FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

第39回風連ふるさと祭 (宗谷本線・風連駅)

Category : 北海道の鉄道
風連駅01
あい:今日はこの町でお祭りがあるのよね。 

風連駅02
今回訪問したのは名寄市にある風連(ふうれん)駅。
由来はアイヌ語「フーレ・ペッ(赤い・川)」 水に酸化鉄が含まれていて川底や両岸が赤く錆びているように見えたから。
2006年に名寄市と合併する前は風連町の中心駅でした。


風連駅09
昭和41年に撮影された風連駅。 左の跨線橋は現在と同じものか。

風連駅03
この日は第39回風連ふるさとまつりの開催日。
今回の記事は私とあい様の1日を時系列で紹介していきます。
普段からこんな感じの旅をしています。

風連駅04
会場に行く前に少しだけ寄り道していきましょう。 (12:30) 風連歴史民俗資料館です。
土日祝日は閉館していますが、まつりの日だけはお盆の帰省に合わせ開館します。
普段は市立名寄図書館風連分館の職員に見たい時に鍵をあけてもらうスタイルです。

風連駅05
あい:ここには何が展示されているのかな。 昔の農機具とかはよく観るけれど。

風連駅08
中には、稲作の道具や風連町の年表、近世の暮らしの道具などが展示されています。

風連駅06
風連駅07
風連駅10
その中で私が特に惹かれたのが「フーレンのクマ」
南極物語で有名なタロ・ジロの父親こそが風連のクマ。 ここ風連から南極へと旅立って、そして再び風連に帰ってくることは無かった・・・



風連駅11
資料館を見学した後はいよいよお祭り会場へ。 (13:30)
大きなお祭りではないので、射的とかかたぬきとかかき氷とかの販売もありますが、このお祭りのメインはそこではありません。

風連駅12
大きなトラックが来ました。 さあ、もうすぐ始まります。

追記へ続きます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

安国神社のある駅 (石北本線・安国駅)

Category : 北海道の鉄道
安国駅01
今年も、靖国神社参拝がニュースになる時期が来ましたね。
北海道遠軽町には、「安国神社」があります。 (訪問:3月)

安国駅02
地域の読み方も、間違いなく「やすくに」です。

安国駅03
安国駅04
瑞季:安国ってどういう由来なのかなあ? やっぱりアイヌ語なのかなあ。

安国駅05
それはね、寒いから駅に戻って話そうか。 神社から真っ直ぐ先に行くと安国駅があります。
追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。
 

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.4 (函館本線・小沢駅)

Category : 北海道の鉄道
小沢駅01
木造感ある渋い跨線橋。

小沢駅03
消えかかった文字。

小沢駅02
古びたプラットホーム。

小沢駅04
そして失われたかつての鉄路。






小沢駅05
小沢駅23
北海道・夏の駅めぐり第4回は共和町にある函館本線・小沢駅(1904~)からお送りします。

小沢駅06
あい:もちろん、夏に関する駅だから「サク」が入っていそうなものだけど・・・

追記にも、小沢駅のことやあい様の写真が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.3 (宗谷本線・咲来駅)

Category : 北海道の鉄道
咲来駅01
鉄道、必要ですか?

広報 おといねっぷ」2017年7月号の表紙。
毎月第2金曜日に発行される音威子府村の広報誌です。


咲来駅02
千咲:この駅の意味は、夏の通り道。  

咲来駅04
咲来駅05
音威子府村にある宗谷本線・咲来駅。 開業は1912(大正元)年11月5日。 鉄道院宗谷線の駅として。

由来は、札弦駅と同じアイヌ語「サク・ル(夏の・道)」です。
「さっつる」と「さっくる」。 響きが似ていますよね。

咲来駅06
しかし両者の駅はかなり離れています。(赤:さっくる 緑:さっつる)  
「ほっかいどうはでっかいどう」を実感できます。

咲来駅08
追記にも、咲来のことを紹介していきます。
書きたいことが多いので、どうしても追記が長くなってしまいます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.2 (室蘭本線・早来駅)

Category : 北海道の鉄道
早来駅01
瑞季:ここも、夏由来の駅みたいです。 早来。 私は春らしい地名に思えました。

早来駅02
室蘭本線・早来駅
開業は1894(明治27)年、北海道炭礦鉄道室蘭線の駅として。
隣に安平(あびら)町物産館を備えた、旧早来町の中心駅です。
(2006年、早来町と追分町と安平町が合併して安平町になりました)
無人駅ですが、簡易委託駅です。

早来駅03
早来駅の由来は、
「サク・ルペシペ=夏の・越える沢の道」です。
なので最初は早来を「さっくる」と読んでいたのですが、読みづらいのか、鉄路が予想より「早く開通した(=来た)」から「はやきた」になったのか。 読み方が変わった理由に関しては諸説あります。

早来から東側に向かうと、厚真(あつま)町の中心市街があります。
昔は厚真に向かうには小さい峠を越える必要がありました。 だから「ルペシペ」なのです。

早来駅04
早来の名産といえばサラブレッド。
あの有名なディープインパクトやジェンティルドンナは早来生まれの競走馬です。

早来駅05
この日早来駅に滞在できたのは20分。
その20分で撮れるだけのことは撮って来ました。
早来にかつてあった鉄道のコラムもあります。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む