FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

清華亭

Category : 1/6ドール
札幌駅から北西へ約10分、そこには「清華亭」という建物があります。
札幌市指定有形文化財として1961年に指定され、その後復元工事がなされ現在に至っています。
清華亭 外観
この建物は一言で言えば「和洋折衷の古い建物」です。豊平館や時計台と同じ、当時の洋風建築です。
内観1
内観2
内観3
明治の初め、現在の大通から北大くらいまでの一帯は樹木に覆われ、あちこちに自然湧水があり、川も流れていました。開拓使たちは「産業を盛んにするためのモデル」と「住民の憩いの場所(偕楽園)」としてこの一帯に様々な施設(工業試験場や鮭孵化場など)が造られました。現在で言うなら【産業試験場兼公園】です。
1881(明治14)年に明治天皇が北海道の開拓の様子を視察に来られることとなった時、当時政府の役人など地位の高い人達が泊まる施設はありませんでした。(庶民向けの小さなものはありました)
そこで当時の開拓使たちは天皇がおいでになる前の年(1880・明治13年)に洋風のホテルを建てました。それが豊平館です。
清華亭は、天皇が偕楽園を視察する際、休憩する場所や食事する場所として建てられた建物です。当時の交通手段は馬でしたから。

そんな清華亭で、数枚れんげちゃんをモデルに撮影してきました。
れんげ 1
れんげ 2

れんげ 3
れんげ:「ようこそ、私のおうちに」

れんげ 4
れんげ:(うとうと・・・・・・)

れんげ 5
れんげ:「そこで少し待っていてくださいね。今お茶をお持ちしますから」

れんげ 6
れんげ:「またいらしてくださいね。いつでもお待ちしております」

さて、いかがでしたか? ここでは管理人のおじさんが出迎えて資料をわたしてくれます。無料ですから大丸やアピアに来た際に一度寄ってみてください。写真撮影も自由です。
「清華亭」
札幌市北区北7条西7丁目
観覧時間 9時~16時
休館日 年末年始(12月29日~1月3日)
スポンサーサイト

非公開コメント