FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

函館の女 (函館本線・函館駅 その1)

Category : 北海道の鉄道
函館駅03
は~るばるきたぜ函館 
このフレーズは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 この曲は、北島三郎の歌謡曲「函館の女」の冒頭部分です。 
杏:正しくは函館~ ではなく 函館へ~ なのです。

函館駅02
杏:まさか家に来た次の日に函館まで来るとは思わなかったわ。
ということで、今回は函館本線458.4kmの起点駅、函館駅の紹介その1です。 (訪問:12月末)

函館駅01
函館駅は、JR北海道と、提携を結ぶデンマーク国鉄との共同デザインで作られた、かつての青函連絡船をイメージしたものとなっております。
時計の部分が先端で、吹き抜け部分が煙突部分と考えるとイメージできると思います。

函館駅04
杏:駅前のイルミネーションが素敵ですね。
追記には、函館駅前で撮った写真や、駅の紹介をしていきます。

函館駅05
杏:函館は遠い所ですね。 泊まりも納得です
同じ北海道でも、自宅から450km(横浜~京都/岡山~博多くらい)も離れている、遠い場所です。

奥津軽いまべつ駅16
9月に奥津軽いまべつ駅(青森県)に行った時は、日帰り強行軍でした。

函館駅06
杏:街の灯りが とてもきれいね。
ハコダテ ブルーライト・ハコダテ・・・ そんな感じ。



函館駅07
杏:光のトンネル、素敵ですね。
HAKO-「DATE」にはもってこいのシチュエーションですよね。

函館駅08
道南杉を使った暖かみのあるフレームは函館山のイメージ、イカ釣り船の漁火(いさりび)をイメージした装飾も目を引き、人の動きに反応して照明が変化するのが見ものなのだそう。

函館駅09
函館駅前イルミネーションは、2月28日まで開催される予定となっております。

函館駅10
杏:ようこそ、函館へ!

古瀬駅35
杏様は、振り向き姿がきれいです。

函館駅13
函館駅11
では、駅の中に入りましょうか。

函館駅12
改札口。

函館駅14
吹き抜けが広いです。

函館駅15
函館駅17
函館駅18
空港のような雰囲気。

函館駅19
自動券売機。 これはJRの切符専用です。

函館駅16
道南いさりび鉄道の自動券売機。 1台のみです。
北海道新幹線開業と共にJRから経営分離され、第3セクターとなった旧江差線の(函館~)五稜郭~木古内間。
五稜郭~函館間はJRの線路に乗り入れる形で運行されています。

函館駅20
みどりの窓口。 ご当地入場券はここで販売しております。

函館駅22
2階にあるイカのモニュメント。

函館駅23
とりあえず記念撮影。



函館駅21
次回も、函館駅の記事になる予定です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

美しい街ですね~!

すいません・・もろに昭和育ちの私ですと「函館」というと
やっぱりサブちちゃんのあの「は~るばるきたーぜー はこだてへ!」と
なってしまいますね!

それと今回の函館遠征のお伴のドールの御方は、あい様・・?と
思っていたら
年末に予告がなされていた杏さんでしたねっ!

あい様も大変後姿と長い黒髪が印象的ですけど、
杏さんも同じくらいこの黒髪ロングのサラサラ感が
素晴らしいと思います!

函館と言うと高校の時の修学旅行で見たあの夜景の美しさというイメージもありましたけど、最近ではこうした夜のイルミネーションもとても美しいものだと感じたものでした!
そして駅自体が大変美しいと思いました。

函館は美しい街なのですね!!

No title

こんばんは~。
杏さん、函館デビューおめでとうございます(*´ω`*)
今までの冬音さんのところのお嬢様方とは違った雰囲気で、独特の個性があっていいですね。セーラー服というのがまた新鮮なのでしょうか。
そしてスカートも、ここ一番短いのでは?という感じですね。

イカとのツーショットも、頑張りましたね、杏さん(笑)

函館の夜景色…450キロの旅、この日は泊まりでしょうか。いやーほんと遠いですね・・・。全国の天気「北海道は〇〇でしょう」とか言われると、その一言かいっ?!って思う時があります…。

寒くて出不精…と言ったら、あい様にも杏さんにも怒られそう…。
次回の函館続編、楽しみにしていますw

懐かしい!

