FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

名駅舎に行こう! (釧網本線・川湯温泉駅)

Category : 北海道の鉄道
川湯温泉駅01
美月:ああ、ここだ、と思う駅がきっとある。

川湯温泉駅27
1999夏の青春18きっぷのポスターより。この駅の写真が採用されています。



川湯温泉駅02
川湯温泉駅03
川湯温泉駅04
弟子屈(てしかが)町にある釧網本線・川湯温泉駅。
開業は1930(昭和5)年、「川湯」駅として。 この駅舎は1936(昭和11)年に建てられてからそのまま。
由来は、アイヌ語「セセキ・ベツ(熱い・川)」 を意訳したもの。
函館の湯の川温泉は「ユ・ベツ(湯・川)」。そちらが既ににあったので、湯と川の並びを入れ替えて「川湯」になりました。
駅名に温泉と付けられたのは1988(昭和63)年のこと。

車寄せ(玄関)のイチイの丸太、切妻の三角屋根と上壁の白樺の風合いが、温泉の玄関口として相応しい作りとなっています。
北海道を代表する名駅舎の1つと言えるでしょう。

川湯温泉駅05
2人の大工が、けんかをしながらも腕を競って建てたというこの駅。

川湯温泉駅06
築80年を過ぎてもモダニズム溢れる駅舎が健在なのは、大工の腕が良かったのでしょう。

川湯温泉駅07
美月:もう少し、駅を見ていきたいわ。
追記に続きます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

北海道・夏の駅めぐり Vol.7 (釧網本線・緑駅)

Category : 北海道の鉄道
緑駅01
緑駅16
夏の駅めぐりも第7回。 今回がシリーズ最終回となります。
最終回は、第1回の札弦駅の隣、緑駅です。

緑駅02
美月:「緑」駅、ここまで直球な駅名も珍しいわね。
かつては札弦川の上流にあったので「上札鶴」駅と言われていたのですが町制施行で駅周辺が「緑町」になりそこから「緑」駅になりました。

緑駅03
緑駅04
緑駅05
緑駅06
駅に飾られている緑駅周辺で撮られた自然写真の数々。

緑駅07
特に、神の子池は8月8日に「阿寒国立公園」から「阿寒摩周国立公園」と名称変更された際、新たに国立公園に指定された今注目の場所です。

緑駅08
ということで今回は緑駅からお送りします。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.6 (宗谷本線・天塩川温泉駅)

Category : 北海道の鉄道
天塩川温泉駅27
先日、ついに北海道新幹線に乗車しました。 津軽海峡を新幹線で越える時代が来たのかと思うと車内で感動していました。
昔は「上野発の夜行列車おりた時から 青森駅は雪の中」でしたが、今は「(新)函館(北斗)発の新幹線おりた時から 新青森駅は夏の中」という趣。 その旅行記は10月頃にシリーズ化して記事にしたいと思っています。

高校の修学旅行以来、人生2回目の新幹線。 やっぱり1度は「北海道」新幹線に乗ってみたかったのですよ。
あと13年後くらいには札幌まで延伸される予定となっております。

天塩川温泉駅01
さて、新幹線とは無縁の場所をゆくシリーズ・夏の駅めぐり 第6回は宗谷本線の天塩川温泉駅から。
屋根の形が個性的です。
訪問:7月末

天塩川温泉駅02
神奈:夏は関係なさそうだけど・・・





天塩川温泉駅03
駅の由来は、名前の通り天塩川温泉の最寄り駅という意味です。
昔(1956~1981)は「南咲来(みなみさっくる)仮乗降場」という名前でした。 
咲来は、第3回で紹介した駅です。

天塩川温泉駅04
神奈:ああ、そういうこと。昔の駅名が夏に関係していたということね。

天塩川温泉駅05
神奈:ところで北海道にはいくつの「温泉」駅があるのでしょう。
天塩川温泉駅(宗谷線)、川湯温泉駅(釧網線)、流山温泉駅(函館線砂原支線)、湯の川温泉停留所(函館市電湯の川線)の4つです。

追記にも話が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

北海道・夏の駅めぐり Vol.5 (宗谷本線・佐久駅)

Category : 北海道の鉄道
佐久駅01
ミカヅキ:駅の中にアンモナイトが!

佐久駅02
ミカヅキ:昔の道具がたくさん!

