FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

思い出橋を渡って

Category : 50ドール(旅)
(4/8 前回の山部駅の記事に写真を数枚追加しました)

滝里駅01
国道38号を富良野から滝川方面に向かって走り、芦別市に入ったあたりから、たくさんの橋に出会うことが出来ます。
(撮影日:10月上旬)

滝里駅02
景勝橋からの風景。 滝里湖が綺麗に見えます。

滝里駅03
滝里駅04
滝里駅05
滝里駅06
こんな感じで湖に沿って景色を印象付ける名前の橋が続いていきます。

ここから様子が変化していきます。

滝里駅07
滝里駅08
少し進んでいくと見えてくるのが「思い出橋」です。 北海道には夕張市にも同名の橋があります。
というより夕張の方がおそらく有名です。
竣工されたのは平成5(1993)年の3月です。

滝里駅09
瑞季:思い出橋を わたれば あなたに 逢えるでしょうか

滝里駅10
瑞季:いまさら恋路に 迷うなと 風が笑うの 叱るのよ
(真木ことみ/おもいで橋)
そんな思い出橋を渡って先に進んでいきます。


滝里駅11
望郷橋。

滝里駅15
立寄橋。

滝里駅13
そして帰郷橋。

滝里駅14
滝里湖は、滝里ダム建設に伴って造られたダム湖です。
かつて、この下に滝里の街並みがあり駅があり遺跡もありました。
そうした過去を偲ぶために、ダム建設に伴い国道38号の新道を作る際に橋の名前を決めたのでしょう。
望郷・帰郷・思い出・・・
そんなダムに沈んだ駅や集落のことを、次回の更新で伝えていきます。
読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵付きコメントの方へ

いつも訪問ありがとうございます。
メインはドールのブログなので、いつまで駅や歴史面の記事を作れるかは分からないですが、これからもこのブログを宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 7日の鍵付きコメントの方へ

昨年11月、JR北海道から発表された「単独では維持困難」の資料における北海道全体の5割の路線は維持困難という結論には大変な驚きがありました。
それまでは鉄道にほとんど興味がなかったのですが、「2年後」「3年後」にはもう見られなくなる風景が自分の住む地域から近い場所にあると思うと、「今撮りに行かなければいけない」という思いになり北海道各地を旅しています。
今は利用者の少ない駅でも、駅が設置されるくらいなので「昔は何かがあった」はずですし、そうした過去を知ることで旅がより楽しいものになると考え調べています。
しばらくこうした北海道ローカルな記事が続くと思いますが、また時々見に来て下さると嬉しいです。

素敵なネーミング

「思い出橋」・・・うーーん、なんて素敵なネーミングなのでしょう!!

なんとなくですけど、この名前からは
この世とあの世をつなぐ「彼岸の橋」みたいなイメージがあり、
思い出橋を渡る最中に、この世での素敵な思い出の数々が脳裏をかすめ、
自分は幸せだったんだ・・と実感した瞬間にあの世に到着・・
みたいな雰囲気がありそうです・・(笑)

この写真は10月撮影との事ですが、2月の厳冬の時期に
この橋を眺めたら、感じ方もかなり違うのかな・・?とも
ふと思ったものでした。

橋に腰掛ける瑞季さんがまたまたとっても可愛いと思います。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> 「思い出橋」・・・うーーん、なんて素敵なネーミングなのでしょう!!
工事中の仮称名は「5号橋梁」と味気も何もないネーミングでした。
望郷橋など、道路の切り替えの際10以上の橋と2つのトンネルが造られたのですがトータルネーミングデザインが素晴らしいです。
やはり帰郷~思い出の流れは望郷のふるさとを偲ぶ思いから名づけられていました。

> なんとなくですけど、この名前からは
> この世とあの世をつなぐ「彼岸の橋」みたいなイメージがあり、
> 思い出橋を渡る最中に、この世での素敵な思い出の数々が脳裏をかすめ、
> 自分は幸せだったんだ・・と実感した瞬間にあの世に到着・・
> みたいな雰囲気がありそうです・・(笑)
夕張の思い出橋は、橋の先に夕張石切神社の鳥居があって、ぬくぬく先生さんのイメージみたいな所だったのですが今は鳥居も無くなってしまいました。 やはり過疎化が・・・(泣)
滝里の思い出橋を歩いて渡る人はまず居らず皆70km近い速度で通り過ぎていきます。
(停留所はありませんが札幌~富良野間の高速バスが通っています)
北海道には伊達市大滝地区にも同名の橋があります。

> この写真は10月撮影との事ですが、2月の厳冬の時期に
> この橋を眺めたら、感じ方もかなり違うのかな・・?とも
> ふと思ったものでした。
冬だと、木々も枯れ雰囲気は変わります。
積雪季にあまり車で遠出はしたくないので、国道ですが訪問するには遠い場所ですが道路の雪が融けた最近再び訪問した時は「違うなあ・・・」と思いました。

> 橋に腰掛ける瑞季さんがまたまたとっても可愛いと思います。
ちょうどいい場所に座れる場所があったので撮ってみました。
思い出橋という名前を最初に見た時、「ここで撮りたい」と考えていました。
ドールサイズにはちょうどよく撮れるこの場所。人間だとちょっと大変ですね(笑)
非公開コメント