こんにちは。
私が行ったのは9月でした。
懐かしいです。
函館の路面電車がとってもレトロで乗り降りも楽しかったですね。
また行ってみたい町の一つです!
次の記事楽しみにしてます。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> すいません・・もろに昭和育ちの私ですと「函館」というと
> やっぱりサブちちゃんのあの「は~るばるきたーぜー はこだてへ!」と
> なってしまいますね!
はるばる来たぜ~ というのは函館の決め台詞ですから。
札幌からでも特急で4時間。はるばるという感じになります。

> それと今回の函館遠征のお伴のドールの御方は、あい様・・?と
> 思っていたら
> 年末に予告がなされていた杏さんでしたねっ!
杏さん、家に来た次の日から早速の出番です。
実はあい様も連れて行ったのですが、函館駅に関しては全面的に杏に担当してもらいました。

> あい様も大変後姿と長い黒髪が印象的ですけど、
> 杏さんも同じくらいこの黒髪ロングのサラサラ感が
> 素晴らしいと思います!
サッラサラですよ! 7年前のあい様もさらさらでしたが・・・
さらさらなのは、新しいうちだけかな?とも思っています。

> 函館と言うと高校の時の修学旅行で見たあの夜景の美しさというイメージもありましたけど、最近ではこうした夜のイルミネーションもとても美しいものだと感じたものでした!
> そして駅自体が大変美しいと思いました。
前の青函連絡船時代(4代目)の駅舎も評判が高く、「前の方が良かった」という意見も少なくない函館駅。
5代目の現在の駅舎にする際には、バスやタクシー乗り場でこみごみとしていた駅前広場も全面的に再整備しました。
「ひかりのまち・函館」をイメージした駅舎は、デンマーク国鉄(DSB)とJR北海道によるコラボレーションです。
ちなみに、新千歳空港駅もDSBとのデザインです。

> 函館は美しい街なのですね!!
世界3大夜景からは外された函館ですが、今でも観光地としては人気です。
民間調査で「魅力度1位」「幸福度最下位」を両立した函館市。 そんな不思議な函館なのです。

Re: ユアン131さん

> こんばんは~。
ユアン131さん、コメントありがとうございます。

> 杏さん、函館デビューおめでとうございます(*´ω`*)
> 今までの冬音さんのところのお嬢様方とは違った雰囲気で、独特の個性があっていいですね。セーラー服というのがまた新鮮なのでしょうか。
> そしてスカートも、ここ一番短いのでは?という感じですね。
顔は先日札幌に連れて行った千咲と同じヘッドですが、雰囲気違いますよね。
身長も2cm小さいので、並べた時の印象も変わります。
セーラー服は、原作仕様で若干短めになっていますね。 

> イカとのツーショットも、頑張りましたね、杏さん(笑)
函館といえば、イカ。 しぶしぶ感が写真からも伝わってきていましたね(笑)

> 函館の夜景色…450キロの旅、この日は泊まりでしょうか。いやーほんと遠いですね・・・。全国の天気「北海道は〇〇でしょう」とか言われると、その一言かいっ?!って思う時があります…。
今回は道南の無人駅を周る旅なので、函館に泊まりでした。翌朝は5:51の列車からスタートです。
450kmは遠いですよ。 しかし、函館行きの一部特急に限り車内販売があるので少しは気が紛れます。

> 寒くて出不精…と言ったら、あい様にも杏さんにも怒られそう…。
> 次回の函館続編、楽しみにしていますw
そうですよ~ あい様らは氷点下10度でも着物姿なのに(笑)
函館編は全3回の予定です。 次回も楽しみに待っていてください。

Re: yokoblueplanetさん

> こんにちは。
yokoblueplanetさん、コメントありがとうございます。

> 私が行ったのは9月でした。
> 懐かしいです。
函館の9月なら、暑さのピークも過ぎていい頃合いだったのではないでしょうか。

> 函館の路面電車がとってもレトロで乗り降りも楽しかったですね。
> また行ってみたい町の一つです!
> 次の記事楽しみにしてます。
函館の路面電車、今回はあまり乗車できませんでしたが1駅だけ紹介したい所があるので行ってきました。
観光では行ってみたい町ですよね。 今回はとにかく駅を周るという旅でしたので街ぶらは特にしていないのです。
次の記事も楽しみにしていてください。
非公開コメント