FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

北海道・夏の駅めぐり Vol.1 (釧網本線・札弦駅)

Category : 北海道の鉄道
札弦駅01
美月:夏の駅旅へようこそ! 

札弦駅02
今回訪れたのは釧網本線・札弦(さっつる)駅 (撮影:7月)
車で片道200km以上走って(鉄道だと網走経由で300km近く)ようやく着きました。
なにせ、最短距離の網走経由だと列車では日帰りできないくらい遠い駅です。
札幌経由釧路回りならぎりぎりなんとか・・・ といった所。

札弦駅03
美月:どうしてこんな遠くの無人駅に来たの? なにか特別な意味があるのでしょう。

札弦駅04
もちろんですよ!
札弦の由来はアイヌ語「サク・ル」、つまり「夏の・道」という意味なのです。
徒歩が主な交通手段だったアイヌの時代、山を越える道筋は、樹木の生い繁る夏と、小さなデコボコや細かな沢の流れなどが頼りでした。
「夏の道」を意味するアイヌ語に由来する地名は、そうした昔の交通・交易路の姿を伝えています。
札弦の場合は、網走から釧路・根室方面へ向かう「道」です。

札弦駅05
美月:わたし達は今、まさに夏を旅しているのね!

追記にも話が続きます。
続きを読むからどうぞ。
札弦駅06
美月:隣の駅は「みどり」駅。 まさか「緑」とかでは・・・

札弦駅07
本当に「緑」駅です。  
北海道の色のつく駅名シリーズでは他に「井川」「牛内」「滝」「松内」「葉」「志内」「山」「山」とか・・・
興味がありましたら調べてみてください。

札弦駅08
札弦駅前通り。 ちょっと寂しい感じを受けます。

札弦駅21
昔の札弦駅。 (清里町史 S53.8.10より)

札弦駅09
道道1115号(4桁の都道府県道です!)摩周湖斜里線沿いに、花壇がありました。


札弦駅10
美月:札弦には花が溢れているのね。 素敵だわ。

札弦駅11
[花の駅長さん]
駅のある清里町(由来は小水と斜から分村した歴史から)は「花と緑と交流のまち」というコピーを掲げています。
全国農村景観百選や全国花のまちづくり大賞も受賞した、自然溢れる町です。
花の駅長さん は、JR北海道が募集した「花の時期に旅の玄関口でもある駅を花でいっぱいに飾って、訪れるお客様を花でおもてなしする」という企画です。 期間は6月~8月末です。

札弦駅12
美月:無人駅でも、人が手入れしているから維持できている。 それって大切なことではないかな。

札弦駅13
駅向かいには大きな工場が広がっています。
札鶴(さっつる)ベニヤではフローリングや合板を作っています。 音楽室に使われているあの穴のあいた板(有孔合板)も製作しています。
駅から工場までの専用線も昭和38(1963)年に敷設されました。

札弦駅14
美月:。。。、札鶴? 札弦ではなくて?

札弦駅15
札弦は、昔「札鶴」(1929~1956)駅でした。
札鶴は、1955年清里町の町制施行に伴い「札弦」に、駅名も翌年「札弦」になりました。

札弦駅16
喜び、努力し、愛し、楽しむ。 今年の清里高校の学校祭のテーマ。
高校ではなくプラネット97(清里町生涯学習総合センター)で開催したり、清里小・中・高の吹奏楽部合同演奏会など地域一体のお祭りにもなっている感じがします。




札弦駅18
清里町札弦にある道の駅「パパスランドさっつる」
「パパス」とは、スペイン語で「じゃがいも」という意味で、当然ですがドラクエ5とは関係ありません。
温泉や無料の足湯や地元産の野菜が販売されています。

札弦駅19
清里町出身の女子スピードスケート選手、長野五輪銅メダリスト岡崎朋美選手の展示もあります。

札弦駅20
パパスを使ったじゃがいも焼酎が清里町の名産品です。


札弦駅17
美月:夏の駅の旅第1回、札弦編。 いかがでしたか。
このシリーズ、全6回くらいを予定しているのですが半分くらいしか撮っていないんですよね。
スポンサーサイト

No title

いつも 訪問ありがとうございます
 みどり は 姉の名前で 気になったり
  B68 SLで 通学してた頃には もちろん 無かったけど
   何か 東京の地下鉄を 思い出します

Re:北海道のくまさん

北海道のくまさん、コメントありがとうございます。

> いつも 訪問ありがとうございます
こちらこそ、訪問ありがとうございます。
記事作りで手いっぱいであまり訪問できないで・・・

>みどり は 姉の名前で 気になったり
緑駅。かつては札弦川の上流にあったので「上札鶴」駅と言われていたのですが町制施行で駅周辺が「緑町」になりそこから「緑」駅になりました。
この駅も同じ日に訪問したので、いつかは記事にしたいです。

>B68 SLで 通学してた頃には もちろん 無かったけど
> 何か 東京の地下鉄を 思い出します
駅名ナンバリング、読みにくい駅名が多い北海道では旅行客に分かりやすいと思えます。
釧網本線の駅に付けられたBはaBashiriのBです。 Aではないのは札幌(01)~旭川(A28)~網走(A69)間をAsahikawaのAでナンバリングしたからで・・・
釧網本線はローカル線ですが、知床や釧路湿原など列車を利用する観光客のためのナンバリングでしょう。

No title

こんにちはっ、
北の大地も夏本番を迎えて、夏の駅シリーズVol.1ですかっ!シリーズ楽しみにしています。
アイヌ語でそのまんま「夏の道」、第1回目にふさわしい駅名ですね(^▽^)/
夏とか緑とか花の駅長とか、素敵なんだけど…駅前寂しいとか。冬に行っちゃだめなやつだこれ…のような気が(T_T)

さて、お盆までの短い夏をどう堪能しましょうか。冬の分も太陽浴びに野撮へ赴くか、からっとした暑さを避けて日陰でビールジョッキを傾けるか…。

浴衣もお似合いの美月さん、一緒に団扇でゆうらゆらと扇ぎながら…まずは甘~いメロンでも食べましょう(*´▽`*)?

