FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

燈の旅#13 おたる雛めぐり編

Category : 燈の旅
燈 小樽運河31
燈ちゃんとの小樽観光記も最終回です。

燈 小樽運河32
今回は「おたる雛めぐり」と、カフェなどの紹介ですかね。
去年のおたる雛めぐりの様子はこちらから・・・
雛人形の写真は去年の方が多いです。

その様子は追記から。。。
燈 雛めぐり12
燈 雛めぐり08
燈 雛めぐり09
燈 雛めぐり01
燈 雛めぐり02
燈 雛めぐり03
燈 雛めぐり04
燈 雛めぐり05
燈 雛めぐり06
燈 雛めぐり07
燈 雛めぐり10
燈 雛めぐり11
燈 雛めぐり13
燈 雛めぐり14
燈 雛めぐり17
燈 雛めぐり18
田中酒造 亀甲蔵にて
ここは小樽市内でも特に多くの雛人形を展示しています。
見渡す限りのひな人形は圧巻ですね~
つるし雛や貝に入ったおひな様も可愛らしいです。


燈 雛めぐり15
燈:すごい・・・ こんなにお雛さまがいっぱい・・・
冬音:せやろ? この景色を見てもらいたくて小樽まで連れてきたんだから。

燈 小樽運河31
燈:せっかくだし、ここでも写真を撮っていきましょう!
冬音:よっしゃ、そう来ないとな!

燈 雛めぐり16
冬音:これでいいんじゃないかな?
燈:この写真も旅の記録になるのよね。
冬音:さて、小樽駅からけっこう歩いたし、カフェで一休みしようか。
燈:そう?いいお店知っているの?
冬音:いや。割引券が付いている所だけどね。雰囲気はいいと思うよ。
燈:あなたが褒める所なら雰囲気も良いのでしょう。そこに行きましょう。


燈 雛めぐり47
燈:ここ? なんか歴史がありそうな建物ね。岡川薬局?
冬音:ここで間違いないよw

燈 雛めぐり46
燈:ここって薬局じゃないの?

燈 雛めぐり44
燈:だって「くすり」って書いてあるし。

燈 雛めぐり43
燈 雛めぐり45
冬音:説明するとちょっと長くなるんだけどね・・・

昭和5年に建造された岡川薬局は、4代続いた薬局の歴史に2005年、その幕を下ろしました。それに伴い、岡川さん夫婦は娘さんの住む札幌への移住を決意され、建物の今後をどうしていくか、という課題が生まれます。
岡川薬局は1995年に、小樽市が認定する歴史的建造物の32番目に指定されています。建造当初に流行だった、マンサード屋根(二重勾配屋根)とドーマ窓(屋根裏のアーチ窓)というデザインが採用され、巨額の費用を投じて、1930年に建物は建造されました。また、海運・運河の街として成長した、小樽の象徴としての石蔵も建物の奥に建造されました。
その後、解体の可能性を含め、建物の今後が様々に議論されていきます。

岡川薬局は2009年の9月、小樽出身の建築家・アートディレクターの福島慶介が買い取り、自身が代表をつとめる「N合同会社」で建物の保存活用の取り組みを始めました。計画の軸は「ゲストハウス」と「カフェ」で、ワーキングステイ制を活用しながら『まちの縁側作り』を目指しています。
リノベーションは、石蔵のサンルーム化を含めたかつての改修を担当し、長年この建物の営繕をしてきた㈱福島工務店の棟梁が再び担当する形となり、20年前のその工事をなぞるかのように行われました。

小樽市の歴史的建造物の認定を受けている歴史的な空間と、改修により生まれ変わったお洒落な空間を活用し、「似て非なるものの連続」と「絶えざる変化」をテーマに、観光都市におけるビジネスモデルの提示を目標としています。
市内外の人を繋ぎ、歴史や世代を繋ぎ、かつて小樽の賑わいの発祥であるこのエリアにもう一度新しい展開を作り、再びこの地域から街を盛り上げ、さらには古い建物を活用した小樽スタイルの普及も視野に活動を続けていきます。
かつて、薬を提供することで地域を支えていた建物が、あらたな薬(比喩的に)を街に提供し、様々な価値を生み出していける場所を目指しています。

・・・という事なんだよ。
だから今はリノベーションして、(旧)岡川薬局として街に生きているんだ。

燈 雛めぐり26
燈 雛めぐり27
燈 雛めぐり28
燈 雛めぐり33
燈 雛めぐり37
燈 雛めぐり39
燈 雛めぐり40
燈 雛めぐり35
カフェの雰囲気。

燈 雛めぐり38
このお店も「おたる雛めぐり」の参加店です。


燈 雛めぐり30
燈 雛めぐり31
燈 雛めぐり32
店内にはファミコンのゲームコーナーがあります。

燈 雛めぐり36
メニュー。「処方箋」というのがまた面白いですね。


燈 小樽運河32
燈 雛めぐり19
おたる雛めぐりは集めたスタンプの数によってさまざまな景品があります!

