FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

花咲線 ~いま君に会いたい~

Category : 北海道の鉄道
花咲線00
今回は、今年10月にリリースされた演歌歌手・松原健之の「花咲線 ~いま君に会いたい~」の歌詞の世界観を、あい様と共に辿ってきた記録です。
花咲線は、滝川駅から富良野・帯広・釧路を経て根室駅に至る全長443.8kmの根室本線のうち、釧路駅から根室駅の135.4kmの区間の愛称です。
このご当地入場券PR付きのポスターは花咲線の主要な駅に張り出されています。



曲のPV


花咲線01
根室行き わずか一両の
古ぼけた列車だったよね




花咲線02
最果ての 朝が来る岬
君が見たいと 言ったから









花咲線03
揺れながら 花咲線は
厚岸めぐり 湿原抜けて 東へと・・・・・・









花咲線05
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり




花咲線06
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて

追記に続きます。





花咲線07
ふるさとの 線路またひとつ
失くなると 噂 流れたよ





花咲線08
納沙布の 汐風と遊んでた
君の後れ毛 幻か














花咲線09
若い日の 花咲線を
忘れることが 時代だなんて 思えずに・・・・・・










花咲線10
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり








花咲線11
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて












花咲線17
夢の中 花咲線は






花咲線12
胸を軋ませ 悲しみ連れて 駆けて行く・・・・・・













花咲線13
いま君に会いたい






花咲線18
思い出を さかのぼり










花咲線14
いま君に会いたい










花咲線16
帰らない 愛を訪ねて















花咲線15
帰らない 愛を訪ねて




花咲線19
ロケ地:花咲線の駅(釧路・東釧路・別保・浜中・厚床・初田牛・東根室・根室駅)と花咲線沿線(釧路市・釧路町・厚岸町・浜中町・根室市)の車窓からの風景。

花咲線20

最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

No title

こんにちは。
あい様と花咲線135.4キロのPVの旅、お疲れ様です(*'▽')

かなりレアなロケ地で、地元観満載PVに合わせての、それなりに質の濃い写真、歌詞と共に楽しく(笑)拝見いたしました。
mapで調べると、かなり東ですね~。根室駅の一つ手前が「最東端の駅」の東根室の駅ですか。花咲線は17駅??ほどでしょうか(地図見て数えただけ…)。
駅が目的、という以外にはどこか途中で降りて…というのがなさそう。
そんな場所をこうして楽しく(面白く?)紹介しちゃうところが冬音さんの凄いところです(*''▽'')ついつい最後まできっちり見させていただきました。雪がない写真があるのは、何度か花咲線へ乗車されているんですね。

あい様、総集編みたい・・!

花咲線 ~いま君に会いたい~ という曲も歌手の方も初耳ですが(汗)
そのすてきな歌詞の世界に乗っかる形で
道内各所の駅と道内の素晴らしき四季の風景を織り交ぜながらの
「あい様、総集編」のような記事を堪能させて頂きました!

あい様は四季のどの風景にも
どんなにぎやかな駅でもどんなさびれた駅でも、その存在感を
発揮できるというのか
駅周辺の光景に自らを自然に溶け込ませることができる
すてきなドールだということが自然に伝わってきていると思います。

その中でも特に雪を背景にしたものとか海をバックにしたものは
見栄えがしていると思いました。

これからもあい様は隠居されることなく、現役で冬音様の
カメラにおさまって頂きたいものですね!

Re: ユアン131さん

> こんにちは。
> あい様と花咲線135.4キロのPVの旅、お疲れ様です(*'▽')
ユアン131さん、コメントありがとうございます。
花咲線、釧路~根室間というとても遠い場所なので、2回目からは泊まりで行くようになりました。

> かなりレアなロケ地で、地元観満載PVに合わせての、それなりに質の濃い写真、歌詞と共に楽しく(笑)拝見いたしました。
> mapで調べると、かなり東ですね~。根室駅の一つ手前が「最東端の駅」の東根室の駅ですか。花咲線は17駅??ほどでしょうか(地図見て数えただけ…)。
花咲線(愛称です)は、釧路から終着の根室までの20駅で、そのうち12駅でドール撮影を行っております。
もちろん、東根室も根室も訪問しております。 ロケは駅か、車窓からの景色のどちらかです。 それだけで成り立つくらい花咲線は日本ではないような車窓風景が続いてきます。 名前の由来となった花咲駅は2016年に廃止されてしまいましたが。
実はこのPV、北海道ではなく茨城県の牛久沼周辺で撮影されたものです。 流れゆく車窓は花咲線のものです。
松原さん本人は、昨秋の厚岸の祭に出演された際に花咲線に乗車されました。

> 駅が目的、という以外にはどこか途中で降りて…というのがなさそう。
> そんな場所をこうして楽しく(面白く?)紹介しちゃうところが冬音さんの凄いところです(*''▽'')ついつい最後まできっちり見させていただきました。雪がない写真があるのは、何度か花咲線へ乗車されているんですね。
初めて乗車した11月から12月、1月と3カ月続けて花咲線の駅に行っております。
花咲線でまだ降りたことのない8駅を、いつの日か(2月かも?)訪問してみたいなと思っております。
観光目的ならJRより観光ツアーの方が向いていますね。 厚岸駅の裏にある道の駅や、ルパンの看板がある茶内・浜中駅・日本最東端の東根室駅などが見どころです。 
まず釧路までが特急で4時間と遠いですが、廃線になる前に1度は別当賀駅~落石駅間の絶景を目にしてもらいたいです。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> 花咲線 ~いま君に会いたい~ という曲も歌手の方も初耳ですが(汗)
> そのすてきな歌詞の世界に乗っかる形で
> 道内各所の駅と道内の素晴らしき四季の風景を織り交ぜながらの
> 「あい様、総集編」のような記事を堪能させて頂きました!
歌謡曲ですから、今の時代では聞く機会が少ないのかもしれませんね・・・
(北海道の曲だから、AMラジオだと結構流れていました)
今回の記事の写真は、全て釧路~根室間で撮影したものになります。 花咲線は、風光明媚な場所をゆくローカル路線です。
あい様だけを使っての話というのは最初から決まっていたので、あとは歌詞に沿った写真を撮っていきました。

> あい様は四季のどの風景にも
> どんなにぎやかな駅でもどんなさびれた駅でも、その存在感を
> 発揮できるというのか
> 駅周辺の光景に自らを自然に溶け込ませることができる
> すてきなドールだということが自然に伝わってきていると思います。
黒髪ストレートは和服でも洋服でもオールマイティーで万能なので、使いやすいです。
函館から稚内・根室まで2017年の北海道を縦横無尽に旅してもらいました。
もちろん、素敵になるよう私も頑張って撮っていますが・・・

> その中でも特に雪を背景にしたものとか海をバックにしたものは
> 見栄えがしていると思いました。
北海道の駅は冬が似合いますよね。 北国ならではの景色です。
海が近い駅は少ないですが、色んな場所に行ってきました。 いつか記事にしたいものです。

> これからもあい様は隠居されることなく、現役で冬音様の
> カメラにおさまって頂きたいものですね!
もう隠居はしないです。 杏とは、相性があまり良くなそうですが。
非公開コメント