FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

ハート型のショコラ part2

Category : プチブライス
ピエールルドン06
梓沙:紗織、もうちょっと詰めてよ。
紗織:なんでよ。あなたこそどきなさいよ。

今回は、久々にプチブライスを引っ張り出して撮影してみました。
最近は出番が減っていますが、たまには1/6ともども出してあげないとと思いまして。

ピエールルドン05
ミシェルと4種のハート型ショコラの盛り合わせ。盛り付けた器もハート型にしてみました。

ピエールルドン11
チョコレートのショッパー(買い物袋)に詰めたミシェルと、クマ型のケースに入ったチョコと。
なんかかわいくないですか?

ピエールルドン09
カクテルグラスに乗せています。プチブライスサイズには丁度いいのです。

ピエールルドン08
ミシェル:このチョコくれるの?ありがとっ。
チョコはこの前のドールイベントでディーラーさんから頂きました。

ピエールルドン10
ミシェル:このままどこかに連れて行って欲しいなあ~

ピエール・ルドン12
カクテルグラスに2人。ちょっと広さ的にキツイかな。

ピエールルドン07
最後は、1枚目にショコラをさらに追加してみました。
チョコレートまみれな感じも可愛い?
追記には、今回使用したショコラの詳細を載せておきます。

→続きを読む

スポンサーサイト

Junie Moon

Category : プチブライス
junie moon09
札幌PARCOで期間限定のショップ「Junie Moon」が9/24(月)まで開催されています。
ショップの様子は←から(外部リンクです)

junie moon10
販売物はこんな感じです。このほかにブライス用の洋服とか本体でした。

junie moon01
会場には記念撮影用のブースが設置されています。

junie moon05
今回はプチブライスの莉菜を連れて行きました。
手にしているのは甘い林檎?それとも・・・

追記には、他の莉菜の写真を載せておきます。
続きを読むから。。。

→続きを読む

Clover Heart's

Category : プチブライス
4つのハート07
今年のバレンタイン用画像part1はプチちゃん達(梓沙・紗織・ライラ・結衣)を撮りました。
去年も同じ感じの写真を撮ってましたが、今年もやってみました。
こうした「ワンプレートの中でどんな表現ができるか」というテーマは自分を意欲的にさせてくれます。

4つのハート01
4つのハート02
4つのハート03
使ったのはジャンポール=エヴァンのチョコ。特に味にはこだわらずハート型のを適当に買いました。
こだわったのは[4つ入り]ということです。
チョコレートのサイズはプチブライスみたいな小さい子にも、手に持たせる分には大きい子にも組み合わせやすいアイテムではないかと思います。

4つのハート05
梓沙&紗織 チョコレート、買ったんだ。・・・わたしたちにくれるの?

4つのハート04
梓沙:溶けるから早く撮ってね。

4つのハート06
この4人は同じ作家からお迎えしたもので、こうした写真を撮るときには統一感が出ていいですね。
ただ目に光を入れにくくて結構苦労しました。

かわいい器

Category : プチブライス
莉菜 クッキー01
冬音式のシンプルでかわいい盛り付けですw
モデルは莉菜に任せて、ハート型の器に市販のクッキーや豆本を入れてみました。

莉菜 クッキー02
莉菜:何か足りないと思わない?

莉菜 クッキー04
莉菜 クッキー03
隣に小さなクマさんを追加してみました。

莉菜 クッキー05
莉菜:甘いものに囲まれて、ちょっぴり幸せ・・・


前回の悩みですが、押入れのフィギュアも含めて全て配置を変えて収納し直してみました。
今までの子の想い出を思い出すように丁寧に。

five flower fairies

Category : プチブライス
5fairy01.jpg
今回はここ最近に撮りためたプチちゃんたちの画像をUPしようと思います。

5fairy02.jpg
5fairy03.jpg
5fairy04.jpg
5月、家の近くの花壇にて。これはシバザクラです。
紗織:来年は道東の芝桜公園にも行ってみたいね。

5fairy09.jpg
5fairy11.jpg
5fairy13.jpg
5fairy12.jpg
6月、百合が原公園(2回目)の藤棚にて。
梓沙:この光景はわたしじゃないとダメだったんでしょう?

→続きを読む