燈 雛めぐり20
それぞれの参加店が、いつ営業していて、どの期間雛人形を展示しているかが分かるページ。
休みの日があったり、数日間しか展示しないお店があったり、全部集めるのは難しいですよ~

燈 雛めぐり24
お店によっては☆がついた日にイベントを開催します。

燈 雛めぐり21
参加店一覧。全部で50箇所あります。

燈 雛めぐり22
お店によっては特典があります。例は「おたる政寿司 本店」のものです。

燈 雛めぐり23
これは(旧)岡川薬局のものです。

燈 雛めぐり41
自家焙煎珈琲(500円→400円)
パンフレットを見せるだけでこうした特典が受けられます。

燈 雛めぐり42
冬音:今日の旅は楽しかったかい?
燈:うん、楽しかった! ただ・・・

燈 雛めぐり53
小樽雪あかりの路も見てみたかったなあ・・・
冬音:いや~夜撮るのって難しいし観光客も多いし無理だよ~

(旧)岡川薬局
小樽市若松1-7-7
cafe定休日無し
11:00~27:00
日・月・祝日のみ~22:00


燈 雛めぐり48
岡川薬局に別れを告げてJR南小樽駅。
札幌行きの乗車券を買ってホームに降りる。
でもやっぱりアレは諦められないよなあ・・・
とりあえず、改札を通らなければいいよな~

燈 雛めぐり49
という事で反対方向の小樽行きの電車に乗って裕次郎と2ショット!
やっぱりこれがやりたかったんですよ。

燈 雛めぐり50
こうすると身長差が凄いですね~
石原裕次郎:182cm(公称)
燈ちゃん:約30cm
ぜんぜん違いますねw
ちっちゃいのに偉そうなポーズの燈ちゃんが微笑ましいですね。

燈 雛めぐり51
燈:11時過ぎに来たのに、もう5時だね。
冬音:そうだね。「渋谷で5時」ならぬ「小樽で5時」だね。
燈:なにそれ?

燈 雛めぐり54
ざわめく交差点の 風の中で
僕より先を急ぐ この想いが


10分前 ちらちら見てる腕時計さ
ときめきと云う 坂をのぼれば逢える

今日は小樽(渋谷)で5時 ふたりでサボタージュ
ちょうど小樽(渋谷)で5時 そう今から恋が始まる

渋谷で5時/鈴木雅之・菊池桃子)
ってね。

燈 雛めぐり52
という事で小樽編でした。
スポンサーサイト

こんばんは!

燈ちゃんの旅、お疲れ様でした(*´ω`*)
今回、燈ちゃんが穏やかでしたね。
旅の中で少し成長したのでしょうか。

沢山の雛人形、圧倒されますね
掛け軸なんていうのもあるんですね~
これなら片付けも楽でいいかも!?

(旧)岡川薬局、古い建築物がこうやって残されていくのを見ると、少し嬉しい気持ちになります。
でも、老朽化に伴う維持費の増大など、大変なことも多いのでしょうね(´・ω・`)


こんばんはー

燈ちゃんとの小樽観光お疲れ様です。
凄い数の雛人形ですね~
さぞかし歴史ある人形ばかりなのでしょう。
雛めぐりも期間があるようで、休みマークが結構ある中、田中酒造さんは無休だったようで^^
でも、5箇所以上回れば抽選には参加出来るんですね~

岡川薬局も中は素敵なCAFEに大変身してますね。
薬を受け取るところ等はちゃんとそのまま保存してあるところがいいですね。

裕次郎との身長差は仕方が無いにしても、裕次郎ってかなり足が長く見えます。
燈ちゃんはこの旅を通じて素敵なレディーになれたかな?

