FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

海が近すぎる駅 (室蘭本線・北舟岡駅)

Category : 北海道の駅
北舟岡駅01
この写真は合成ではありません。
北海道の駅で、「海が見える駅」といえば私はここを挙げたいです。
私自身「北海道のほぼ真ん中」に住んでいるので、海が見える駅というのは新鮮ではないでしょうか。

北舟岡駅02
それが、北舟岡駅(室蘭本線)です。 写真は伊達紋別・長万部(おしゃまんべ)方面。
写真は、貨物列車を追い抜く函館発札幌行き特急スーパー北斗です。
この駅は左に内浦湾と火力発電所、右に有珠山を望む絶景駅だと思っています。

北舟岡駅03
瑞季:風が強すぎるって! 寒い!
予報では5m位だったのですが、実際は13mの風が吹いています。

北舟岡駅04
2016年のクリスマス(撮影日)から参加した新人さん、白雪(しらゆき)です。
東室蘭駅で、列車乗り換え待ち時間が約50分あり、室蘭のおもちゃ屋で現地スカウトしました。
ボブの髪型というのが、風が強かった室蘭本線シリーズでの撮影に活躍してくれました。
スカートがぶわっとしている所に風の強さが垣間見えます。

北舟岡駅05
特急スーパー北斗の新塗装バージョンです。
特急列車はフルスピード(Max120km/h)で駅を通過していくのでホームに立っていると怖いですよ。

追記にも、駅や娘の写真を乗せておきます。
続きを読むからどうぞ。
北舟岡駅06
北舟岡駅は元々昭和19年に「伊達舟岡信号場」として設置、その後1度廃止。
昭和38年に「舟岡信号場」として再設置、昭和55年に仮乗降場になり、昭和62年JR北海道になった際に駅に昇格した歴史があります。

北舟岡駅07
北舟岡駅 駅舎
この駅がある伊達市・舟岡地区の由来は・・・
1871年、戊辰戦争の後、仙台藩柴田家中が片倉家中と共に北海道のこの地に入植した歴史から来ています。
伊達騒動(=仙台藩のお家騒動)での主要人物である仙台藩家臣・原田甲斐の城下町だった現・宮城県柴田町の船岡地区から、「船」を「舟」と替えて故郷の地名を付け、「船岡」駅が既に柴田町にあったので「北」を付け「北舟岡」駅となりました。

北舟岡駅08
白雪:この北国の小さな駅と戊辰戦争が繋がるなんて、考えもしなかったわ・・・

北舟岡駅10
北舟岡駅09
跨線橋から室蘭方面を望む。(函館行スーパー北斗)

北舟岡駅11
海が見える駅ということで、真凛もこの日の旅に参加。

北舟岡駅13
瑞季:そろそろ駅の中に入らない? ホントに寒くなってきたわ。
今回の旅行シリーズでは瑞季にミカヅキのウィッグを被せてみました。


北舟岡駅12
北舟岡駅 内観。

北舟岡駅14
駅の中には、この駅で撮られた写真が飾ってありました。
この駅から見る夕焼けは、それは素晴らしいものがあります。
しかし現在駅舎は解体されました。 ホームは修繕されるそうですが・・・
仮の駅舎としてプレハブ小屋が置かれていますが、新しい駅舎はできるのか・・・?

北舟岡駅16
この駅ノートは7冊目です。

北舟岡駅15
この駅の利用者はなかなか多いです。
隣の駅に高校があることや、室蘭に向かう客が主な利用者となっております。

北舟岡駅17
瑞季:海はすごく美しいのよね、ただ風が・・・ 早く撮って~

北舟岡駅18
色味を少し加工してみました。

北舟岡駅19
私はこの駅に来たとき、ホームからの景色に感動しました。
でもきっと、ホームに立つ女子学生たちには友人の顔しか見えていないでしょう。
気紛れに訪れた旅人と、日常で利用する学生たち。
北舟岡駅22
乗客の夢と希望を乗せて、列車は次の駅へと発っていく。
そんな景色がいつまでも、いつまでも続いて欲しいです。

