FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

2杯のかけそば (宗谷本線・音威子府駅)

Category : 北海道の鉄道
音威子府駅21
関西ではもう梅が咲いているというはウソやろ? フェイクニュースですか?
北海道はこんな感じですよ? この村の積雪量は280cm近く。 (撮影日は2/25)
今年は地域により異常に雪が多いです。 一方で釧路が0cmというのがまた異常です。

音威子府駅34
駅横の雪山も高く積もっています。

(訪問・12月/7月/8月/2月)

音威子府駅22
六花:音威子府? これで「おといねっぷ」と読むの?

音威子府駅09
ここは、「おといねっぷ」と読みます。
意味は、アイヌ語o-toyne-p(川口/濁っている/川)と言われています。
駅が出来るより昔は音江根布(読み同じ)と当て字されていたのですが、駅名が音威子府になったので常盤村から音威子府村になりました。


音威子府駅01
冬の写真。 音威子府駅では列車交換のため10分停車します。(現在は3分の停車)
乗客の皆も、一度降りて身体を伸ばしたり写真を撮ったりします。
「音威子府」って、北海道らしい難しい地名でしょう? 記念に撮っている人も少なくなかったです。
旭川からここまで3時間。 終着の稚内まではあと3時間。

音威子府駅02
音威子府駅39
雪の多さを見て欲しいところ。

音威子府駅03
しんしんと雪が降り続く中、稚内発札幌行きの特急「スーパー宗谷2号」との列車交換。
スーパー宗谷は3月のダイヤ改正で廃止され、スーパーが消え「宗谷」になりました。
そして、特急列車(サロベツ2号)との列車交換も音威子府駅ではなく、手前の豊清水駅での交換となりました。



[なか゛いたひ゛か゛ はし゛まった・・・]
音威子府駅46
ちなみにわがまちご当地入場券の最初の1枚はこの音威子府駅で購入しました。
番号はキリの良い100番。

この頃は、コンプリートなんて全く考えておらず、列車で訪れたついでに購入するくらいにしか思っていませんでした。
そして旅の最終日、124/125枚もまた、音威子府でした。(最後は別の駅・・・)


音威子府駅11
音威子府駅42
追記にも、音威子府駅のおはなしが続いていきます。
続きを読むからどうぞ。
音威子府駅10
これは夏の写真。 

音威子府駅12
音威子府駅は、2012年に開駅100周年を迎えています。

音威子府駅23
六花:100年以上の歴史の重さがあるのね。
音威子府村は、「鉄道の街」として発展してきました。
かつては村の住民(4,200人)の3割が国鉄の職員とその家族だった時代もありました。
現在の人口は764人(2018年1月末時点)
それが分かるものが駅舎内にありますがそれは後で。 




[1杯のかけそば]
音威子府駅13
音威子府駅15
音威子府駅といえば有名な、常盤軒の「黒いそば」!
営業時間(10:00~15:30、水曜休み)に、駅に停まる列車は
[稚内行き]
10:41着特急宗谷
15:22着特急サロベツ1号
[旭川・名寄行き]
13:10着普通列車
15:00着特急サロベツ4号
以上の4本となります。

音威子府駅44

 
なので、ドライブで車で来て食べにくる人が多いです。
1杯では少々物足りなく、2杯食べてもいいんでないかい? 
食べる人は3杯もアリか。

行っても臨時休業な事も少なくないので、結構運に左右されてしまいます。
店主もかなり高齢ですし仕方ないのです。
冬期間は木曜日もお休みとなっておりますので注意です。

[2杯のかけそば]
音威子府駅24
冬に来た時は、常盤軒が臨時休業・・・ 

音威子府駅47
セイコーマート版の○簡ご当地入場券を買う目的のついでに一路食堂へ。



音威子府駅25
ここでも黒いそばが食べられます。 味も常盤軒と同じそばだけに変わりません。
音威子府村に来たらやっぱり(EKI)SOBA・・・
しかし駅から徒歩往復30分かかります。



