FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

タイムカプセル・ステイション (根室本線・上厚内駅)

Category : 北海道の駅
上厚内駅01
上厚内駅61
帯広駅から列車に揺られること1時間半、私がどうしても廃止前に訪れたかったこの場所。

上厚内駅10
駅の木造ドアで。
ミカヅキと美月、mikadukiの競演です。他に1/6っ子がもう1人の3人で、2017年3月3日に廃止になる駅に行ってきました。
旭川駅から札幌、帯広経由で片道408.8kmの大移動です。

上厚内駅08
それが、根室本線・上厚内(かみあつない)駅です。 左の小屋はトイレです。 
由来は「厚内川の上流」にあるから。 「厚内」の由来は諸説あり、
①アプ・ナイ(釣り針の川)
②アツ・ナイ(楡の川)
③アク・ナイ(わなを掛ける川) とされています。 

上厚内駅12
トイレの横にあった昭和28年(1953年)と書かれた建物財産標。 ああ、歴史の重さがこんな所にも。

上厚内駅07
「上厚内駅」と書かれた国鉄時代からの立派なホーロー看板。
1910年に「上厚内信号所」として設置、23年に「上厚内信号場」に改称。
その後1926年に「上厚内駅」に昇格となりました。

上厚内駅11
1953年に建てられて以降今日まで昔と変わらない形を留めてきた築63年を超えた北海道代表型木造駅舎、上厚内駅。
地元の利用者はほぼいませんが、鉄道ファンからの人気は高かった駅舎。
私も、この素晴らしき木造駅舎を一度目にしたくてはるばるこの駅まで行きました。

上厚内駅13
400kmったら東京駅から大阪駅を直線で結んだ距離です。

そんな上厚内駅の魅力を、長~く追記で書いていこうを思います。  2人の写真もありますよ。
昭和のあの頃へタイムスリップする、大分むぎ焼酎二階堂のCMのような感覚を味わえるかと思います。
写真も文章も60枚を超える特盛りなので時間がある時にのんびりと読んでくれれば嬉しいです。
そして「北海道の田舎に上厚内という駅があった」という記憶を幽かにでも残していただければ嬉しいです。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

スポンサーサイト

tutto bene! (バレンタイン2017)

Category : 50ドール
17バレンタイン04
今年のバレンタインは節約志向です。 例年の1/20の費用です(笑)


燈 バレンタイン05
(昔の燈ちゃんの写真)
例年、3万円くらいかけてチョコレートを買っていたのですが今年は駅で撮影することのほうが楽しくて、1つしか買わなかったです。
それは次回更新の記事に対する写真の多さと情熱を見てくれれば。。。

17バレンタイン03
ラテアートを施したカプチーノ。 女の子受けしそうなデザイン重視で1つだけ。
札幌に用事があった時に適当に三越で選んできました。

追記にもミカヅキの写真を載せます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

もみじの手のひら合わせましょ

Category : 50ドール
今回の記事は、このCMを完コピしようと瑞季とあい様に頑張ってもらったものです。


(野村仏壇店/北海道札幌市)


(ずゞや/香川県高松市)

どちらのCMがお気に入りいただけたでしょうか。

2人の頑張りは続きを読むからどうぞ

→続きを読む

燈の旅#44 ラストダンスは永遠に

Category : 燈の旅
ラストダンスは永遠に01
燈の旅シリーズは、2012年の1月末から4月末までの3ヶ月の間お借りした「nebosuke」のkomo様家の燈ちゃんとの観光の記録です。 
東京から家出したきた小さくてわがままな子どもという設定を基にしています。
そんな旅の終わりは豊平館です。

旅はさっぽろ雪祭りに始まり、札幌市、小樽市、江別市、千歳市を舞台に過去40を超える記事を作成してきました。
もう5年前のことなので、撮影した場所が閉店していたりしますが、カテゴリの「燈の旅」から、時間がある時にゆっくり見て頂ければと思います。

ラストダンスは永遠に14
そんな豊平館も、昨年、4年間の大規模修繕工事を終え再び御披露目されました。 
3か月の旅の終わり、どんな結末を迎えたのか。。。
改修される前に撮影したあの頃の写真ですが、続きを読むからご覧ください。

→続きを読む

MAP STATION! (留萌本線・真布駅)

Category : 北海道の駅
真布駅03
そっと かみしめてごらん

真布駅05
あいの うるわしいこころが

真布駅04
ふたりのほほに しみとおるよ

真布駅06
○~ルナス



真布駅00
この歌、関西の人なら聞き覚えがあるのではないでしょうか?
今回は留萌本線・真布(まっぷ)駅の紹介です。
写真に写っているのが、真布駅の全景です。とても短い板張りホーム、ボロい現役木造駅舎・・・
駅名も、一度聞いたら記憶に残る、北海道の駅の中でもインパクトのある名前ではないでしょうか。 

真布駅02
駅ノートには、この駅を目指して鳥取県の智頭(ちず→まっぷ)駅や神戸の須磨(すま→まっぷ)駅から来る人もいました。
鉄道ファンにとってはなかなか人気のある駅です。
牛山隆信氏の著書「いま行っておきたい秘境駅2」(1は宗谷本線・雄信内駅)の表紙を飾ったこの駅。

真布駅14
なかなかにボロが来ていますが、この駅に降り立った人はこの駅の不思議な魅力に気づくことでしょう。
不思議な魅力とは何なのか、私もよくわかりません。 でも強く印象に残った駅です。

※前回紹介した島ノ下駅に関する新聞記事を前回記事に追加しました。

→続きを読む