FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

ハロー・グッバイ (旭山動物園号)

Category : 北海道の鉄道
3月から4月になり、JR三江線の廃線や大阪市営地下鉄の終了など様々な変化がありました。

旭山動物園号02
咲来:今日はスペシャルなイベントがあるんですよね?
手には旭川駅の183-0系入場券を持っています。

旭山動物園号03
3月31日の11:00~12:30の間、旭川駅で特急「旭山動物園号 内覧会」が開催されていました。
JRの企画では無く旭川市の企画で、旭山動物園号は札幌方面から旭川市にある旭山動物園に来る方々が乗車する列車で、乗車する機会が少なかったと思われる旭川市民(市民以外もOK)に向けて開催されました。
旭川駅の入場券(170円)を買えば車内を見学することができました。

旭山動物園号05
旭山動物園号04
11時前に入場したのですが、ホームに入りきらない程多くの方が来場してくれました。
告知も少なかったのですが、新聞報道では親子連れら1100人の来場があったそうです。

旭山動物園号06
ご当地入場券やキハ183系の入場券は、もちろん入場券として使用できます。


旭山動物園号01
左が3/25にラストランを迎えた旭山動物園号(キハ183-0系)、右が3/28から道北エリアで運行開始された 北海道の恵み「道北 流氷の恵み」(キハ40) 3/31の内覧会が最初で最後の2ショットとなりました。

春は出会いと別れの季節。
本当のラストランを迎えた旭山動物園号と、新しく走りだした北海道の恵みシリーズ。
両者が並んだのは10分程度でしたが、「春」を強く感じさせる一幕となりました。

旭山動物園号07
旭山動物園号08
追記には、2つの車両の写真をまぜながら話を進めていきます。
続きを読むからどうぞ。
[旭山動物園号]
旭山動物園号09
5号車 極寒の銀世界号(キハ183-4)

旭山動物園号11
183系の中でも最も古いグループ(1981年製)。
車内の国鉄感が割と残っています。

旭山動物園号12
車内の全席に、特別なカバーがかけられております。

旭山動物園号18
テーブルの裏面には、動物の説明があります。

旭山動物園号10
旭山動物園号の名物、ハグハグチェア。
全ての車両に備え付けられた記念撮影スペースとなっております。
動物のぬいぐるみをハグして撮ることができる子ども連れに嬉しいスペースです。



旭山動物園号13
4号車 鳥たちの大空号(キハ182-48)

旭山動物園号14
4号車はフラミンゴが担当です。

旭山動物園号15
旭山動物園号16
旭山動物園号17
各車両の通路にはこうしたクイズがあり、歩いても楽しいです。




旭山動物園号19
3号車 北海道の大地号(キハ182-47)

旭山動物園号21
3号車は、ヒグマの担当です。

旭山動物園号20
咲来:素敵でかわいいイラストだらけですね~
これが最後のお披露目なので、楽しんでくれたかな?



旭山動物園号22
2号車 熱帯のジャングル号(キハ182-46)

旭山動物園号23
2号車はオランウータンが担当。

旭山動物園号24
旭山動物園号25
1号車 草原のサバンナ号(キハ183-3)

旭山動物園号26
旭山動物園号の特徴として、1号車には席を設けずキッズスペースとハグハグチェアのみに。
札幌~旭川間のおよそ90分の乗車時間で飽きないよう考えられていました。

旭山動物園号35
先頭車の前では、多くの親子連れが記念撮影していました。
これを見ると、廃車・解体するのは勿体ないのかなと思えますが如何せん1981年製の車両。
2007年に旭山動物園号として4000万円かけて改装、それから11年使用してきましたが老朽化はどうしようもありませんでした。
今後は、6月から8月の間「ライラック旭山動物園号」が走る予定となっております。

ラストランというとカメラを構えた方々でピリピリしたイメージもありますが、何だかすご~くほのぼのとしたこの雰囲気。
この辺はさすが旭山動物園号という感じを受けました。

[北海道の恵み号]
旭山動物園号27
咲来:反対側から変わった列車が入って来ました!