北舟岡駅20
この駅にはのんびり走るキハ40が似合います。 
この汽車に乗り、次の駅へと・・・

北舟岡駅21
日が暮れる直前の北舟岡駅の様子。
この駅は夕暮れ時が最高の絶景です。

駅選びの基準は、「自分が今見たい、行きたい駅」を冬音目線でチョイスしています。
とはいっても、函館や根室方面は遠すぎて行けなさそうです。
スポンサーサイト

No title

海が凄いですー 台風がきたら運休なんでしょうね

雪がなくなりつつあります 春なんですねー

過去の記事を見返しますと 季節の変化をあらためて 感じます 日差しもなんか違うような感じです

日暮れの様子も圧巻です

No title

海が見える駅って素敵ですね。
って、こんなに近いんですか!?
海に浮かんでいるみたいですね。
夕暮れはすごくいい府に気なんでしょうね。
絶景すぎて目頭が熱くなったりして……

ご訪問、ありがとうございます。

こんばんは。
初めまして。ご訪問、そして興味深い記事をありがとうございます。
今日の海の見える駅ですが、カリフォルニアにもありますよ!
湾のすぐ側を走る線があるので、それはなかなか綺麗です。
(私は乗りませんが、列車を見ることはあります!)
崖の下が海と云う駅が、カリフォルニア南部にあります。
が、日本の本州を走る海岸線沿いの線の長さには、負けると思います!
お時間のある時には、またぜひ遊びにいらしてください!

No title

こんにちは

アンも内陸地域なので 海の風景は憧れです・・
室蘭方面は まったく 縁がないので 距離を感じます

こちら方面で海が見える駅といえば 釧網線 北浜駅です・・
太平洋とはまた ちがった趣の オホーツク海は いつも鉛色です・・釧網線も廃止対象路線で 存続危うい ほそーーーい糸の
ような路線です・・

最近大人りかちゃんが ブレイクしてるそうで・・アンも
興味深々です・・買おうかなあ・・・・

Re: satomiさん

satomiさん、コメントありがとうございます。

> 海が凄いですー 台風がきたら運休なんでしょうね
台風が来たら運休になりますね。
海が近いということは高波の被害を受けやすいということで、同じく海沿いを走る日高本線の廃止が決定しました。

> 雪がなくなりつつあります 春なんですねー
これは昨年12月25日に撮影したもので、駅のある伊達市は「北の湘南」を名乗っていて、北海道でも特に雪の少ない地域です。
逆に12月30日に撮影したのが3つ前の記事の安牛駅です。
北海道って何せ広いものですから。。。

> 過去の記事を見返しますと 季節の変化をあらためて 感じます 日差しもなんか違うような感じです
これからは12月頃の写真と3月頃の写真がごっちゃになって登場してくると思いますが、宜しくです。

> 日暮れの様子も圧巻です
夕暮れ時はもう絶景ですよ~ 
ただ最近、駅前が宅地造成かな?で変わりつつあるので現在はどうなっているのか分からないです。 

Re: かめととさん

かめととさん、コメントありがとうございます。

> 海が見える駅って素敵ですね。
> って、こんなに近いんですか!?
> 海に浮かんでいるみたいですね。
海が見える駅。留萌本線の留萌~増毛の間は見事だったのですが昨年廃止されてしまいました。
海が見える駅の中でも、ここまでホームに接近している駅は、北海道では他に大狩部駅(日高本線)しか思いつきません。
北海道では桂川駅(函館本線)も廃止され、だいぶ少なくなってしまいました。

> 夕暮れはすごくいい府に気なんでしょうね。
> 絶景すぎて目頭が熱くなったりして……
北舟岡駅の画像検索で見ると素晴らしいです。
風がなければ、跨線橋の上や海側のホームから海を眺めていたいですね。

Re: yokoblueplanetさん

> こんばんは。
> 初めまして。ご訪問、そして興味深い記事をありがとうございます。
こちらこそ初めまして。 管理人の冬音と申します。
北海道の鉄道は危機的で、15年以内に現在の路線の半分が廃止されそうな状況です。
今でこそ利用者のいない(1日1人以下の)駅でも、そこには歴史があり人がいたはず。
そこに興味を持っています。

