FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

魔法使いに逢いたい。#3

Category : プチブライス
RIMG0162.jpg
結衣:「・・・んぅ。ライラちゃん、起きてる?」
ライラ:「うん。魔法使いと遊ぶ夢を見ていた」
結衣:「わたしも魔法を使う夢を見たの」
ライラ:「やっぱりわたしたち、なかよしだね!」
結衣:「抱きつかないでよ・・・ あれ、これなんだろう」

このヘアピンを付けてくれると嬉しいな。付けてくれたら、また逢えると思うから。沙耶

結衣:「じゃあ、さっきのは夢じゃない? とにかく付けてみよう。・・・わあ」
RIMG0163.jpg
ライラ:「すごく可愛くなったよ!」
結衣:「ありがとう、沙耶ちゃん」

コンコン

結衣:「だれか来たみたい」
ライラ:「そういえば、今日って・・・」
沙耶:「10月31日よ。Trick or Treat?」
RIMG0164.jpg
結衣:「そうか、今日はハロウィンか」
梓沙:「私たちも来ちゃった」
紗織:「来たっちゃ☆」
沙耶:「お菓子は無いの? でも付けてくれたんだ、ヘアピン。今日は一日中遊びましょうね!」
RIMG0165.jpg
全員:「Happy Halloween?」
スポンサーサイト

No title

ラストのお話、ヘアピン素敵使ってくれてありがとです~^^
最後の集合写真もめちゃ嬉しいです☆

ハロウィンまでもうちょっとですね♪
冬音さんもこの子たちのお話のような
楽しいハロウィンを過ごしてくださいね^^

No title

えらくお久しぶりです♪
ショートスト-リーの方読みました!
第一印象は挿絵を用いて場面の表し方がよく出来てるな~と思いました^^

場面ごとに挿絵を入れてくださる事で想像が苦手な人もシーンが分かりますし、内容をより楽しめるからいいと思いますよ☆

といっても私のような低レベルな小説を書いている人の感想なんて価値ないですけどねw
一応そんな感じですか・・・ね

ショートだから急な場面もあったりしますけどこれをもう少し長くして内容を濃いくしていけば現時点の面白い小説の倍の面白さの小説が書けるんじゃないですかね・・・

ただ、何を言ったって誰も感想を書いてくれない独り言小説を書いてる私の言葉は本当に当てにならないですよ?ww

もし、また書くんでしたら忙しくない限りでは言ってくれましたら『ふら~』っと徘徊しますねw

充分楽しめるハロウィンショートストーリーでした!次回もこういう話を作るなら頑張ってくださいね
☆\(▽⌒\)
非公開コメント