美味しそうなハヤシライス☆
魅惑の音を奏でるオルゴール♪
そして沢山の雛人形(-_-)←(!?)
小樽の旅編、数回に渡り楽しませて頂きました^^

中でも興味を持ったのはオルゴール☆
本当に様々なオルゴールがあるのですね♪
鳥オルゴールがあるなら「ひよこオルゴール」も作って欲しいです^^(笑)
そしてやはり西洋人形とオルゴールって合いますね

雛人形めぐりは見渡す限り雛人形ですごいですね☆
これだけ雛人形がいると、「人形を見に行く」というより
「人間が人形に見られに行く」という表現の方が正しい気がしてきました^^;

最後に訪れたカフェも薬局の面影がよく見ると残っているので面白いですね^^

Re: むらまっはさん

> こんばんは!
むらまっはさん、コメント有難うございます。

> 燈ちゃんの旅、お疲れ様でした(*´ω`*)
> 今回、燈ちゃんが穏やかでしたね。
> 旅の中で少し成長したのでしょうか。
単にけっこう歩いてわがままをいうだけの気力が無かっただけだと思いますw
でも今回は大人しかったですね。普段もこうだといいんだけど。

> 沢山の雛人形、圧倒されますね
> 掛け軸なんていうのもあるんですね~
> これなら片付けも楽でいいかも!?
市内50箇所に展示されてますが、今回の旅で取り上げたのはほんの少しです。
掛け軸タイプは確かに楽そうですね。巻いてしまうだけですしw

> (旧)岡川薬局、古い建築物がこうやって残されていくのを見ると、少し嬉しい気持ちになります。
> でも、老朽化に伴う維持費の増大など、大変なことも多いのでしょうね(´・ω・`)
そうでしょうね~ リノベーションする時に大規模に改修、補強したと思うので暫くは大丈夫でしょうが。。。
でも古い建物がこうして生まれ変わると「雰囲気」のあるお店になるんですよね~

Re: でぃあずさん

> こんばんはー
でぃあずさん、コメントありがとうございます。

> 燈ちゃんとの小樽観光お疲れ様です。
> 凄い数の雛人形ですね~
> さぞかし歴史ある人形ばかりなのでしょう。
今年はどうか分かりませんが、小樽の文学館には江戸時代の雛人形が展示されていました。
一箇所の展示としてはここが一番多かったです。
岡川薬局みたいに1つだけの場所も多いですよ。

> 雛めぐりも期間があるようで、休みマークが結構ある中、田中酒造さんは無休だったようで^^
> でも、5箇所以上回れば抽選には参加出来るんですね~
5箇所なら小樽運河周辺を回るだけでも集まりますよ~
是非、でぃあずさんも小樽に観光する機会がありましたら是非。。。

> 岡川薬局も中は素敵なCAFEに大変身してますね。
> 薬を受け取るところ等はちゃんとそのまま保存してあるところがいいですね。
よく気づきましたね~ キッチンが調剤室だった名残が残ってますねw
こうしたリノベーションカフェも含めて、小樽には海が良く見えるカフェがあったり、新旧入り混じった雰囲気が楽しいです。

> 裕次郎との身長差は仕方が無いにしても、裕次郎ってかなり足が長く見えます。
> 燈ちゃんはこの旅を通じて素敵なレディーになれたかな?
石原裕次郎も当時にしてはかなり大きな人でしたから。。。
当時の女性に凄く人気があったのも納得ですねw
燈ちゃんはハヤシライスのグリーンピースも我慢して食べてましたし、ちょっとずつだけど成長しているのかも知れません。燈ちゃんの小さな歩幅くらいの速度かもですけど、確実に大きくなっています。

Re: ぴよちさん

ぴよちさん、コメントありがとうございます。

> 美味しそうなハヤシライス☆
> 魅惑の音を奏でるオルゴール♪
> そして沢山の雛人形(-_-)←(!?)
> 小樽の旅編、数回に渡り楽しませて頂きました^^
楽しんでいただけましたか! それは嬉しいですね~
他にも小樽は面白い観光スポットがたくさんあるのですが、いつかそれも紹介できれば良いなと思っています。

> 中でも興味を持ったのはオルゴール☆
> 本当に様々なオルゴールがあるのですね♪
> 鳥オルゴールがあるなら「ひよこオルゴール」も作って欲しいです^^(笑)
> そしてやはり西洋人形とオルゴールって合いますね
あそこ程たくさんのオルゴールがあるスポットもそう無いでしょうしね・・・
ひよこオルゴール。。。 小樽には無かったと思いますが本州のお店ならあるかもしれませんね。
西洋人形とオルゴールは本当によく合いますよ~
ホントは燈ちゃんを椅子に座らせたかったけど監視の目が・・・

> 雛人形めぐりは見渡す限り雛人形ですごいですね☆
> これだけ雛人形がいると、「人形を見に行く」というより
> 「人間が人形に見られに行く」という表現の方が正しい気がしてきました^^;
これでもほんの一部ですけど、本当にたくさんの雛さまに会いにいくことができました。
例年、展示されている雛人形はあまり変わりませんので、お気に入りの子に逢いに行くという楽しみ方もあります。
市内の自動車ディーラーやコンビニでも展示をしていてスタンプをくれるので楽しいです。
非公開コメント