FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

ルピナスの花言葉 (札沼線・新十津川駅)

Category : 北海道の鉄道
18新十津川駅01
あい:これが最後の夏になるかもしれないのね。
札沼(さっしょう)線の終点・新十津川駅。
北海道の鉄道カテゴリも今回が100回目です。


18新十津川駅02
18新十津川駅03
札沼線末端区間と呼ばれる北海道医療大学駅~新十津川駅の間の廃線・バス転換が決定的となり、多くの人が終着駅である新十津川駅を訪れています。
この日は30人程度が乗車していました。

18新十津川駅10
各々が札沼線完全乗車やご当地入場券収集などの目的を持って新十津川駅を訪れています。
駅というのは、利用者がいてこそ輝くもの。 
これまで無人駅を多く撮って、そうした想いもあります。

18新十津川駅04
新十津川駅の時刻表。
1日1本しか無い列車。 始発列車が最終列車なのは相変わらず。
しかし3月のダイヤ改正で9:28着→9:40発が、20分伸ばされ10:00発になりました。

わがまちご当地入場券の購入や駅周辺を見るのに12分はとても短かったというのがとても正直な感想で、32分あればそれなりに写真を撮ったり駅や札沼線のグッズを購入したりと過ごせるようになりました。

新十津川駅16
この駅を紹介するのは2回目です。
これは冬に訪問した時の新十津川駅。

新十津川駅08
同じ駅、同じ車両でも雰囲気が夏と冬ではまったく違う。
それが鉄道の旅の楽しみでしょう。 冬に訪れた時の記事は「こちら」から。

18新十津川駅06
杏:情報量が凄いわ。
新十津川駅は、今年少し変化がありました。
それが対面窓口の復活。

18新十津川駅07
4月27日から新十津川町の観光案内所として駅の窓口を復活。
町の職員が常駐し、ご当地入場券の販売や到達証明書の交付を行っています。
JRの切符は販売しておりません。
実に32年ぶりの窓口復活となりました。

18新十津川駅05
ルピシアの花が咲くホーム。
北海道の「廃線」や「道路脇」・「離農した土地」に咲いていることの多い生命力のある花で、「離農花」とも表現されます。


18新十津川駅08
早ければ来年にも廃止される札沼線。
最後の夏(かもしれない)が、やってきます。
夏はまだ、はじまったばかり。 

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

18新十津川駅11
あい:ようこそ新十津川へ。
あい様も浴衣姿。
この日の気温は最高30℃。 これがちょうどいいでしょう。

この日の撮影は朝7時前に駅で撮影。その後列車で再び訪問しました。



18新十津川駅12
新十津川駅の待合室。

18新十津川駅13
杏:駅の記憶が、写真になって残っているのね。

18新十津川駅14
駅のスタンプは7種類ととても充実。

18新十津川駅15
あい:この駅は、町をどんな思いで見てきたのでしょう。






18新十津川駅16
札沼線の浦臼(うらうす)駅~新十津川駅が2016年、1日3往復から1往復に減便された頃から「日本一最終列車の早い駅」として注目されるようになった新十津川駅。
鉄道ファンが多く訪れるようになり、到達証明書を交付したり、硬券入場券を発売したり(今はありません)と駅を活用した観光を考えてきました。


18新十津川駅17
近くの保育園の子どもたちの「おでむかえ」
雨の日を除き、列車で訪問した方へポストカードを渡しています。
デザインは時々変わっているのでそういう楽しみがあります。


18新十津川駅18
駅長犬LALA(11歳)。
7月8日までは毎週日曜日の出勤を予定していますがその後は全くの未定。
体調があまり良くないのかもしれませんね。 暑い日は出勤しないことになりました。



18新十津川駅26
ホームに上がってきました。



18新十津川駅22
18新十津川駅23
沿線のどの駅にも、以前は見られなかった「防犯カメラ作動中」の文字が。

新十津川駅07
BEFORE。

朱文別駅04
(廃線3週間前に盗難されたので急遽印刷して作られた朱文別駅の運賃表)
毎回廃線間際になると運賃表や駅名板が盗難されるので今から気を付けています。







18新十津川駅20
杏:昔はこの先にもレールが延びていた。


18新十津川駅21
石狩沼田駅02
杏:札沼線は、当時「札幌」駅と留萌本線の「石狩沼田」駅を結んでいたからその名が付いています。

1972年に新十津川~石狩沼田間は廃線になっています。
石狩沼田駅は以前記事にしております。 「こちら」からどうぞ。


18新十津川駅25
あい:それは私が言おうと思っていたのに。

18新十津川駅27
駅のベンチで。 




18新十津川駅29
あい:ところで、ルピナスの花言葉って?
「想像力」「いつも幸せ」「貪欲」「あなたは私の安らぎ」などの意味があります。

18新十津川駅30
あい:いつも幸せ。そうだといいんでしょうけどね。




18新十津川駅32
新十津川駅のわがまちご当地入場券。
発売後2ヵ月での売上1位が札幌駅・2位が北海道新幹線の新函館北斗駅。その次の3位がなんと1日1本の新十津川駅。
スタンプは「LOVELY STATION」

上の廃止される16駅を、半分は車ですが全駅撮影してきました。
あとはもう一度行きたいと思った駅を違う季節にJRでもう1度行く予定です。
札沼線沿線はなかなか魅惑的な駅が(冬音基準で)多かったです。 


