FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

北海道・夏の駅めぐり Vol.1 (釧網本線・札弦駅)

Category : 北海道の鉄道
札弦駅01
美月:夏の駅旅へようこそ! 

札弦駅02
今回訪れたのは釧網本線・札弦(さっつる)駅 (撮影:7月)
車で片道200km以上走って(鉄道だと網走経由で300km近く)ようやく着きました。
なにせ、最短距離の網走経由だと列車では日帰りできないくらい遠い駅です。
札幌経由釧路回りならぎりぎりなんとか・・・ といった所。

札弦駅03
美月:どうしてこんな遠くの無人駅に来たの? なにか特別な意味があるのでしょう。

札弦駅04
もちろんですよ!
札弦の由来はアイヌ語「サク・ル」、つまり「夏の・道」という意味なのです。
徒歩が主な交通手段だったアイヌの時代、山を越える道筋は、樹木の生い繁る夏と、小さなデコボコや細かな沢の流れなどが頼りでした。
「夏の道」を意味するアイヌ語に由来する地名は、そうした昔の交通・交易路の姿を伝えています。
札弦の場合は、網走から釧路・根室方面へ向かう「道」です。

札弦駅05
美月:わたし達は今、まさに夏を旅しているのね!

追記にも話が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

木造駅舎の旅 (留萌本線・秩父別駅)

Category : 北海道の鉄道
秩父別駅01
秩父別駅(1910~)
1971年の改築から今日まで使われ続けている木造感がある木造駅舎です。
玄関の切妻屋根がいい味を出しています。

秩父別駅25
「木造駅舎の旅」(写真・文 米屋浩二 2009)の表紙にもなった秩父別です。
この頃からは、外装が新しくなり写真の頃のものとは変わりました。

秩父別駅02
この駅の読み方は「ちっぷべつ」です。
おそらく大半の人は最初「ちちぶべつ」と読んでしまうでしょう。

秩父別駅03
木造駅舎には、袴とかが似合うという考えで千咲を連れて行きました。 (撮影:6月)

追記にも秩父別駅の写真が続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

かたちあるもの (留萌本線・藤山駅)

Category : 北海道の鉄道
藤山駅01
留萌本線・藤山(ふじやま)駅
この駅も、1日平均乗車人数1人以下の駅です。
左右対称な駅舎が印象的です。 しかし。。。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

相生鉄道公園 (相生線・北見相生駅その2)

Category : 北海道の鉄道
北見相生駅05
今回は、前回の続きで道の駅あいおいに併設された「相生鉄道公園」からお送りします。
秋になると、紅葉が綺麗なんですよ。

相生鉄道公園01
相生鉄道公園02
公園には、当時使用されていた車両が静態保存されています。

相生鉄道公園04
あい:これは、キハ22ね。 国鉄ローカル線といえばこの色の印象があるわ。


相生鉄道公園03
この駅舎もかつては移設計画がありましたが、地元の写真家でもあり熱心な鉄道ファンの方を中心とした反対運動によって現在の場所に留まりました。
その後、その方が指揮を執り、車両の復元塗装や、昔の車両の整備展示を行いました。

追記にも、公園の様子や歴史的な小話が続きます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

人生には楽園が必要だ (相生線・北見相生駅)

Category : 北海道の鉄道
水無月の弐

ナレーション(○田敏行):
今週は何かいいことありましたか?
私ね、思うんですよ。 人生には、楽園が必要だってね。






北見相生駅12

美幌駅35
1985年の廃線・廃駅から32年








北見相生駅31

北見相生駅14
受け継がれた 駅舎の歴史と先人の心



北見相生駅11
北海道・津別町 ~ 賑わいが蘇った「廃駅」 ~


北見相生駅13









ここからは通常運転の感覚に戻します。

北見相生駅02
あい:ここはかつて相生線の終着駅でした。


北見相生駅01
相生線・北見相生駅(1925~1985)

北見相生駅05
現在は相生鉄道公園として、当時の車両共々地元有志の方と津別町とで管理、保存されています。 
この部分はまた別の機会で。

北見相生駅07
併設された、道の駅あいおい[あいおい物産館](2003~)。  網走と美幌と釧路を結ぶ国道240号のほぼ中間に位置しており、撮影日はGWということもあり、トイレ休憩で立ち寄る車が多く見受けられました。
駅の側に道の駅を作ったのは素晴らしいアイデアだと思います。 
道の駅のついでに30年以上前に廃止になった国鉄の駅を見に来てくれるのですから。 

北見相生駅06
道の駅名物の「クマヤキ」。

北見相生駅08
東武百貨店の北海道物産展で取り上げられ、これがヒットしたらしく、今では1日数百個売れる商品に。

北見相生駅03
駅の建物財産標が今も残る、北見相生駅から、

北見相生駅04
今回の話をお送りします。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む