fc2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道内のダムカード・マンホールカード等公共配布カードも収集中。

このブログのSDGs(Sustainable Doll-Life Goals)。
持続可能なドールブログ・ライフを目標にしたく、モノ消費だけに頼らない記事を作りたいと思っています。

北海道道の駅スタンプラリー4年連続(2018~2021)完全制覇。
5年連続に挑戦中も今年はやや進捗状況が遅めで5月末現在まだ1/3程度。
例年通り雪が降る前には終わらせたいですが。。。

北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最近は青森のことなど道外のことも書いています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

夏に乗る。

Category : 北国の歩き方
夏の丘01
もうすぐやってくる夏に乗り遅れないように。 

道路のカーブと畑のカーブが揃っているのがこの町らしさ。
写っているのはこの町のスクールバスです。

夏の丘02
今年はここに限らず、北海道に観光客がだいぶ戻ってきたなと思います。

夏の丘03
じゃがいも畑の白い花もそろそろ満開の時期になるでしょうか。

夏の丘04
どことは言わないですが、有名な観光地の木なので見たことがある人は多い場所でしょう。

今年の夏はどれだけの観光客がこの町を訪れるのでしょうかね。

最後まで見ていただきありがとうございます。
スポンサーサイト



夏のはじまり (興浜南線・沢木駅など)

Category : 北海道の鉄道
沢木駅01
沿岸に1つだけ咲いていたはまなすの花。

沢木駅02
藤花:これがはまなすの花なんですね。
北海道の初夏を告げるはまなすの花。

ishikari-hamanasu.jpg
(石狩市はまなすの丘公園にて)
石狩の方ではもう結構咲いていますが寒いオホーツク沿岸ではこれからが見ごろ。
(6月上旬の撮影)

沢木駅03
沢木駅04
オホーツク沿岸に位置する雄武(おうむ)町元沢木地区の町道日の出岬線。
遠くに見える高い建物はホテル日の出岬。

沢木駅05
この道路にはかつて線路が通っていました。
廃線後に跡地そのまま道路に転用したというほうが正しいでしょう。

興部(おこっぺ)駅と雄武(おむ)駅を結んでいた国鉄興浜南線(こうひんなんせん)。1985年に廃線となりました。
興浜は南側の「興」部と北側の「浜」頓別を結ぶ計画で名づけられたのが由来。
興部から雄武の区間と浜頓別から北見枝幸までの区間(=興浜北線)は完成して、その間の50kmの区間は途中まで建設されたものの結ばれることはありませんでした。


沢木駅22
この50kmの区間が完成していれば、天北線(稚内市~浜頓別町)・興浜線・名寄本線(興部町~湧別町)・湧網線(湧別町~網走市)・釧網本線(網走市~斜里町~釧路市)と鉄道だけで稚内から知床斜里までオホーツク海に沿って移動することができたかもしれません。

北浜駅02
(釧網本線・北浜駅)
他の路線は国鉄末期に廃線となり、今オホーツク海が見えるのは釧網本線の網走~知床斜里の区間だけになってしまいました。


沢木駅06
右からの道路が交わる場所のすぐ右奥に興浜南線の元沢木(もとさわき)仮乗降場がありました。
廃線から35年以上が経ち、その面影はどこにもありません。

沢木駅08
元沢木(仮)~栄丘間の元沢木橋梁の橋台跡。
こうしたコンクリートの遺構は残っているのですが、駅自体は簡素なブロック造りのホームのみでしたので跡形も無く。

沢木駅07
神奈:興浜南線もまた、冬はオホーツクの流氷が見られる路線でした。

沢木駅09
ホテル日の出岬の入口に残る興浜南線の線路跡。

追記に続きます。続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

空に手を伸ばして (滝川市)

Category : 北海道ドール紀行
ebeotsu-nanohana01.jpg
菜の花畑に沈む夕陽と、空に向かって手を伸ばす構図。


ebeotsu-nanohana02.jpg
納屋と菜の花畑。
丘陵地帯の菜の花畑だから、空がとても近く感じられる場所。

江部乙駅01
これは2017年に記事にした、満開時の江部乙の菜の花。
今回は5年ぶりに滝川市江部乙にて撮影した菜の花の写真になります。

22滝川菜の花01
ピークは過ぎて、終わりかけの時期でしたが一応今年のうちに出しておきたくなりまして。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

旧小山内家住宅 (弘前りんご花まつり#3)

Category : 青森のこと
弘前りんご花まつり51
弘前りんご花まつりの記事3回目は、りんご公園内に移設保存されている旧小山内家住宅のお話。
明治維新期の文久3(1863)年の農家の住宅を復元したものになります。
左に写っているりんごの花は「ふじ」です。

弘前りんご花まつり52
建物の歴史については、この写真をクリックして拡大して読んでいただければと。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

林檎の花 (弘前りんご花まつり#2)

Category : 青森のこと
弘前りんご花まつり05
五月の空の青と、萌える緑の間に。

弘前りんご花まつり20
薄紅色の小さな林檎の花が咲いている。

弘前りんご花まつり21
紡:これが「ふじ」の花。
津軽の「ふじ」の花はりんごの花。

弘前りんご花まつり、2回目の今回は園内に咲く国内外の品種の林檎の花(の一部)を紹介します。
きっとあなた好みのリンゴの花が見つかると思います。

続きを読むからどうぞ。

→続きを読む