FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

瑞季と秋の富良野デート① (富良野線・学田駅)

Category : 北海道の駅
富良野 学田駅10
瑞季:列車、まだかな・・・

富良野 学田駅14
先月、瑞季を連れて主に富良野で撮影してきました。
衣装は昔のボークス製のものです。

富良野 学田駅01
富良野 学田駅02
富良野 学田駅03
第1回は、富良野線の学田駅で撮った写真になります。
旭川と美瑛、富良野を結ぶ富良野線。その富良野の隣りの駅です。
開業は昭和33年。
駅名の由来は、駅周辺の土地が、札幌農学校の演習田畑になっていたことから地名と共に名づけられました。

富良野 学田駅08
追記にも写真を載せておきます。続きを読むからどうぞ。
富良野 学田駅05
木のホームに座る瑞季。秋のそよ風が気持ちよさそうです。 この日は1日中いい天気でした。 
一直線に伸びる線路っていいですよね。

富良野 学田駅06
靴の広告風に。この段差は足を滑らせないようにあります。

富良野 学田駅07
瑞季:空気のいい所ねえ~ 

富良野 学田駅09
瑞季の持っているトランクは、札幌の人形作家さんから譲っていただいたものです。

富良野 学田駅11
瑞季:マスターとデートなんて、いつぶりだろう? それも秋の富良野。

富良野 学田駅12
後ろから。 向こうにある道路が国道237号線です。

富良野 学田駅13
瑞季:この場所から、どんなデートが始まるのかな? ちょっと楽しみ。

富良野 学田駅04
踏切から美瑛方面。 富良野シリーズは4回くらいを予定しています。
この後は富良野市内の公園に行ってきました。それは第2回で。
スポンサーサイト

秋の瑞季さん

同じ「駅舎でのドール撮影」という事でも雪が無い秋と冬とでは
全然印象が異なって見える感じがしますよね!

冬には冬の風情があり、秋にはしっとりとした味わいの
風情が写真からでもよく伝わっているのがとても秀逸だと
感じたものです。

秋の瑞季さんはとっても可愛いですし、このホークスの衣装が
とてもよくお似合いだと思います。

誰もいない駅舎でのドール撮影は、ある意味やりたい放題で
こののびのび感が素敵に伝わってくる
秋の瑞季さんだったと思います。

Re: ぬくぬく先生さん

ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

> 同じ「駅舎でのドール撮影」という事でも雪が無い秋と冬とでは
> 全然印象が異なって見える感じがしますよね!
雪のある時期のこの駅は寒々しいですし、ロケーション的にもあまり良くは無いのです。
反対に、昔ながらの木造駅舎は雪が積もった真冬が北海道らしくて良いのです。
季節感はある程度意識していますが、記事にする頃には季節感が0になっていくのですよ(笑)

> 冬には冬の風情があり、秋にはしっとりとした味わいの
> 風情が写真からでもよく伝わっているのがとても秀逸だと
> 感じたものです。
秋の田園地帯というのは北海道のどこにでもあるようで、そうでもないということが鉄道旅から見えてきます。
冬音的に、田園風景(稲作)は札幌旭川間が一番味わえるのではないでしょうか。

> 秋の瑞季さんはとっても可愛いですし、このボークスの衣装が
> とてもよくお似合いだと思います。
過去にも、瑞季にこの衣装を着せて公園で撮った写真があるのですが、この衣装はいつも瑞季が着ています。
他の子でも似合わないということは無いのでしょうけど。。。

> 誰もいない駅舎でのドール撮影は、ある意味やりたい放題で
> こののびのび感が素敵に伝わってくる
> 秋の瑞季さんだったと思います。
この頃は鉄道に興味は無く、駅は背景素材としてしか見ていませんでした。
だから結構やりたい放題撮っていました。 今は駅舎をリスペクト?しているのでそうでもないですが。
駅を利用する人は少ないですが、隣を走る道路は結構車が通っていました。
非公開コメント