音威子府駅26
現在は使われ無くなった音威子府小学校の校舎。
今年の雪の多さが伝わりますね。






[天北線と音威子府]
音威子府駅27
駅に戻って来ました。

音威子府駅17
音威子府駅には、かつてこの駅から分岐していた「天北線」の資料室があります。


音威子府駅16
音威子府駅33
天北線(音威子府~南稚内)路線図。
稚内に向かう路線は、天北線の方が先に作られました。
昔道北の路線はこんなにたくさんありましたが、今は宗谷線のみになりました。

音威子府駅30
六花:ここはすごいですね。 昔こんな路線が北海道にあったんですね。


音威子府駅19
音威子府駅20
音威子府駅28
資料室の中は、昔のヘッドマークやサボや駅名板などたくさんのアイテムが展示されております。
昔、駅のそば屋はホームにあったんです。 絶対寒いですよね。

音威子府駅29
六花:貴重なものを見せてくれてありがとうございます。

音威子府駅31
音威子府駅32
夏と冬、同じ場所の風景。



音威子府駅35
音威子府駅45
音威子府村では、「鉄分撮りすぎ注意」キャンペーンを3/15まで実施しています。
アピールしたいのは撮影マナー(特にラッセル車)の向上です。

例えば、音威子府駅で切符などを5000円以上購入すると、抽選で5名に村特産品詰め合わせセットが貰えたりシールやマグネットなどが貰えます。
5,000円分はおおよそで、音威子府~旭川・稚内までの特急列車指定席片道分です。

音威子府駅36
音威子府駅37
音威子府駅43
当日購入のわがまちご当地入場券を提示した上で、併設の宗谷バス窓口で鉄道グッズを購入するとシールが貰えます。

音威子府駅38
六花:そろそろ遅れていた特急が来る頃ね。

音威子府駅40
左:旭川行き特急サロベツ4号
右:稚内行き特急サロベツ1号
261系サロベツ同士の列車交換。
本来ならもっと旭川寄りの豊清水駅で行きあいなのですが、稚内発の4号が30分遅れで走っていたので音威子府駅で交換となりました。
1日1回しか無いサロベツ同士の列車交換なので割と貴重なものなのかなと。
列車の横の雪の高さがすごいことになっています。

音威子府駅41
六花:これがグリーン席ですか! 贅沢ですね。

音威子府駅から士別駅で寄り道して旭川駅だと、自由席や指定席だと運賃が5000円にならないので、音威子府~士別を特急グリーン席(4,050円)、士別~旭川を普通列車(1,070円)で。 これでぎりぎり5000円を越えます。
ご当地入場券125枚真のコンプリートの旅、最後は士別駅(セイコーマート)になりました。
村の特産品が当たるといいんですけどね~

最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

No title

こんにちは、なんかものすごい積もってますね(;´д`)!札幌は溶けて水浸しの道路の日が増えました。

今回は更に盛りだくさんな内容ですね。
そして小柄な六花さんだと撮影もさっと準備できていい感じではないでしょうか。小さいのにコートも服もきちんと感があって可愛いですw
音威子府の資料館のものがミニチュアサイズに見えて六花さんと丁度いいスケール感になってますが、実際は本物サイズ?なのかな。

そしていつもより冬音さんの口調が軽い感じで、フルコンプの終わりが見えてほっとしているようで何よりです(*^^*)でもご当地入場券の旅が終わってしまったら、あとは消えていく駅訪問となるとちょっと寂しくなりそうですね。。

No title

こんばんは。

雪が降り積もるホームに、跨線橋と、
ホームに特急列車と言う光景が良いですよね。

後、地図を見ると、北海道は海岸線よりの地域が、
鉄道が廃止になったり通らなかったりと、
車を持っていない人には不便になった感じですね。

Re: ユアン131様

ユアン131様、コメントありがとうございます。

> こんにちは、なんかものすごい積もってますね(;´д`)!札幌は溶けて水浸しの道路の日が増えました。
また天気が荒れてきましたね。 
札幌に比べたら内陸部は雪が多い物で・・・
音威子府村の場合は、ちょうど歴代最高の積雪量の日に行きました。

