FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

わたしをさがして (滝上公園)

Category : 北海道ドール紀行
滝上芝桜01
神奈:春がやってきましたね。

滝上芝桜02
ここは滝上(たきのうえ)町にある「芝ざくら滝上公園」

滝上芝桜03
公園の斜面10万平方mに咲く一面の芝桜は、滝上町最大の名物。
年によって結構ムラがありますが・・・ 

滝上芝桜04
瑞季:芝桜でも、これだけあると壮観ですね。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

道の駅 みそぎの郷きこない

Category : 北海道ドール紀行
木古内道の駅01
木古内町にある[駅]。
前回は北海道新幹線の駅を紹介しましたが、今回は道の駅「みそぎの郷 きこない」から。 
2016年の北海道新幹線開業に先駆けオープンしたまだ新しい道の駅です。 

木古内道の駅03
あい:とても人気のある道の駅なのよね。 



JR木古内駅08
前回も書きましたが、北海道100を超える道の駅の中で今年好感度ランキング1位に輝いた木古内の道の駅。 
ては入っていきましょう。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

線路の果てまで連れてって

Category : 北海道ドール紀行
線路の果てまで01
今回は、キハ183-0系記念入場券を収集する過程を紹介します。
記事をスクロールしていくと、実際に私たちがどんな旅をしているのかを体験できます。

線路の果てまで04
札幌駅から最初に乗車する列車は「特急スーパーとかち」
札幌と帯広を1日5往復しています。

線路の果てまで03
ヘッドマーク。

線路の果てまで02
そして今回は、新人さんと共に旅をします。
名前は咲来(さく)。 元々はオビツの「MANATSU」さんです。
名前の由来はアイヌ語「サク(=夏)」から。 

咲来駅05
由来はここから。 以前紹介した咲来駅です。

では長い旅の始まりです。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

SL冬の湿原号の旅

Category : 北海道ドール紀行
2018VD01.jpg
この冬最大の楽しみだった「SL冬の湿原号」
今回はこの乗車記みたいなものを。 例によって写真の多い、細かいものです。
(※今年度の運行は終了しています)

18湿原号01
SL冬の湿原号は11:05発車。 札幌7:00発車、釧路に11:00に到着するスーパーおおぞら1号に乗車すれば乗り継げます。
札幌から日帰りで乗車することも十分に可能です。 特急が若干遅れた場合でもSL(=蒸気機関車)は待っていてくれますのでご安心ください。

2018VD10.jpg
ミカヅキ:これがSLなんですね! 迫力が凄いです。

18湿原号03
千咲:大正時代にタイムスリップしに行くようです。

18湿原号04
2018年版のポスター。「汽笛が鳴れば、夢の旅」
片道料金は乗車券と指定席券合計で1,890円です。 はっきり言ってこの値段で採算は取れていません。
2倍以上の5,000円でようやく・・・ というのがJRの本音。 
機関士、副機関士、車掌、車内販売員、中国語通訳・・・ 運転士ワンマン列車ではありえない、関わる人が多いからこそなのです。
しかしながら、SLの技術継承という面では大きな役割を持っています。

18湿原号02
途中停車駅は、東釧路・釧路湿原・塘路・茅沼。 そして終着・標茶です。
では、釧路駅から1時間30分の旅の出発です! この鐘を鳴らすのはあなた。

追記に続きます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

隣町の隣町の図書館に行ってきて。

Category : 北海道ドール紀行
北見図書館05
東方project(ゲーム)の小悪魔さん風。

小悪魔とは、東方Projectの6作目「東方紅魔郷」4面の中ボスとして登場するキャラクターです。
しかし小悪魔というのは正式な名前ではないのです。 
衣装は、お屋敷の地下深くにある大図書館で働いているということから司書さん風です。
私の手持ち衣装から適切な衣装を組み合わせてみました。
それにしても、鉄道と地理に偏った書棚です。

北見図書館06
こぁちゃん、ちょっと頼まれごとがあるんだけど・・・
こぁ:何ですか? 面倒くさそうですね。

北見図書館07
隣の隣町の図書館まで資料調査してきてくれない?
こぁ:自分で行ってきてください。

北見図書館08
駅まで送って行ってあげるからさ。
こぁ:まあ、それなら。。。 仕方ないですね。

追記に続きます。
今回は、「普通列車は1日1往復のみ」 「北見・図書館の歴史」 「石北本線車内販売復活」が主な内容です。
結構長めなので、時間がある時にじっくり読んでみてください。

→続きを読む