FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

燈の旅#43 豊平館 part1

Category : 燈の旅
燈 豊平館01
燈 豊平館02
今回は、主に2012年の冬から春にかけてシリーズ化していた「燈の旅」シリーズの蔵出し、そして完結編となる「豊平館」での写真です。
豊平館は現在耐震工事中で入れませんが、昔天皇陛下が宿泊した歴史のある場所なのです。
昔は皇族かお雇い外国人しか宿泊できなかった時代もあります。
歴史については、書くと長くなるので『この記事』←リンクから見てください。

「燈の旅」シリーズを見たことがないという方は是非左下のカテゴリから「燈の旅」をクリックして眺めてください。

燈 豊平館05
燈:ここをわたしの部屋にする~

燈 豊平館03
燈 豊平館08
燈 豊平館09
「梅の間」 実際に天皇陛下が宿泊した部屋を再現した場所です。

燈 豊平館06
燈:もちろんこのベッドはわたしの独り占めね。

燈 豊平館04
燈:む~ なんで立ち入り禁止なのよ~

燈 豊平館07
次回も燈ちゃんとの観光写真をが続きます。
スポンサーサイト

日陰者と日向者

Category : 北海道ドール紀行
dazzle pink01
桜の下、読書をするあい様。

今回はあい様とのお花見撮影、後編になります。
何となく自分が苦手な寸劇調にしてみました。結構長いので飽きたら写真だけでも眺めて行ってください。






dazzle pink10
杏「ごきげんよう、○○(苗字)さん」
―――早朝、桜舞う春の坂道を登ると、そこにいたのは生徒会長の今江 杏(いまえ あん)さんだった。
ストレートな長い黒髪、小さく整った顔。スタイルだってきれいなモデル体型。この学園に通っている者なら誰でも知っている有名人。人気も人望もあって日陰者な「わたし」とは対照的な人。そして一生縁がないと思っていた人。

dazzle pink06
杏:あなたもこの場所を知っているの? 
「ええ・・・」
『聖域』に存在する異常分子に向かって「わたし」は控えめにそう返事をした。

桜舞うこの約束の地で03
―――中高一貫校の広い学園にひっそり佇む中庭。そこはほとんど人の来ない、「わたし」の『聖域』。
この『聖域』は、春にはソメイヨシノ、夏にはラベンダーなど季節毎に様々な景色を見せてくれる。
しかし本校舎からは離れていて生徒はあまり来ない。だから独りになりたい時などに「わたし」はこの場所に来ている。

dazzle pink07
杏:こうして春の陽ざしの中、何もしないでのんびり過ごすのもいいわね。
鞄をベンチに置き、そよ風を感じ、手を広げる生徒会長。
桜の花びらが風に舞い、長い黒髪が微かに揺れる。
この時期の生徒会は仕事が多く、会長もいつも忙しそうにしているのを知っている。
なるべく会長の邪魔にならないように、「わたし」はその様子を遠目に見つめた。

(・・・・・・・・・)
春の陽ざしを浴び、とても絵になっていると「わたし」は感じた。
やはり地味な「わたし」より、『日向者』の会長の方がこの『聖域』に相応しいのではないか。
会長なら桜の季節が過ぎ去っても、夏になってもきっとこの場所が似合うのではないだろうか。
短い思考の後「わたし」はそっと、この『聖域』から出ることにした。

dazzle pink09
杏:あら、もう立ち去ってしまうの?
『聖域』の新たな主は、屈託のない瞳で微笑む。
「ええ、今日は私が日直の日だったのを思い出して」
そんなのは嘘。
この場所にいると負けを認めそうだから。

dazzle pink20
庭園から少し離れた場所で「わたし」は数分前の悔しさや悲しさより先に、ふと違う感情を覚えた。

「あら、もう立ち去ってしまうの?」

そう言われた時のその表情。得意げでいてちょっとだけ陰ったそれは妙に「わたし」の記憶に残った。
「・・・明日も会長はあの庭園にいるのだろうか」
本校舎に続く道で、「わたし」は誰にも気づかれないような小さな声でそう呟いた。

→続きを読む

dazzle pink

Category : 北海道ドール紀行
桜舞うこの約束の地で04
あい:このブログを訪問してくれていた皆さま、お久しぶりです。

桜舞うこの約束の地で01
そして今日は「子どもの日」だね~ 何の関係もないけど。
あい:昔はこれで言うと「青」、普通は「黒」:父親と「赤」:こどもの2色しか無かったのは知っている?
そうなの?
あい:だって緑色の鯉なんていないでしょ? 今みたいに5色になったのは「東京オリンピック」がきっかけなのよ。昭和39年に東京の秀光人形工房の川尻金龍さん(若手の鯉のぼり職人たち説もあり)の発想でね。それから黒を父、赤を母、その他をこどもと表現したのね。時代も女性の社会進出、家族に見立てて販売したの。
よく見たらオリンピックの五輪の色と同じでしょ? もっとも最近は他の色もあるけど。

確かにそうだね! あい様詳しいね~

桜舞うこの約束の地で02
あい:えっへん! この前テレビのワイドショーで見たのよ。
そう自信を持って微笑むあい様は桜以上にきれいでした。

桜舞うこの約束の地で05
桜舞うこの約束の地で03
今回は札幌の円山公園にお花見をしに行ってきました。
ベンチに座ってあい様とのんびりしたり、撮影したりとかですが。
その写真はまた次回のお楽しみということで、ではまた。

東京ではドルショとかドルパとかがあったのですね。全然忘れていました~
最近は娘たちにも構えてないし、着せかえてあげないとなあ・・・