18新十津川駅19
18新十津川駅24
愛が溢れる札沼線の終着駅、新十津川駅。
この夏、札沼線で32分間の旅を是非。

18新十津川駅28
札幌駅を朝6:58に発車する石狩当別行に乗車し7:38着。石狩当別駅7:45発に乗り換えるのが唯一の方法です。
何せ1日1本しかないですから。 札幌からの通し運賃は1,640円です。



18新十津川駅31
今回は初夏の新十津川駅のお話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

やはりさびしいものがありますね・・

確かに・・

本来は「駅」というと一日に多数の列車が到着し多くの利用者が乗車したり降車したりするという「人の流れ」があるから輝くのだと思うのですけど、JRとしての経営や効率性というものを考慮すると、捨身のようなある意味衝撃的でもある「一日一本のみの路線」が成り立ってしまうのかもしれないですね。

この辺りは大変悩ましい問題で、駅や路線と言うものは地域の生活や経済に有効であるのは間違いないと思うのですけど、経営者の視点では、
だからといって赤字の垂れ流しを看過できる状況ではないというのも分かりますし、
その結果出てきたのが「それじゃー、電車の代りに路線バスを有効活用すればいいじゃん」という事なのでしょうけど、
そうした流れは仕方がないのかもしれないですけど、この地で暮らす方にとっては「冗談じゃない!」という事なのかもしれないですし、
利益優先なのか住んでいる方の利便性を優先すべきなのかというのは、
首都圏等一部の路線以外では避けては通れない課題と言えるのかも
しれないですね。

それにしても廃線とか廃駅というのは割り切れない話でもあると改めて感じたものでした。

あれれ・・? あい様と杏さんが二人仲良く一緒にベンチで座っているなんて、もしかして呉越同舟なのかもしれないですね・・(笑)
あい様の浴衣姿を見てしまうと
「もう夏なんだね・・」と感じずにはいられないです。

No title

昔々  乗って 札幌から 終点まで 行きましたし
 札幌へも 出た記憶が あります

Re: ぬくぬく先生様

> 確かに・・
> 本来は「駅」というと一日に多数の列車が到着し多くの利用者が乗車したり降車したりするという「人の流れ」があるから輝くのだと思うのですけど、JRとしての経営や効率性というものを考慮すると、捨身のようなある意味衝撃的でもある「一日一本のみの路線」が成り立ってしまうのかもしれないですね。
札沼線は、石狩川を挟んで特急が行き交う函館本線が並行しています。この新十津川駅から5km離れたところには特急停車駅の滝川駅もあり、駅まで路線バスもあり特に不便ということはありません。


> この辺りは大変悩ましい問題で、駅や路線と言うものは地域の生活や経済に有効であるのは間違いないと思うのですけど、経営者の視点では、
> だからといって赤字の垂れ流しを看過できる状況ではないというのも分かりますし、
石狩川右岸の地域開拓には貢献した札沼線。
ただ今は新十津川行きを除けば利用者も数人なので大赤字なのは仕方ないです。
 
> その結果出てきたのが「それじゃー、電車の代りに路線バスを有効活用すればいいじゃん」という事なのでしょうけど、
> そうした流れは仕方がないのかもしれないですけど、この地で暮らす方にとっては「冗談じゃない!」という事なのかもしれないですし、
> 利益優先なのか住んでいる方の利便性を優先すべきなのかというのは、
> 首都圏等一部の路線以外では避けては通れない課題と言えるのかも
> しれないですね。
廃線跡をそのままバス転換しても利用者が増えるわけでもないのが現状ですね。
既存の路線バス、コミュニティバスなど地域交通の再編が課題になります。
1日1往復になった時から、いつかは廃線になることは覚悟していたと思います。

> それにしても廃線とか廃駅というのは割り切れない話でもあると改めて感じたものでした。
1つの自治体のみで完結していれば話しも早いですが、札沼線は当別、月形、浦臼、新十津川の4町に絡む問題で、その全ての町が納得出来る結論をJRや北海道でどう取り纏めていくのか、廃線の方針は決まったのでこれからが課題ですね。

> あれれ・・? あい様と杏さんが二人仲良く一緒にベンチで座っているなんて、もしかして呉越同舟なのかもしれないですね・・(笑)
> あい様の浴衣姿を見てしまうと
> 「もう夏なんだね・・」と感じずにはいられないです。
この日はとても暑く、浴衣にして連れて行きました。 
記事になっていないだけで、結構二人で撮っています。
あい様が杏に多少嫉妬しているのは正しいと思いますが(笑)
 

Re:北海道のくま様

北海道のくま様、コメントありがとうございます。

> 昔々  乗って 札幌から 終点まで 行きましたし
>  札幌へも 出た記憶が あります
今のように自家用車が普及する前、石狩川に多く橋が架かる以前は石狩川右岸地域の開拓に貢献していた札沼線。
石狩沼田まで繋がっていた頃にご乗車になられているのは今では羨ましくもあります。
新十津川から沼田までも廃線後バス転換されましたがやはり厳しい現状がありますね。
これからの廃線協議の中で、4町がどのような結論に持っていくのか私は注目しています。
非公開コメント