> 今回は更に盛りだくさんな内容ですね。
> そして小柄な六花さんだと撮影もさっと準備できていい感じではないでしょうか。小さいのにコートも服もきちんと感があって可愛いですw
> 音威子府の資料館のものがミニチュアサイズに見えて六花さんと丁度いいスケール感になってますが、実際は本物サイズ?なのかな。
何だか盛りだくさんな内容になってしまいました。 まあ8カ月で4回も行っていますのでそれだけ分量も多くなりました。
1/6サイズだと、感覚として駅員がいる駅でも比較的撮りやすいです。 キャラクターのぬいぐるみと旅しているのと変わらない感じなのかもしれません。
資料館のものは実際に使用されていた道具や看板が展示されています。 昔の写真とかもあります。基本的には音威子府村の範囲での資料になるので、別の沿線の町に行けばまた別の鉄道資料が展示されています。

> そしていつもより冬音さんの口調が軽い感じで、フルコンプの終わりが見えてほっとしているようで何よりです(*^^*)でもご当地入場券の旅が終わってしまったら、あとは消えていく駅訪問となるとちょっと寂しくなりそうですね。。
この次に行った士別が、最終目的地でした。 
ご当地入場券での訪問駅はまちの中心・観光の中心にある駅が多かったので、その点寂しくなるのかもしれませんね。
その消えていく駅を、無くなる前に記録したいと思って北海道各地へ赴いて撮影しています。

Re: 鳴らない携帯様

> こんばんは。
鳴らない携帯様、コメントありがとうございます。

> 雪が降り積もるホームに、跨線橋と、
> ホームに特急列車と言う光景が良いですよね。
かつては天北線との分岐駅だった音威子府駅。 そんな歴史から、跨線橋の階段も広く確保されています。
1年前まではスラントノーズの特急サロベツという場面も見られましたが、宗谷本線の特急は基本的に261系に統一されました。
音威子府は北海道一人口の少ないまち(800人以下)ですが、特急列車も全停車する「村」です。

> 後、地図を見ると、北海道は海岸線よりの地域が、
> 鉄道が廃止になったり通らなかったりと、
> 車を持っていない人には不便になった感じですね。
車窓の良い路線ほど廃線になるというのは、現在の日高本線を見ての通り高波や海風の影響をもろに受けてしまうので鉄道には厳しい環境です。
現在では、羽幌線や天北線沿線は路線バスが一応走っているのですがやはり、車が無いと不便というより生活が成り立たないくらい過疎化著しい地域になっています。
こう見ると、宗谷線は大変厳しい状況の中なんとか維持されていると思わずにはいられません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

黒いお蕎麦がおいしそう!

関東は3月に入ったと同時にとてつもなく暖かくなってしまい、
「今までの寒さは何だったんだ・・?」みたいな様相を呈していますけど、道内はニュースでも流れていましたけど、吹雪を含めてなにやら大変なことになっているのですね。
そして写真からも「雪は本当に大変そう・・」と感じますし、
改めて日本という国は、南北に長い国土なんだな・・と
実感してしまいますね。

村の住民の3割が国鉄の職員とその家族だった時代もあるということですけど、こうした駅やそこの自治体の歴史には重たい現実もありますし、
いい時もあまりよくない時もあるということで、それが積み重なっていったものが「街の歴史」ということになるのかもしれないですね。

それにしても「黒い蕎麦」はとてもおいしそうです!

つゆが濃厚なのかな・・?

寒い時に食べると心身から温まりそうですけど、昔のような
外のホームで食べたら、ちょっとつらいものが
ありそうですね・・(笑)

Re: 鍵付きコメントの方へ

鍵付きコメントの方へ。

いつも訪問して頂きありがとうございます。

記事作りは時間がある時には1つの駅と地域について、町史などの資料(コピー)などを用いて書いています。
町の中心駅については、その分写真の量も多くなりがちです。
昔の写真も出そうと思うとなおさら。。。

音威子府の駅そば、車で北の方へ行く時は寄っていくことが多いです。
鉄道ファンの間では有名な駅そば。 店主もかなり年になってきたのでそのうち食べられなくなる時が来るのかもしれませんね。

旅行記と言いますか、現在は駅の旅行記がメインになっております。
郷土資料を見ると、Wikipediaには無い歴史に埋もれた様々な小さなエピソードが載っています。
そうしたことを、これからもドールに手伝ってもらいながら伝えていきたいと思っています。