佐久駅03
夏の駅めぐり、第5回は中川町にある佐久駅から。
もう9月ですが、このシリーズは7回までありますのでしばらく夏にお付き合いください。
駅は、佐久やその周辺の地区の歴史を伝える「佐久ふるさと伝承館」と合築された建物です。
ここに来れば、中川町の南部の歴史を垣間見ることができます。

中川町は林業のまちであることは天塩中川駅KIKORI祭で知ってもらったと思いますが、もう1つこの町には特筆すべきものがあります。

佐久駅23
それが、化石のまちということ。 この恐竜の化石は中川町で発掘されたものです。

佐久駅04
「てしおなかがわ」の部分がシールになっているのが分かるでしょうか。
昔、佐久駅と天塩中川駅の間に「琴平(ことひら)」駅があった名残です。


佐久駅05
Q:佐久の由来は何だと思いますか?
ミカヅキ:佐久は夏の「サク」でしょう。 その後は「ルペシペ」か「ル」か。 う~ん・・・
追記に続きます。 やっぱり長くなってしまいました。 佐久駅周辺の見どころを30分番組を見るような感覚で、続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

わがまちご当地入場券を集めよう!

Category : 北海道の鉄道
わがまちご当地入場券08
7月20日から北海道と青森県のJR北海道の駅がある101の市町村で発売された「JR北海道 わがまちご当地入場券
このブログでもちょくちょく登場しています。
※まだ発売していない駅もございます。

わがまちご当地入場券07
さすがに全駅をコンプリートするのは厳しすぎる(函館とか根室とか遠すぎます)ので、せめて北海道旅客鉄道旭川支社管轄の駅(28市町村)だけでも全部集めたいなと思ってはいるのです。
旭川支社の管轄は旭川市を中心に北は稚内市、南は中富良野町、西は留萌市、東は網走市。
他に、豊富町・幌延町・中川町・音威子府村・美深町・名寄市・士別市・剣淵町・和寒町・比布町・美瑛町・上富良野町・深川市・妹背牛町・秩父別町・沼田町・当麻町・愛別町・上川町・遠軽町・北見市・美幌町・大空町。
これだけの町にそれぞれの入場券があるのです。
通信販売は無く、全て現地に行かないと購入できません。
販売箇所も、駅の窓口、駅前の商店、スーパー、道の駅、町役場など市町村ごとにバラバラです。

最初の写真は私が手にいれた中でのお気に入りBest3です。
ちなみ割り当ては道央(札幌本社)44市町村、道南(函館支社)10市町村、道東(釧路支社)19市町村となっています。

わがまちご当地入場券09
私のイチオシ、中富良野駅のご当地入場券。
ラベンダーの写真が旅情があっていいです。
自分が住んでいる町のものや、旅の記念などに1枚(170円)いかがでしょうか。


わがまちご当地入場券10
今回は、石北本線(旭川市~網走市)のご当地入場券を全て集めようというキャンペーンに参加しました。

わがまちご当地入場券04
ということで全駅(旭川・当麻・愛別・上川・遠軽・北見・美幌・女満別・網走)周って来ました!
まさに北海道愛の結晶ともいえるこの入場券。
応募方法は、各駅の入場券売り場で応募用紙に日付印を押してもらう形式です。
どの駅からでもスタートできます。 当然ですがインチキはできませんよ。
ちなみに旭川駅から網走駅は237.7kmも離れています。 遠い!
宗谷本線(旭川~稚内)はさらに遠く259.4kmです。 北海道は広い!
※東京から浜松が約250kmです。

わがまちご当地入場券01
わがまちご当地入場券02
わがまちご当地入場券03
各市町村ごとに特色のあるデザインをしています。
旭川市なら旭山動物園という風にまちの名所・特産品が多いです。

わがまちご当地入場券05
石北本線の駅で特に入手が大変なのが愛別と美幌。
この2つの駅の入場券は平日しか販売していないのが高いハードル。
愛別駅の入場券は花畠商店(9:00~16:00)
美幌駅の入場券は美幌商工会議所(9:00~17:00)で販売しています。
北見側からなら愛別が、旭川側からは美幌が最難関と言えるでしょう。
※美幌に関しては、9月15日からセイコーマートでも販売されます。

美幌商工会議所
美幌経済センター2階にある美幌商工会議所。
駅から1km以上離れていて、かなり不便な立地です。


美幌商工会議所2
一応、1日でJRだけで全駅回るプランを作成することができました。 (上川→美幌は特急大雪1号)
遠軽駅で3分の間で購入できるか、美幌駅から往復2.5kmを32分で移動できるかが課題。
旭川駅を起点にするとこうなります。
 
わがまちご当地入場券06
そういう事情があるので、1日で全て回るのはJRでは不可能ではないですが大変です。
写真は私にとっての最難関、美幌駅のご当地入場券です。
美幌町は今年10月12日に開基130年を迎えます。


最後に美幌開基130年を記念して製作された「美幌のうた」をお送りします。
美幌の応援歌を作ろうと立ち上がった町の若手たちのドキュメントと併せてご覧ください。