> 今日の海の見える駅ですが、カリフォルニアにもありますよ!
> 湾のすぐ側を走る線があるので、それはなかなか綺麗です。
> (私は乗りませんが、列車を見ることはあります!)
米国の鉄道事情はほとんど分からないのですが、日本とは全く違った雰囲気なのでしょうねえ。
一度、写真で見てみたいですね~

> 崖の下が海と云う駅が、カリフォルニア南部にあります。
> が、日本の本州を走る海岸線沿いの線の長さには、負けると思います!
> お時間のある時には、またぜひ遊びにいらしてください!
海岸線を走る列車は、趣があって好きです。しかし、山間部を走る列車も好きです。
北海道ローカルなブログですが、こちらこそ、また遊びに来て頂ければ幸いです。

Re: アンさん

> こんにちは
アンさん、コメントありがとうございます。

> アンも内陸地域なので 海の風景は憧れです・・
> 室蘭方面は まったく 縁がないので 距離を感じます
内陸にずっと住んでいると、海に対する本能的な憧れみたいなものがあります。
ずっと海沿いに住んでいたら、逆になるのでしょうかね?
札幌に住んでいた頃は、新千歳空港より南に行ったことがありませんでした。
当時は、札幌近郊路線図に掲載されている苫小牧駅より先は、遥か向こうの場所という印象でした。

> こちら方面で海が見える駅といえば 釧網線 北浜駅です・・
> 太平洋とはまた ちがった趣の オホーツク海は いつも鉛色です・・釧網線も廃止対象路線で 存続危うい ほそーーーい糸の
> ような路線です・・
釧網本線は何せ遠くて。。。 まず旭川から網走まで行って、それからですしねえ。
車で行くにも遠すぎる場所です。 でも行ってみたい駅はいくつかあります。
北浜駅も、流氷シーズンには賑わっている駅ですよね。 
今冬は行けなかったですが、夏頃に行きたい場所ではあります。

> 最近大人りかちゃんが ブレイクしてるそうで・・アンも
> 興味深々です・・買おうかなあ・・・・
大人向けのリカちゃんは2つあって、ビジューシリーズが5000円位、スタイリッシュドールコレクションは1万円以上します。
今回登場した2人はビジューシリーズのリカちゃんです。
髪の毛に癖がついていたり、サンプル写真の様にはならなかったりしますが、そこは愛情でカバーしてください(笑)

No title

こんにちわ~。
北舟岡駅、めちゃくちゃ海が近いっ!
夕日は絶景ですね~♪(*´∀`)
そして青い陸橋の上を歩く瑞季ちゃん素敵です(*^^*)
陸橋の先に見える海って、なかなか無い景色ですね~!

Re: めろ子さん

> こんにちわ~。
めろ子さん、お久しぶりですね。 訪問ありがとうございます。

> 北舟岡駅、めちゃくちゃ海が近いっ!
意外に海が近い駅は少なく、間に民家があるようなパターンもありますがここは100%オーシャンビューです。
その分、風が強い時はどうもならないのですが(笑)

> 夕日は絶景ですね~♪(*´∀`)
これは、帰りの汽車の車内の窓から撮りました。
天気のいい日があれば遠いですが、またここまで来たいなと思わせる景色でした。

> そして青い陸橋の上を歩く瑞季ちゃん素敵です(*^^*)
> 陸橋の先に見える海って、なかなか無い景色ですね~!
海沿いの駅は、橋が無いホーム1つだけの駅も多く貴重なものです。
訪問した際には、地元の人の散歩コースにもなっていました。
風は強かったですが、素敵と言ってくれてありがとうございます。

こういう「波の見える風景」の駅も素敵ですね!