旭山動物園号28
キハ40にラッピングを施した北海道の恵み号。

旭山動物園号32
内装も、木目材を使った新しいスタイル。

旭山動物園号29
旭山動物園号30
旭山動物園号31
旭山動物園号33
幻想的な流氷や雄大な道北の自然を表現したラッピングトレイン。
車両改造費は1両850万円です。
これから7月にかけて、道東・道南・道央地区にも北海道の恵みシリーズが登場していきます。
その日どこを走るかは非公開なので、出会えたらラッキーですね。

旭山動物園号34
咲来:今日はいいもの見れましたね。 

旭山動物園号36
咲来:そろそろ発車する頃じゃないですか?

旭山動物園号37
旭山動物園号38
これが183-0系(スラントノーズ車)が線路上を走る最後の機会だったのではと思います。
旭川市のキャラクター、あさっぴ~(右)とゆっきりん(左)、そして多くの市民らに見守られながら、12時47分札幌の苗穂工場に向けて発車していきました。

旭山動物園号39
さようなら、キハ183-0系。 さようなら、旭山動物園号。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

かわいい動物たちでいっぱい!!

こうしたすてきなイベントは素晴らしいですね~!

旭山動物園をテーマにしたすてきな特別電車だと思いますし、
各車両にこんなにもかわいいイラストやぬいぐるみ等で溢れていて
小さいお子さんも勿論そうですけど、大人たちも見ているだけで
心から楽しめそうなとてもすてきなイベントだと思いますし、
こうした事を企画できる旭川市も素晴らしいと感じました。
しかもこうした企画が旭川市民以外の観光客ではなくて
「たまには市民の皆様にも動物園や市としての魅力を感じて欲しい」という事で旭川市民の皆様をメインに企画されているのも
地元あっての動物園やJRである事も示唆されていて、それも素晴らしいと思います。

そして動物たちもかわいいけど、負けないくらい咲来さんも
とてもかわいいと思います!
こんだけ咲来さんの登場機会が増えると、あい様が焼きもち
妬きそうな気もしますね・・(笑)

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。

> こうしたすてきなイベントは素晴らしいですね~!
最後の最後のお別れ会。
これは体感ですが、旭川駅がこんなに人で溢れたのは現在の駅舎に改修した時の開業時以来でした。
今回の内覧会は、1週間ほど前に突然発表されたもので駅にも多少は掲示されていましたがそれでもこれだけ多くの市民らが訪れてくれました。
入場券170円(こども80円)がかかるイベントにも関わらずです。

> 旭山動物園をテーマにしたすてきな特別電車だと思いますし、
> 各車両にこんなにもかわいいイラストやぬいぐるみ等で溢れていて
> 小さいお子さんも勿論そうですけど、大人たちも見ているだけで
> 心から楽しめそうなとてもすてきなイベントだと思いますし、
> こうした事を企画できる旭川市も素晴らしいと感じました。
そうなんですよね~ これは大人が乗ってもきっと楽しいです。
子どもたちの夢を乗せて、旭山動物園号は走っていました。
イラストを手掛けたのは、旭山動物園の飼育員を25年間していたあべ弘士氏。
デビュー時から大変好評で、最初は4両編成だったものが5両編成に増結されました。

6月からは特急ライラック旭山動物園号が引続き運行され、1号車にはハグハグチェアを設け、記念撮影ができるようになっています。
ただ外観は普通の特急ライラックと同じだけに、特別感はかなり少ないのかなとも思えてしまいます。


> しかもこうした企画が旭川市民以外の観光客ではなくて
> 「たまには市民の皆様にも動物園や市としての魅力を感じて欲しい」という事で旭川市民の皆様をメインに企画されているのも
> 地元あっての動物園やJRである事も示唆されていて、それも素晴らしいと思います。
今回の内覧会は、旭川市だけでなくJRも協力してくれたから、札幌から旭川まで実物の車両を持ってくることができました。
旭山動物園も開園50周年を過ぎ、さすがに全盛期のあの年間来場者数300万人には及びませんがそれでもJRを利用して駅からバスで向かうお客さんは多いです。
私も、旭山動物園号には一度も乗車する機会がなかったので最後にいいものが見れたと思っています。


