FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

燈の旅#44 ラストダンスは永遠に

Category : 燈の旅
ラストダンスは永遠に01
燈の旅シリーズは、2012年の1月末から4月末までの3ヶ月の間お借りした「nebosuke」のkomo様家の燈ちゃんとの観光の記録です。 
東京から家出したきた小さくてわがままな子どもという設定を基にしています。
そんな旅の終わりは豊平館です。

旅はさっぽろ雪祭りに始まり、札幌市、小樽市、江別市、千歳市を舞台に過去40を超える記事を作成してきました。
もう5年前のことなので、撮影した場所が閉店していたりしますが、カテゴリの「燈の旅」から、時間がある時にゆっくり見て頂ければと思います。

ラストダンスは永遠に14
そんな豊平館も、昨年、4年間の大規模修繕工事を終え再び御披露目されました。 
3か月の旅の終わり、どんな結末を迎えたのか。。。
改修される前に撮影したあの頃の写真ですが、続きを読むからご覧ください。

→続きを読む

スポンサーサイト

燈の旅#43 豊平館 part1

Category : 燈の旅
燈 豊平館01
燈 豊平館02
今回は、主に2012年の冬から春にかけてシリーズ化していた「燈の旅」シリーズの蔵出し、そして完結編となる「豊平館」での写真です。
豊平館は現在耐震工事中で入れませんが、昔天皇陛下が宿泊した歴史のある場所なのです。
昔は皇族かお雇い外国人しか宿泊できなかった時代もあります。
歴史については、書くと長くなるので『この記事』←リンクから見てください。

「燈の旅」シリーズを見たことがないという方は是非左下のカテゴリから「燈の旅」をクリックして眺めてください。

燈 豊平館05
燈:ここをわたしの部屋にする~

燈 豊平館03
燈 豊平館08
燈 豊平館09
「梅の間」 実際に天皇陛下が宿泊した部屋を再現した場所です。

燈 豊平館06
燈:もちろんこのベッドはわたしの独り占めね。

燈 豊平館04
燈:む~ なんで立ち入り禁止なのよ~

燈 豊平館07
次回も燈ちゃんとの観光写真をが続きます。

燈の旅#42 馬車とお医者さん

Category : 燈の旅
燈 教会13
燈の旅×北海道開拓の村 第4回は旧浦河支庁庁舎にある馬車からお送りします。

燈 教会14
燈:なかなか良い座り心地ね。

追記にも燈ちゃんとの記録を載せておきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

燈の旅#41 教会

Category : 燈の旅
燈 教会07
果てしない大空と広い大地のその中で~
(♪大空と大地の中で/松山千春)

燈 教会06
燈の旅、北海道開拓の村編、第3回になります。
写真の場所は「旧小川家酪農畜舎」になります。

燈 教会27
牛の寝床の様子。ここで乳しぼりと餌やりをして舎外へ放します。
燈:ここには牛さんはいないのね・・・

燈 教会12
牛はいないけど、馬ならいるよ。ほら。
燈:あれは馬車ね~ 乗ってみたい。

燈 教会09
燈:ここは?

燈 教会00
燈 教会03
旧浦河公会会堂。教会として使われていたみたいだね。

燈 教会08
燈:ふーん。教会って結婚式とかする所じゃなかったんだ。
よく結婚式とかやるのは「チャペル(教会風結婚式場)」だね。ここは「チャーチ」で、いつも牧師さんがいて、キリスト教徒がお祈りとか集会とか宗教活動をする場所だよ。もちろん「チャーチ」でも結婚式をする人もいるよ。
日本だとどっちも「教会」って一括りになっているけど。
燈ちゃんは結婚とか興味あるの?

燈 教会10
燈:ないけどウェディングドレスは着てみたいな~(^^
燈ちゃんにウェディングドレスはまだ10年早いって(笑)
燈:むぅ・・・
いじける燈ちゃん萌えですw

燈 教会02
追記にも、燈ちゃんの写真や建物の写真を載せておきます。
続きを読むからどうぞ。

月夜茶会のCM日記」今回はアサヒビールのWBC(ワールドベースボールクラシック)のCMをお送りします。

→続きを読む

燈の旅#40 北海道開拓の村#2

Category : 燈の旅
燈 開拓の村2#20
燈:ひなたは気持ちいいにゃ~

燈 開拓の村2#16
燈 開拓の村2#22
北海道開拓の村編、第2回は旧青山家漁家住宅と、旧広瀬写真館からお送りします。
続きを読むからどうぞ。

月夜茶会のCM日記」も順次更新しています。
2回目は「リゲインEB錠」3回目は「ホクレン」のcmを取り上げました。
両方とも、坂本龍一氏の作曲です。

→続きを読む