FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

鉄路は血管である (石北本線・金華信号場)

Category : 北海道の駅
金華信号場12
瑞季:1年前までここは駅だったのね・・・ でも車が停まってるね。

金華信号場06
今回は、北見市留辺蘂(るべしべ)地区(旧・留辺蘂町)にある石北本線・金華(かねはな)信号場の記事です。

金華信号場04
2016年3月までは、「金華駅」として営業していました。

金華信号場01
駅としては廃止されましたが、列車交換のできる信号場としては活躍しています。
写真は、特急列車「大雪」2号と列車交換した遠軽発網走行き普通列車。
実際は上川駅を6時11分に発車して、遠軽駅で50分停車した後網走行きに変わります。

金華駅の開業は大正3年、「奔無加(ぽんむか)」駅として。
意味は、アイヌ語「ポン・ムカ」。子である・ムカ川。もしくは小さく・よく塞がり詰まる川。
昭和26年に「金華」駅に改称されました。
意味は、この地区に住友鴻之舞(こうのまい)鉱山・奔無加支山があったことから。
山には金脈があることから「」、奔無加の「加」を「」に換えて「金華」になりました。

金華信号場08
金華信号場09
金華信号場前の風景。 かなり寂れています。

金華信号場05
金華信号場07
駅舎は、昭和9(1934)年に建てられてから廃駅になるまで現役でした。
現在も、信号場として保線管理要員の休憩所として利用されています。
なので、冬期間は人はいます。

金華信号場02
ですから、彼らの邪魔にならないようひっそり、静かに撮影しました。

金華信号場03
駅が廃止され駅名板などが撤去された中、これだけは残されました。
常紋(じょうもん)トンネルと、タコ部屋労働。 それは北海道の鉄道史とは切っても切れないものです。
今回は、心臓に悪い、読んでいて辛くなる話が続くので歴史面については追記に記していきます。
文章ばかりですが、それが100年前の北海道の現実でした。

→続きを読む

スポンサーサイト

右肩上がりのダンディズム (宗谷本線・南幌延駅)

Category : 北海道の駅
南幌延駅01
白雪は地面と垂直です。 駅名標が傾いているのです。

南幌延駅02
それが宗谷本線・南幌延駅です。
電柱や後ろの道路と比較するとその傾き具合がよく分かります。
ずっと見ていると平衡感覚がおかしくなりそうです。

この駅名標をあしらった幌延町公認グッズの携帯クリーナーのキャッチコピーが今回のタイトルです。
駅の周りには牧場が2,3軒あるだけの、当然無人駅です。

南幌延駅は昨年の8月下旬、JR側が廃止を通達しましたが幌延町で駅の維持管理費を負担することで今年度の存続が決定しました。


南幌延駅03
駅のホーム。
こうして見るといかにも「仮乗降場」のように思えますが、そうではなく1959(昭和34)年の開業時からの旅客駅です。
維持費は年間52万1000円となっております。 ホームの除雪委託費が主な要因です。

宗谷本線に乗ると、旭川市を出て最初の駅、南比布駅(比布町)から板張りホームが始まります。
(駅はありませんが実は当麻町も少しだけ通過しています)
そして10駅近く(北比布・東六線・北剣淵・瑞穂・日進・北星・南美深・初野・天塩川温泉・糠南)の板張りホーム駅を通過していくのです。
南幌延駅が現在、日本最北の「板張りホーム」の駅です。

南幌延駅05
12月末の天塩川 (糠南~雄信内)

南幌延駅04
4月上旬の天塩川 (糠南~雄信内)
ほぼ同じ所からの車窓の風景です。
北海道にも、ようやく春が訪れつつあります。

追記にも、駅のみどころやドール写真が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

ダムに沈んだ駅 (根室本線・滝里駅)

Category : 北海道の駅
滝里駅16
滝里について知るべく向かったのは、ダムのある芦別(あしべつ)市の国道38号沿いにある「道の駅スタープラザ芦別」
JR芦別駅から徒歩15分の場所にあります。

滝里駅17
の隣にある「星の降る里(ふるさと) 百年記念館」です。

滝里駅21
芦別市が開基100年を迎えたのを期に作られた、芦別市の郷土資料館です。
入館料は大人200円、高校生100円、中学生以下無料です。
芦別に関する文学、自然、遺跡、生活、そして炭鉱のことなどに関する展示が充実しています。
道の駅に併設されているのでドライブがてらいかがでしょうか。

追記にも、滝里のことが続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

モチーフは芦別岳 (根室本線・山部駅)

Category : 北海道の駅
山部駅04
今回は、布部駅の隣、山部(やまべ)駅の記事になります。
撮影したのは昨年の10月、富良野線の学田駅から車で移動してきました。
山部駅の特徴は、やはりこの駅舎でしょう。

山部駅05
この駅舎は、昭和63年に改築された3代目の駅舎で、駅が芦別岳の登山口の始まりであることから芦別岳をデザインし、欧州の山小屋風に。 また、東大演習林のまちということもあり木のイメージを前面に出しています。

山部駅06
先日、某タレントがこんな感じで線路に入ってクレームがつく事件がありましたよね。

山部駅07
撮影した頃は、山部駅を含む富良野~新得・芽室間は全線運休していました。
なので、列車は確実に来ないと思ったので撮っていました。 
この頃は富良野駅から落合駅まで代行バスが運行されていました。

追記にも、駅のことを載せていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北の国 此処に始る (根室本線・布部駅)

Category : 北海道の駅
布部駅02
北の国 此処に始る  倉本聰直筆の看板。

布部駅01
それがあるのがこの根室本線・布部(ぬのべ)駅です。

布部駅03
この駅はドラマ「北の国から」の第1話で、五郎・純・蛍が列車から降り立つシーンで登場したことで知られ、

布部駅05
(改修する前のロケ当時の布部駅)
ドラマがヒットするにつれ、観光客も多く訪れるようになりました。

布部駅04
しかしドラマの放映からもう35年。 布部駅が含まれる根室本線富良野~新得間は廃止、バス転換を現在協議しています。
富良野駅~東鹿越駅が鉄路で復旧し、東鹿越駅から落合駅までは代行バス。落合駅と新得駅の間は不通というのが現状でしたが、3月28日から落合駅~新得駅(28.1km)間も代行バスが走るようになりました。
これで、旭川から特急に乗らなくても富良野・新得経由で帯広・釧路方面へ行けるようになりました。

布部駅06
美鈴:この駅を訪れるドラマファンも減っているということなのかな・・・ 
有名なセリフ「子どもがまだ食ってる途中でしょうが!」を収録したラーメン屋さん「布部札幌軒」も昨年閉店していまい、ドラマの記憶が無くなっていく現在です。

追記にも駅と美鈴の写真を載せておきます。続きを読むからどうぞ。

→続きを読む