FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

道の駅 みそぎの郷きこない

Category : 北海道ドール紀行
木古内道の駅01
木古内町にある[駅]。
前回は北海道新幹線の駅を紹介しましたが、今回は道の駅「みそぎの郷 きこない」から。 
2016年の北海道新幹線開業に先駆けオープンしたまだ新しい道の駅です。 

木古内道の駅03
あい:とても人気のある道の駅なのよね。 



JR木古内駅08
前回も書きましたが、北海道100を超える道の駅の中で今年好感度ランキング1位に輝いた木古内の道の駅。 
ては入っていきましょう。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

ようこそ 北の玄関口へ (北海道新幹線・木古内駅)

Category : 北海道の鉄道
JR木古内駅01
奥津軽いまべつ駅から、北海道新幹線で1駅戻って来ました。

JR木古内駅20
北海道新幹線・木古内駅です。 (訪問:9月/3月)
ここは津軽海峡を抜けて、北海道で最初の駅となります。

JR木古内駅02
全国消滅可能性都市第5位。 高齢化率45.8%(H29.1時点) 
それが木古内町の現状です。 ちなみに3位が奥津軽いまべつ駅のある今別町です。
そんな町に、北海道新幹線の駅が誕生しました。 それが木古内駅です。
利用者数は1日100人程度と日本全ての新幹線駅中、下から数えて2位です。

JR木古内駅03
駅コンコース

JR木古内駅04
JR木古内駅05
木古内駅のコンセプトは「波と森のプロムナード」
過去・現在・未来へ繋がる町の歴史性を、打ち寄せる波のリズムや木々の合間に満ちる木漏れ日にのせてデザインしています。
垂直性を強調したリブ状の壁面は、間隔を変え、寄せては返す津軽の浜辺の波を表現しています。同時にしっかりと根を下ろし、たくましく生きる木々や人々をイメージしています。
(鉄道・運輸機構の資料から)
こう書くと分かりにくいですが、改札の外を「波」、改札の中を「森」と見立てていると思うと分かりやすいかもしれないですね。
「森」に使用されているのは、道南の杉の木です。


そんな北海道新幹線・木古内駅では。。。
JR木古内駅06
あい:わがまちご当地入場券を買ってもらいました。 (9月)

JR木古内駅07
あい:キハ183-0系記念入場券を入手です。 (3月)

と、あい様が2回の訪問両方担当しています。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

JR東日本の駅から (津軽線・津軽二股駅)

Category : 北海道の鉄道
奥津軽いまべつ駅08
昨年9月に、津軽海峡を越えて北海道新幹線・奥津軽いまべつ駅を訪問しました。
11/23「青森の中の北海道

高野﨑04
その後、今別町の巡回バスで「高野﨑」へあい様と行きました。
11/27「MY FIRST AOMORI

今回はその続きです。

津軽二股駅03
津軽二股駅04
高野﨑から奥津軽いまべつ駅に巡回バスで戻る途中、今別駅で数分の停車時間がありました。
JR津軽線を青森まで利用する人はここで乗り換えです。

津軽二股駅02
津軽線カラーのキハ48。
北海道では見ることのできない車両です。
ローカル線なのにワンマン運転ではない(車掌付き)のが驚きでした。 1日5往復なんてJR北海道なら間違いなくワンマン運転ですよ。

津軽二股駅01
そのまま巡回バスに乗って奥津軽いまべつ駅へ。
今となっては津軽線に乗車してみた方が良かったかなあとも思っています。
今回は左側の赤線のあたりのお話です。

追記に続きます。

→続きを読む

Epilogue (宗谷本線・稚内駅)

Category : 北海道の鉄道
183系稚内駅01
183系稚内駅02
旭山動物園号を見送った後は、13:35発の特急サロベツ1号に乗車します。

183系稚内駅04
咲来:半月続いた入場券集めも、これが最後の旅なんですね。
キハ183-0系入場券、最後の1箇所へと向かいます。

183系稚内駅03
今回は、グリーン車で終着・稚内駅まで向かいます。
カメラやスマホのバッテリーが厳しく、コンセントを使いたかったからですが・・・


183系稚内駅05
咲来:グリーン車は快適なんですね~ 
結局この日は稚内まで誰も乗って来ませんでした。
3時間~4時間乗車すると、グリーン車の快適さが体感できます。
特に寝る時はおすすめです。 到着した時の元気が違います。 

183系稚内駅06
(下沼~豊富)
咲来:北海道はどこまでも広いんですね。 でもまだ行ったことの無い場所だらけです。

183系稚内駅07
(抜海~南稚内)
咲来:日が沈むのと、稚内駅に着くのとどっちが早いかな。
終着の稚内駅には、17:21に到着します。

183系稚内駅08
(南稚内~稚内)
咲来:ついに稚内、日本最北端の駅ですね!

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

ハロー・グッバイ (旭山動物園号)

Category : 北海道の鉄道
3月から4月になり、JR三江線の廃線や大阪市営地下鉄の終了など様々な変化がありました。

旭山動物園号02
咲来:今日はスペシャルなイベントがあるんですよね?
手には旭川駅の183-0系入場券を持っています。

旭山動物園号03
3月31日の11:00~12:30の間、旭川駅で特急「旭山動物園号 内覧会」が開催されていました。
JRの企画では無く旭川市の企画で、旭山動物園号は札幌方面から旭川市にある旭山動物園に来る方々が乗車する列車で、乗車する機会が少なかったと思われる旭川市民(市民以外もOK)に向けて開催されました。
旭川駅の入場券(170円)を買えば車内を見学することができました。

旭山動物園号05
旭山動物園号04
11時前に入場したのですが、ホームに入りきらない程多くの方が来場してくれました。
告知も少なかったのですが、新聞報道では親子連れら1100人の来場があったそうです。

旭山動物園号06
ご当地入場券やキハ183系の入場券は、もちろん入場券として使用できます。


旭山動物園号01
左が3/25にラストランを迎えた旭山動物園号(キハ183-0系)、右が3/28から道北エリアで運行開始された 北海道の恵み「道北 流氷の恵み」(キハ40) 3/31の内覧会が最初で最後の2ショットとなりました。

春は出会いと別れの季節。
本当のラストランを迎えた旭山動物園号と、新しく走りだした北海道の恵みシリーズ。
両者が並んだのは10分程度でしたが、「春」を強く感じさせる一幕となりました。

旭山動物園号07
旭山動物園号08
追記には、2つの車両の写真をまぜながら話を進めていきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む