ドールと鉄道旅というあまり無さそうなジャンルですが、これからもこの調子でしばらくは続くと思いますのでよろしくお願いします。

Re: ぬくぬく先生様

ぬくぬく先生様、コメントありがとうございます。

> 関東は3月に入ったと同時にとてつもなく暖かくなってしまい、
> 「今までの寒さは何だったんだ・・?」みたいな様相を呈していますけど、道内はニュースでも流れていましたけど、吹雪を含めてなにやら大変なことになっているのですね。
そうなんです。 大変なことになっておりました。

> そして写真からも「雪は本当に大変そう・・」と感じますし、
> 改めて日本という国は、南北に長い国土なんだな・・と
> 実感してしまいますね。
これは、過去歴代最高の積雪を記録した村での写真なので・・・
関西では梅が咲いているようで、ちょっと羨ましいのです。

> 村の住民の3割が国鉄の職員とその家族だった時代もあるということですけど、こうした駅やそこの自治体の歴史には重たい現実もありますし、
> いい時もあまりよくない時もあるということで、それが積み重なっていったものが「街の歴史」ということになるのかもしれないですね。
駅が作られ、そこから市街地が生まれ、路線分岐駅になって、機関車が消えて、天北線も廃止されとなると鉄道職員も去って行きました。
そんな小さい村で今年度、「鉄分撮りすぎキャンペーン」を実施したり、「鉄道、必要ですか?」という村の広報誌の真剣な特集を書いてみたり、廃止候補・筬島駅の硬券入場券を発行したりと村を巻き込んで様々な鉄道関連の企画を村内で開催してきました。
車で村を通る人は少なくないのですが・・・

> それにしても「黒い蕎麦」はとてもおいしそうです!
> つゆが濃厚なのかな・・?
日本一の駅そばという声も少なくない音威子府。
つゆは昆布と煮干しと魚の削り節で構成されています。
そばの風味が強烈で、それに負けない濃厚さです。でも不思議と飲めちゃうんですよ。

> 寒い時に食べると心身から温まりそうですけど、昔のような
> 外のホームで食べたら、ちょっとつらいものが
> ありそうですね・・(笑)
寒い時に食べるのは格別ですねえ。
SLの時代は、音威子府で長時間停車し水や石炭を補給していくので、機関士や乗客らもその間にホームに降りてそばを食べていました。
北海道の北の方に来ることがありましたら、一度食べて頂きたいものではあります。
ちょっと遠いですが・・・

No title

こんばんは。
懐かしい音威子府駅の風景が見られてとても嬉しいです!
音威子府高校に通っていたのももう20年前とは…(^_^;)
駅のお蕎麦屋さんはまだ健在で安心しました。学校の寮から実家へ帰省するときに、よく生蕎麦をお土産に買っていったものです。
もう一度駅のお蕎麦屋さんがやっているうちに行きたいものです。

Re: さかえ21様

> こんばんは。
さかえ21様、コメントありがとうございます。

> 懐かしい音威子府駅の風景が見られてとても嬉しいです!
> 音威子府高校に通っていたのももう20年前とは…(^_^;)
音威子府の駅は、さすがのクラフト感がとても素敵な駅だと思います。
8月と2月の2回音威子府駅で下車しています。 車で通ることはもっと多いのですが。
村にある4つの駅のうち、筬島以外は当ブログで全て紹介してきました。
残りの筬島駅も、しっかり下車しているので夏頃に記事にしたいと思っています。


> 駅のお蕎麦屋さんはまだ健在で安心しました。学校の寮から実家へ帰省するときに、よく生蕎麦をお土産に買っていったものです。
> もう一度駅のお蕎麦屋さんがやっているうちに行きたいものです。
駅のお蕎麦屋さんも定休日(水曜日)の他に体調面で臨時で休業することも少なくない気がします。
できれば早め、この春か夏に食べに行かれてみてはいかがでしょうか。
駅窓口では音威子府駅の硬券入場券とご当地入場券(各170円)が購入できますのでお土産に是非・・・
非公開コメント