FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

汽車は一日一度来る! (札沼線・新十津川駅)

Category : 北海道の鉄道
新十津川駅15
美鈴:今回は私がナビゲートしますね。
新十津川駅前にて。

新十津川駅04
札沼線・新十津川駅の発車時刻表です。
9:28に到着した列車が9:40に石狩当別駅へ向けて発車する。
それが全てです!

新十津川駅01
新十津川駅16
札幌駅の隣、桑園駅から新十津川駅を結ぶ札沼線(愛称・学園都市線)の終点、新十津川駅。
ここから4km離れた函館本線・滝川駅から約1時間歩いて到着したのが6:45。

新十津川駅02
(新十津川駅、待合室)
この後7:18に浦臼駅行きのバスに乗って、豊ヶ岡駅で撮影して9:28に再び新十津川駅へ戻る。
なので手短に撮影。

新十津川駅14
美鈴:1日1本しか汽車が来ない駅・・・ なんの為に存在するのしら?

続きは追記に書きます。続きを読むからどうぞ。
新十津川駅09
新十津川駅10
列車は1本しかありませんが、駅舎内は読み物も多く、ハートウォーミングです。
ただ12分で読める量ではありません。

新十津川駅11
駅から少し離れた役場前から特急停車駅の滝川行きのバスがそれなりに出ています。
新十津川から乗るより、バスで15分(230円)の滝川から札幌行きの特急列車に乗った方が遥かに便利なのです。

新十津川駅12
美鈴:新十津川という地名の由来は、奈良県の十津川村が水害に遭った時に被災民が入植したのがきっかけなのよね。
美鈴はよく勉強しています。 ざっくりですがその通りです。

新十津川駅13
美鈴:じゃあ、「札沼線」の由来は?
それは、「幌」と「石狩田(現・留萌本線)」を結んでいたから。
美鈴:御名答!

浦臼駅
7:18に滝川から新十津川役場を発車したバスは7:45に浦臼駅に到着。
ここから石狩当別方面の列車は1日6往復あります。
浦臼から新十津川は以前は3往復ありましたが、1往復に減便しました。
それで「極端にご利用者の少ない駅」って・・・ 
極端な減便→「利用者が少ない」→廃駅。かつての石勝線・楓駅や石北本線・上白滝駅などで見られた伝統の光景です。

豊ヶ岡
そして、「秘境駅」豊ヶ岡駅で美鈴を撮影した後、新十津川行きの列車に乗りました。

新十津川駅08
9:28定刻通り新十津川駅に到着した列車。 乗客は多いのですが、ほぼ全員鉄道愛好者でした。

新十津川駅03
晴れた日の新十津川駅。

新十津川駅06
新十津川駅07
新十津川駅の駅名標と名所案内。

新十津川駅19
鉄道ファンたちはこの12分間に写真を撮りまくります。 そしてほぼ皆さんそのまま折り返しの列車に乗ります。

新十津川駅17
美鈴:私たちもこの列車に乗るのよね?

新十津川駅22
午前9時40分、日本一早い最終列車の発車です。

新十津川駅21
美鈴:一路、札幌へ!

新十津川駅18
札沼線の車窓。札幌方面へは左側は国道275号、右は札幌市に入るまで田園地帯が続きます。

sapporo st01
札幌に入ってしばらくすると高架に。

sapporo st02
sapporo st03
札幌駅と改札口。 新十津川から来ると、このカルチャーショックがひどく新鮮に映ります。

新十津川駅04
ここで、もう一度新十津川駅の時刻表を見てみましょう。
もうね、全く違いますね。 しかし同じ「駅」なのです。 

新十津川駅20
札沼線沿線の自治体が製作したポスター。
廃線になる前に、1度札沼線に乗ってみませんか?
スポンサーサイト

はじめまして

はじめまして

いつもあのように拙い当ブログをご閲覧して頂きまして
ありがとうございます!

それにしてもとっても可愛い美鈴さんというドールですね!

このドールさんと北国の雪景色がとっても幻想的で素敵なため
初めてコメントをさせて頂きました。

この美鈴さんのブレザーとかスカートがとってもよくお似合いですね。
確かに「ちょっと寒そう・・」みたいな雰囲気はあるのですけど、
雪とドールというのもなにか不思議な相性のよさがあるみたいで、
白一面の世界に可愛いドールの皆様が大変映えるものが
あると思いました。

AM9:40の終電とは随分早いものがありそうですけど、
そうしたローカル話も大変興味深いものがあると感じました。

私自身、今現在は埼玉ですけど、元々の生まれは青森ですので、
やはり「雪」というと懐かしいものはあったりもしますね。

とても素敵な白銀の世界と美鈴さんを見させて頂き
ありがとうございました!

突然のコメント、大変失礼をいたしました。

Re: ぬくぬく先生さん

> はじめまして
> いつもあのように拙い当ブログをご閲覧して頂きまして
> ありがとうございます!
初めまして、「冬音のどーでもいい日記」の冬音です。 コメントありがとうございます~

> それにしてもとっても可愛い美鈴さんというドールですね!
> このドールさんと北国の雪景色がとっても幻想的で素敵なため
> 初めてコメントをさせて頂きました。
美鈴は、元々オビツ製作所さんから発売されたMISUZUです。ウィッグは替えていますけど。。。
最近は雪景色の駅×ドール写真が主になっていますが、春になったら色んな撮影場所に連れて行きたいと思っています。

> この美鈴さんのブレザーとかスカートがとってもよくお似合いですね。
> 確かに「ちょっと寒そう・・」みたいな雰囲気はあるのですけど、
ちょっと寒いですよねえ(笑) この上にコートを1枚着たくらいが女子校生の標準ですかね。
私の場合、和服の方が洋服より多いという事情もあって、あまりコート類は持っていないのですよ。

> 雪とドールというのもなにか不思議な相性のよさがあるみたいで、
> 白一面の世界に可愛いドールの皆様が大変映えるものが
> あると思いました。
それは、雪景色という「静」に人形という「静」が上手に噛み合っているからではないかと。
逆に、「動」(例:お祭り)の景色に「動」(例:神輿を担ぐ人々)もまた噛み合います。

> AM9:40の終電とは随分早いものがありそうですけど、
> そうしたローカル話も大変興味深いものがあると感じました。
以前は1日3本あったのですが、利用者が少なく1本に減便となりました。
そのお陰で、新十津川駅まで乗ってくる鉄道ファンも大きく増えました。
最近は、ドール写真よりローカル話の割合が高いですが、御容赦ください。

> 私自身、今現在は埼玉ですけど、元々の生まれは青森ですので、
> やはり「雪」というと懐かしいものはあったりもしますね。
北海道だと、4月くらいまでは雪景色の写真が続くと思います。
3月くらいになると、本州の梅や桜のお花見の記事とかが羨ましくなります~

> とても素敵な白銀の世界と美鈴さんを見させて頂き
> ありがとうございました!
こちらこそ。また遊びに来て下さいね~
非公開コメント