今回は風景よりもとにかく美月さんの美しさと着物姿が大変印象的でした!

あい様も素敵ですけど今回の美月さんはとってもお美しいですね!

今回ばかりはどういう訳なのか、街の風景とか駅舎の風景よりも
美月さんの幻想的な美しさばかりについつい目が眩んでしまいました!
これはもしかして一つの「美的限界」に到達していると言っても
差支えの無い幻想的な美しさがあるのかなぁ・・とも感じたものでした。

浴衣なのでしょうけど、着物みたいな「和」を強く感じさせているのも
そうした美しさが伝わってくる要因なのかもしれないですね。
真夏なのに。こうした着物のお姿でも少しも「暑い!」という雰囲気を見せないのは、美月さんが元々持っていられる優雅さと気品さの
表れなのかもしれないですね。
水色の淡い髪やキリッとした目の雰囲気も素晴らしいと思います。

素敵な道内の「夏の道の旅」だと思います。

次回の夏の駅旅もとても楽しみにしていますけど、
次回に登場するのは、美月さん・・? あい様・・、それとも別のお方
なのかな・・??

Re: ユアン131さん

ユアン131さん、コメントありがとうございます。

> こんにちはっ、
> 北の大地も夏本番を迎えて、夏の駅シリーズVol.1ですかっ!シリーズ楽しみにしています。
北海道には、夏にちなんだ地名があります。 その中で、駅がある場所を訪問していくこのシリーズ。
第4回までは撮影が終わっているので、なんとか記事にしていきたいです。

> アイヌ語でそのまんま「夏の道」、第1回目にふさわしい駅名ですね(^▽^)/
> 夏とか緑とか花の駅長とか、素敵なんだけど…駅前寂しいとか。冬に行っちゃだめなやつだこれ…のような気が(T_T)
札弦は、裏摩周展望台へ向かうルートとしての利用が多い地区です。
駅時代は地味なもので、鉄道ファンとして来る人はほとんど居ないような普通の駅ですが、地名に目を向けると季節感がある隠れた駅です。
冬は、本当に寂しい感じがするでしょうね。。。

> さて、お盆までの短い夏をどう堪能しましょうか。冬の分も太陽浴びに野撮へ赴くか、からっとした暑さを避けて日陰でビールジョッキを傾けるか…。
北海道の夏はお盆まで、それからは冬タイヤとかストーブのTVCMが流れ始めますよね(笑)

> 浴衣もお似合いの美月さん、一緒に団扇でゆうらゆらと扇ぎながら…まずは甘~いメロンでも食べましょう(*´▽`*)?
北海道のローカル線は、車内に冷房が無い(扇風機のみ)ので暑い時は大変なのです。
甘いメロンですか、いいですねえ~ 
美月と、日本庭園の水辺とかで食べたいですねえ。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> あい様も素敵ですけど今回の美月さんはとってもお美しいですね!
冬のイメージが強いかと思われる美月さん、今回は夏らしい感じにしてみました。
夏しか着れないような難しい絵柄ですが、それを見事に着こなしてくれました。

> 今回ばかりはどういう訳なのか、街の風景とか駅舎の風景よりも
> 美月さんの幻想的な美しさばかりについつい目が眩んでしまいました!
> これはもしかして一つの「美的限界」に到達していると言っても
> 差支えの無い幻想的な美しさがあるのかなぁ・・とも感じたものでした。
普通の駅でも、こうして美月がいると地名の由来もあって、印象的な感じになります。
駅に飾られた花が、ローカル線の駅という感じがまたいいです。

> 浴衣なのでしょうけど、着物みたいな「和」を強く感じさせているのも
> そうした美しさが伝わってくる要因なのかもしれないですね。
> 真夏なのに。こうした着物のお姿でも少しも「暑い!」という雰囲気を見せないのは、美月さんが元々持っていられる優雅さと気品さの
> 表れなのかもしれないですね。
> 水色の淡い髪やキリッとした目の雰囲気も素晴らしいと思います。
撮っている私は暑いのですが、美月の写真は体感温度を下げる効果があるのではないかとも思います。
この個性的な柄は、あい様でも合わない難しい柄ですが美月にはよく似合ってくれました。 

> 素敵な道内の「夏の道の旅」だと思います。
> 次回の夏の駅旅もとても楽しみにしていますけど、
> 次回に登場するのは、美月さん・・? あい様・・、それとも別のお方
> なのかな・・??
できるだけ毎回違う娘を登場させていきたいと考えています。
第2回、第3回と作っていっているので楽しみにしていてください~
非公開コメント