確かに・・・
真冬の北の海の近くの駅ですと冷たい風がビュービュー吹いて
さぞかし冷たく寒いのかもしれないですね。
新人の白雪さんの白いスカートがふわっと舞っているのも
なんだか素敵な風のイタズラなのかもしれないですね・・(笑)

海が無い県の代表格みたいな(?)埼玉県在住の私としては、
たとえ冬は寒くても、こういう素敵な波の見える風景が楽しめる駅
というのは素敵ですし、例えなかなか電車がやってこなくても
全然退屈しないで過ごせそうな駅でもありますね、

この駅から見える夕暮れの風景もかなり美しいものがありそうですね。

No title

はじめまして。
ふすまさんの所から来ました。

母の実家が近くて、小さい頃は伊達市に住んでいた事もあるので懐かしくなって書き込みました。
帰省しても基本的に特急で通過してしまうので、この駅は知りませんでしたが…そもそも記事を読んだら、ここが正式に駅に昇格する前後に私は北海道を離れてますね^^;

母方の祖母の実家は伊達家の家臣で、母が幼い頃は伊達家の当主が馬車に乗って畑に行くのを、よく見物に行ったそうですw
小学校にも伊達邦成公の写真が飾られていました。

ちなみに父の出身地は、小幌駅の隣のあたりですw
秘境駅なんて言葉もずいぶん後に知ったので、あそこがそんな風に呼ばれていたなんてビックリしました。

長々と語ってしまい失礼しました。
また寄らせていただきます。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> 確かに・・・
> 真冬の北の海の近くの駅ですと冷たい風がビュービュー吹いて
> さぞかし冷たく寒いのかもしれないですね。
この駅のある伊達市は、太平洋側にある街で、北海道でもかなり温暖な地域です。
ですが、寒くて撮っては待合室に入り、また外に出ては撮って戻りの繰り返しでした(笑)

> 新人の白雪さんの白いスカートがふわっと舞っているのも
> なんだか素敵な風のイタズラなのかもしれないですね・・(笑)
リカちゃん人形の白雪さん、北舟岡に合うんじゃないかなあと想像していて乗り換え待ちの間に手に入れたのですが、来てくれて佳かったです。

> 海が無い県の代表格みたいな(?)埼玉県在住の私としては、
> たとえ冬は寒くても、こういう素敵な波の見える風景が楽しめる駅
> というのは素敵ですし、例えなかなか電車がやってこなくても
> 全然退屈しないで過ごせそうな駅でもありますね、
埼玉は海がありませんからねえ。 
札幌圏以外はほぼ電車は無く、汽車ですが普通列車のみ1日10往復停車します。 少ないでしょうか?
普通列車以外にも、特急列車や貨物列車がかなり多く駆け抜けていくのでなかなか退屈せずに過ごせます。

> この駅から見える夕暮れの風景もかなり美しいものがありそうですね。
それはもう、素晴らしいです! といってもなかなか来れる場所ではないのですが。

Re: tokuburaさん

> はじめまして。
> ふすまさんの所から来ました。
tokuburaさん、初めまして。コメントありがとうございます。
管理人の冬音と申します。

> 母の実家が近くて、小さい頃は伊達市に住んでいた事もあるので懐かしくなって書き込みました。
> 帰省しても基本的に特急で通過してしまうので、この駅は知りませんでしたが…そもそも記事を読んだら、ここが正式に駅に昇格する前後に私は北海道を離れてますね^^;
特急列車はこうした小さな駅はあっという間に通過してしまいますね。
この場所が駅になったのは、街の宅地開発がこのあたりまで広がって行ったからなのでしょう。 


> 母方の祖母の実家は伊達家の家臣で、母が幼い頃は伊達家の当主が馬車に乗って畑に行くのを、よく見物に行ったそうですw
> 小学校にも伊達邦成公の写真が飾られていました。
伊達市の小学校には邦成公の写真が飾られているのですね! それは知りませんでした。

> ちなみに父の出身地は、小幌駅の隣のあたりですw
> 秘境駅なんて言葉もずいぶん後に知ったので、あそこがそんな風に呼ばれていたなんてビックリしました。
小幌、昔は漁師が住んでいたと聞いてはいましたが。。。
「秘境駅」の基準は、言葉は悪いですが「駅から見て、いかに何もないか/列車で訪問しずらいか」をランキングしたものだそうです。
駅に通じる道路が無い(獣道はあります)、3方が山やトンネル、南は急な崖下の海。 鉄道でしか実質訪問できない点がすごいのだそうです。 

> 長々と語ってしまい失礼しました。
> また寄らせていただきます。
伊達市のことはあまり存じ上げていなかったので、面白く貴重な話でした。
また是非来て下さい!
非公開コメント