FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

LOVE 2000 (石北本線・西留辺蘂駅)

Category : 北海道の鉄道
西留辺蘂駅04
瑞季:愛は~ ど~こからやってくるのでしょう♪
ちょっと忙しいので、今回は軽めの記事に。

西留辺蘂駅01
今回は北見市にある、石北本線・西留辺蘂駅の紹介です。 (訪問・3月)

西留辺蘂駅07
タイトルの由来は、西留辺蘂駅が2000(平成12)年4月1日に開業したことから。
西留辺蘂駅は、新幹線関係を除くJR北海道の駅では2番目に新しく開業した駅です。
1位は函館本線・砂原支線の「流山温泉駅(2002~)」です。

西留辺蘂駅06
西留辺蘂駅駅名標。


追記にも、瑞季の写真を載せていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

小さい「それ」がいるところ (根室本線・羽帯駅)

Category : 北海道の鉄道
羽帯駅01
神奈:根室本線・羽帯駅。 来年3月のダイヤ改正での廃駅が決定しました。
ついに出てしまった北海道の廃駅・2018の第一弾、といったところです。

羽帯駅02
(これが羽帯駅の全てです)
JR北海道は次回のダイヤ改正に合わせて、十勝管内清水町の羽帯(はおび)駅(根室線)を廃止する方針を町に伝えた。町は22日、受け入れることを明らかにした。 (中略) 町は住民説明会を2回開き、「町費負担(年間150~160万円)は厳しく、一定の理解は得られた」として廃止はやむを得ないと判断した。 (北海道新聞紙面より)

羽帯駅03
「秘境駅」と表現されることもありますが、駅のすぐ裏には十勝地方の東西の大動脈・国道38号が通っており、車通りは多い場所です。

羽帯駅04
今回神奈が着ているコートと眼鏡は、先月開催されたI・Doll札幌vol.1で買ったものです。
追記にも、羽帯駅のことを載せていきます。

羽帯駅16
日高山脈をプラットホームから望む、この駅が見られるのもあと半年。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

わが駅は美しく (釧網本線・美留和駅)

Category : 北海道の鉄道
美留和駅01
北海道はもう秋も中頃、木々も日に日に色づいています。
(撮影:3週間前)

美留和駅02
美鈴:秋の気配が、漂い始めました。

美留和駅03
釧網本線・美留和駅。
開業は1930(昭和5)年。
由来は、駅の近くにある小山を「ペルケ・ヌプリ」(裂けた・山)とも、「ペルケ・イワ」(裂けた・岩山)とも呼び、その麓を流れる川を「ペルケ・イワ・ナイ」と。そこからペレイワナイ、ペルアとなり「美留和」という漢字があてられました。

美留和駅04
この日、美留和駅に寄る予定は無かったのですが、「せっかく道東までドライブしたから」という理由とそのうち「美」のつく駅シリーズでもやろうかと思って立ち寄ることにしました。 
現役の北海道のJR駅で、「美」が付く駅はこの駅を含め10駅ありそのうち4つは既にドール撮影込で訪問しています。「美幌駅」以外記事になっていないですが・・・
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

LAST WAVE (日高本線・浜厚真駅)

Category : 北海道の鉄道
浜厚真駅01
瑞季:最後の夏を求めて、遥々来た日高路です。
日高本線の駅の紹介は、今回が初めてです。

浜厚真駅02
日高本線・浜厚真(はまあつま)駅。
開業は、大正2(1913)年苫小牧軽便鉄道(私鉄)の「厚真(あづま)」駅として。

浜厚真駅03
この駅のご当地入場券も売っています。
なぜかって、駅のある厚真町には浜厚真駅しかありませんので、必然的にこの駅の入場券ということになりました。

浜厚真駅04
浜厚真駅05
ホームからは、見渡す限りの荒れ地。 開拓前の時代に戻ったよう。
これは国家プロジェクトだった苫小牧東部大規模工業基地(苫東)の開発に失敗し、破綻したなれの果て。

浜厚真駅06
日高本線は高波や台風被害により不通、バスによる代行輸送が続いていますが、浜厚真駅を含む苫小牧~鵡川(むかわ)間は列車が運行されています。

浜厚真駅07
瑞季:なんか、しんみりしちゃうね。

追記にも、浜厚真駅のことを書いていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

GET TARACO (鹿部町)

Category : 北海道ドール紀行
鹿部道の駅01
ミカヅキ:鹿部の、名産は!?

鹿部道の駅04
たらこ~!!


鹿部道の駅02
今回は、道南・鹿部町にある「道の駅 しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」から。 (訪問・9月)
以前からここにあったのですが、道の駅としては2016年に誕生したまだ新しい道の駅です。

鹿部道の駅03
鹿部町のわがまちご当地入場券はこの道の駅で販売されています。
ご当地入場券を提示すると有料エリアの入場料が100円引きになります。

鹿部道の駅05
間歇泉公園だけあって、名物はやはり間歇泉!
およそ10分おきに噴き上がる、高さ15mにもなる間歇泉が見事です。

追記にも鹿部の道の駅のことが続きます。
続きを読むからどうぞ。 (コメントの返信はもう少しお待ちください・・・)

→続きを読む