建築用途には輸入材が使われる現状があります。
これからの時代の林業は、どうあるべきなのでしょうか。 

> 今は冬季オリンピック札幌誘致に52%の半数以上が反対してますね。そりゃそうですよ、来年10月からは税金も上がってそれだけでも食べていくのが精一杯、なのにオリンピック規模の建物や施設を『税金で』作って、行事が終わった後それらはどうなるんでしょう?有効利用して都会的になって観光でお金が集まる?とは思えませんっ。税金を絞るだけ絞って住んでる道民の生活の事を丸っと無視した計画では…。
> う~ん、もっと北海道に仕事が集まれば、若者も本州へ流出するのを止められるんですけどね…。
1972年の札幌五輪に合わせて建てたスポーツ施設が老朽化していて、それらを全て一括で新築したいというのが札幌市の本音だと思います。
大通地区を中心にビルの再開発が進んでいるのも、建物が五輪の頃にまとめて建てられ、老朽化してきたからです。
札幌市だけで施設を建てなおす予算は当然無いのでこうして五輪の看板に頼り国の予算に頼るしかないんです。
札幌市にドームを改修するお金があったら、ファイターズが北広島に移転することは無かったでしょう。
非公開コメント