FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

相・語るまち (羽幌線・遠別駅②)

Category : 北海道の鉄道
遠別駅22

遠別駅24

遠別駅23
今回は、前回に続いて遠別町から。

遠別駅19
遠別駅20
遠別駅21
1987年の羽幌線の廃止と共に作られた遠別バスターミナル。
ちょっと古くなってきたという感じはします。

遠別駅25
ちびあい:バス路線も、いつまでも維持できるか。 

遠別駅26
北海道の場合、運行経費(100%)のうち最大45%が国や道の補助金。あとは運賃収入が頼みですが当然100%になるはずもなく赤字です。 
地域間を結ぶ幹線バス路線ですが、厳しいです。 
特定地方交通線転換交付金(=羽幌線代替輸送確保基金)も使用しながら運行されているのが現状。
自治体の廃線容認の見返りに国からは廃止線区1kmにつき3000万円の転換交付金を支払い、5年間バス転換路線は全額赤字補填をしたのですが、30年経った今、沿線の過疎化が早く遠別では30年で40%以上人口が減少。 利用客も減る一方。

遠別駅27
ちびあい:これからどこへ行くの?

遠別駅28
遠別の道の「駅」へ行きましょう。
この大きな橋を渡って。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。
遠別富士見01
遠別の市街地から、川を越えていきます。 (国道232号・遠別橋)

遠別富士見02
渡るは、町の名前の由来である遠別川。
由来は・・・
①「ウェンwen・ペッpet」=悪い・川
②「ウエue・ペッpet」=二股の・川
③「ウu・イェie・ペッpet」=相・話しする・川
①か③が有力な説です。

遠別富士見03
渡った先にあるのは、遠別町の道の駅「富士見」
バスターミナルからは1km程度離れています。

遠別富士見04
道の駅の中心となる、とんがりかん。
建物は小高い築堤の上に建っています。

遠別富士見06
道の駅のスタンプ。

遠別富士見05
この築堤の上を、羽幌線が走っていたというのはあまり知られていません。

遠別富士見07
「富士見」の名の通り、ここからは日本海と利尻富士を一望することができる絶好の車窓風景が広がっていました。
特に夕方が素晴らしい。

遠別富士見08
展望台からは、遠別の風景が広がっています。

遠別富士見09
遠別富士見10
日本最北の農業高校、遠別農業高校で生産されたもち米。
遠別町が日本の米作りの北限とされています。
だからカントリーサインに稲穂が大きく描かれています。

遠別富士見14
遠別富士見12
レストランのおすすめ、「とんがり盆(1,237円)」

遠別富士見11
遠別富士見13
遠別漁港で水揚げされたミズダコを使用した涼しげな定食。

遠別富士見15
遠別富士見16
遠別富士見17
Comedokoroさんの遠別産赤紫蘇を使用したしそサイダー(250円)
暑い夏に効きます。


遠別富士見20
駐車場の左下では、日曜日に農産品の直売会も開かれるのですが、場所がバラバラということが不評でして、

遠別富士見18
建物を新しく作っています。 名前も「えんべつ富士見」になる予定です。
北海道には122もの道の駅がありますが、富士見は1995年の第1期(登録番号8番)に誕生した最初期の道の駅。
施設も古いし、上までの階段がきついので個人的には賛成です。

遠別富士見19
ちびあい:従来の「富士見」の記念きっぷは今のうち・・・ということね。
道の駅の記念きっぷは、鉄道が無い・無くなった町のものはなるべく買うようにしています。


遠別富士見21
遠別富士見22



遠別富士見24
再び遠別川を渡って市街地へ。

遠別富士見23
なぜ悪い川なのか。
あまり魚が住んでいなかったから悪い川・・・というのが定説らしい。

遠別富士見25
夜の遠別停車場線。
昔は駅の灯りがここまで届いていたのだろうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

バス路線

夕張ではないけど遠別のメロンのマグネットはとてもかわいいですね。

埼玉でも浦和近郊は別として、少しローカルなエリアに行くと
赤字路線とか値上げとか運行本数減少という話があるくらいですので、
道内のバス路線維持というのも厳しいものがあるのかもしれないです。
だけどエリア内にお住まいの皆様にとっては貴重な交通手段でもありますので、自治体にとっては悩ましい問題といえるのかもしれないです。
こうした公共的なことはある程度の赤字はやむをえないと割り切って考えたほうがいいのかもしれないですね。

金足農業の甲子園での大健闘が話題になっていますけど、
道内の農業高校もその将来は決して輝かしい未来だけという訳ではないと思いますが、
こうやってがんばっている姿を見ると安堵もしますね。

たこの定食はとてもおいしそうです!

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。

> 夕張ではないけど遠別のメロンのマグネットはとてもかわいいですね。
遠別は日本海側ですが暖流の影響で意外と農業が可能で、メロンも栽培しております。
メロンもお米も、遠別が栽培できる北限となっております。
このカントリーサインマグネットを集めるという方もいますね。

> 埼玉でも浦和近郊は別として、少しローカルなエリアに行くと
> 赤字路線とか値上げとか運行本数減少という話があるくらいですので、
> 道内のバス路線維持というのも厳しいものがあるのかもしれないです。
> だけどエリア内にお住まいの皆様にとっては貴重な交通手段でもありますので、自治体にとっては悩ましい問題といえるのかもしれないです。
> こうした公共的なことはある程度の赤字はやむをえないと割り切って考えたほうがいいのかもしれないですね。
廃線、バス路線に転換しても黒字になるわけではないということですね。
むしろJRが非常に安いと言えます。 
街と街の間が10km以上あり、その間は民家が1~2軒みたいなバス停だらけです。
交通手段はバスしか無いので、大変です。

> 金足農業の甲子園での大健闘が話題になっていますけど、
> 道内の農業高校もその将来は決して輝かしい未来だけという訳ではないと思いますが、
> こうやってがんばっている姿を見ると安堵もしますね。
帯広の農業高校は銀の匙という作品で注目を集めましたが、「命と向き合う」「ペットとは違う」ということを学んでいきます。
「エンノー」生徒は少ないですが、色々やっています。

> たこの定食はとてもおいしそうです!
遠別産のミズダコを使用した定食。
歯ごたえがあって、量もちょうどよかったです。
もう1つの名物がヒラメ。 遠別では毎年底建網の網元(1万円)を募集しており、6月頃に賭けた漁師が獲った量を山分けで頂くことができます。
非公開コメント