> そして動物たちもかわいいけど、負けないくらい咲来さんも
> とてもかわいいと思います!
> こんだけ咲来さんの登場機会が増えると、あい様が焼きもち
> 妬きそうな気もしますね・・(笑)
咲来は183系入場券周遊旅のメインを張っており、半分近くの駅を担当しています。 
最終駅編の次回も、咲来が担当しています。
あい様、1月の中旬から3月中旬まで一回も撮影していなかったのでこの企画の中で2箇所連れて行きました。
あい様は今更焼きもちするということも無いような気がします。 なんだかんだでメインはあい様なんですよ。

子供達は大喜びだったでしょうね!

こんばんは。
旭川動物園は前回訪問しましたが、人気の裏にはこういう努力がいっぱい詰まっているのですね。
廃車になるのはもったいない感じもしますが、動物園の喫茶店に使うとかも面白そうです?!
今回は2月中旬に釧路を拠点に冬の厳寒地を訪問しました。零下25度前後も空気がキリリとしていてある種快適でした!

Re: yokoblueplanet様

> こんばんは。
yokoblueplanet様、コメントありがとうございます。

> 旭川動物園は前回訪問しましたが、人気の裏にはこういう努力がいっぱい詰まっているのですね。
> 廃車になるのはもったいない感じもしますが、動物園の喫茶店に使うとかも面白そうです?!
ただ動物を展示するだけでなく、随所に飼育員さんの手作りボードがあったり動物への愛情があるのが良い所ですよね。
旭山動物園号自体は、急激に人気が高まり来園者が増えた頃、札幌から旭川経由で稚内へ向かう特急宗谷(札幌朝8:30発)が丁度良い時間で、動物園を目指すお客が札幌旭川間の指定席を取ってしまい、稚内方面へ向かうお客さんが席が取れないことが少なくなかったのでその時間(札幌8:26発)に投入し混雑を緩和するという目的から生まれました。

登場した頃で、もう製造から25年経っていた車両だけに見えない所の老朽化はどうしようもありませんでした。
再利用は難しそうですが、なんとか記憶に残ってくれるような方法があるといいですね。

> 今回は2月中旬に釧路を拠点に冬の厳寒地を訪問しました。零下25度前後も空気がキリリとしていてある種快適でした!
晴れた日の寒い朝のあの清々しさは素晴らしいですよね。ひがし北海道の冬は楽しんでいただけましたでしょうか。
是非来年も「釧路という異国」へお越しくださいませ。

No title

旭川動物園号、乗っていてとても楽しそうです♪
知らなかったとはいえ、なくなってしまうのは寂しいですね。
私も乗ってみたかったです。

Re: 薬屋の嫁様

薬屋の嫁様、コメントありがとうございます。

> 旭川動物園号、乗っていてとても楽しそうです♪
> 知らなかったとはいえ、なくなってしまうのは寂しいですね。
> 私も乗ってみたかったです。
札幌方面から、旭川市の旭山動物園へ向かう観光需要から誕生した旭山動物園号です。
あべ弘士さんのイラストが強烈な個性を放っていて、これまで多くの親子連れを楽しませてくれたのではと思います。

これから6~8月の観光シーズンの土日には、後継と言える特急「ライラック旭山動物園号」(札幌8:30発)が運行されます。
見た目は普通の特急ライラックと同じですが、ハグハグチェアに座って記念撮影や動物園号限定の乗車証明書が貰えます。
旭山動物園へお越しの際は、是非ご活用ください。
札幌からなら、JRの「旭山動物園きっぷ」という、JR特急往復運賃+動物園入場券+動物園行きバス切符付のお得なきっぷがございます。
非公開コメント