FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道内のダムカード・マンホールカード等公共配布カードも収集中。

北海道道の駅スタンプラリー3年連続(2018~2020)完全制覇。

SDGs(Sustainable Doll-Life Goals)
持続可能なドールブログ・ライフを目標にしたく、モノ消費だけに頼らない記事を作りたいと思っています。

北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

42駅の1駅 (宗谷本線・北比布駅)

Category : 北海道の鉄道
21北比布駅01
宗谷本線・北比布駅
このブログでは2017年以来の訪駅です。
今年3月12日を最後に廃駅となります。


21北比布駅02
椿:これ位ではもう驚かないですからね。
こうした小さい駅も見慣れてくると驚かなくなりますよね。

21北比布駅03



21北比布駅04
2021年

北比布駅10
2017年

北比布駅03
2017年にはホーム最奥部に取り付けられていた駅名標。

21北比布駅06
椿:無くなっていますね・・・

21北比布駅05
昨年の9月頃に南比布駅と併せて盗難されたことが発見されました。
今までも廃止が近づくと駅の時刻表などが盗まれることがありましたが今回も・・・です。

追記に続きます。

→続きを読む

スポンサーサイト



未来はリニアに (中央本線・美乃坂本駅)

Category : 東海の鉄道
美乃坂本駅01
岐阜県中津川市にある中央本線・美乃坂本駅。




美乃坂本駅02
美乃坂本駅03
ここは「美濃」ではなく「美乃」です。




美乃坂本駅04
あい:なぜ「美乃」なのかしら?



美乃坂本駅05

明治35(1902)年中央本線が名古屋~中津(現・中津川)間まで開通した当時、隣の中津川と恵那には駅が設けられましたが、中間の坂本村には設置されませんでした。
陸軍の演習場があった坂本村の村長たちは、「東西両駅まで二里(8キロ)あり、兵士や貨物の輸送に多額の費用がかかるが、停車場が新設されればこの問題は一挙に解決し、産業も発展して人口も増加する。」という内容の請願書を鉄道院に送り、その上2100坪の鉄道用地も寄付し大正6(1917)年にこの場所に駅が設けられました。

既に熊本に坂本駅があった上に、当時の住民は美濃の「濃」が複雑でしばしば略式の「美乃」を使っており、村でも「美乃」が定着していたので村や住民の請願でそのまま「美乃坂本駅」となりました。



美乃坂本駅06
あい:だから「美乃」なのね。
ちょっと変わった駅を中心に周った東海シリーズです。

追記に続きます。 続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

Go To 上ノ国

Category : 北海道ドール紀行
上ノ国江差01
函館山と日の出。 道南いさりび鉄道の車窓(矢不来信号場)から。


上ノ国江差02
上ノ国江差03
函館駅7:17発の列車で木古内方面へ。
紗鬼:なんだかレトロな色合いの車両ね。

今回乗車するのは「道南いさりび鉄道」です。
2016年、北海道新幹線開業に伴い経営分離されたJR江差線(五稜郭~木古内間)を引き継いだ第3セクター鉄道です。
道南いさりび鉄道が所有する9両のうち、1両だけがこの「国鉄急行色」を再現した車両になります。

上ノ国江差07
JR線では見ることの無い、正月飾り。

いさ鉄木古内17
いさ鉄木古内26
JR北海道から譲渡されたキハ40ですが、オリジナリティを出そうと所有する全ての車両を独自のデザイン・カラーに塗り替えました。
車両側面のラインは、矢不来信号場から見た函館山の稜線を描いています。

上ノ国江差05
女子3人でローカル線の旅。

上ノ国江差04
茂辺地駅を過ぎ、北斗漁港(茂辺地地区)がある辺りから。
矢不来や茂辺地から見る函館山は、牛が臥せているように見えることから「臥牛山」とも呼ばれています。

上ノ国江差06
(渡島当別~釜谷)
紗鬼:ゆっくり走るから、海をのんびり眺められるわ。

渡島当別を過ぎ、再び列車は海岸段丘の上を走ります。
この区間にある箱崎道路踏切は、函館山・津軽海峡と列車を同時に撮影できるスポットとして知られています。
北海道新幹線は時速260kmで車窓もほぼトンネルですが、こちらはローカル線なのでのんびりと走ります。
ここを過ぎれば、函館山とはお別れです。

追記には、この後に行った上ノ国町の写真を載せておきます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

道の駅るもい (冬)

Category : 北海道ドール紀行
道の駅るもい冬01
ここはJR深川駅、留萌本線の起点駅です。
冬になると、車両にはびっちり雪が纏いつきこうなります。

道の駅るもい冬02
みあ:今回は留萌市のマンホールカードを貰いに行きます。

今回が初登場となるみあ。
「雪の女王」がコンセプトで、冬をイメージさせる子です。

道の駅るもい冬03
(明日萌駅/恵比島駅)
ここ最近の大雪で、駅の屋根もこんなに雪が積もっています。
昔、NHKの朝ドラの舞台になった駅です。

道の駅るもい冬04
(恵比島~峠下)
どこが線路か分かりますでしょうか。



道の駅るもい冬05
列車が終着の留萌駅に到着すると同時に、排投雪モータカー「ENR-1000」が深川駅に向けて発車していきました。
数年前に導入し、一台で除雪も排雪もできる優れ物ですが基本的には留萌本線でのみ使われています。

道の駅るもい冬06
みあ:留萌は風が強いから寒いですね。

道の駅るもい冬07
留萌駅の先から。
右側には2016年に廃線になった留萌~増毛間の踏切の機械庫が放置されています。

道の駅るもい冬08
冬の留萌はすぐ吹雪になります。

道の駅るもい冬09
なので、チャレンジショップは冬季は店を閉めます。

道の駅るもい冬10
みあ:留萌市のマンホールカードを入手しました。

冬の間は、船場公園の管理棟部分しか機能できない留萌の道の駅。
道の駅erにニーズのある生鮮産直も飲食も無い寂れた実質トイレとスタンプだけの道の駅になってしまいます。
北海道で人気のある道の駅は長沼や当別・中札内の様な「都市近郊で野菜の直売が充実している」か、黒松内や厚岸の様な「遠くても食べ物がおいしい」所です。
新しい道の駅でも、人気が無い所は人気が無いです。
7月にオープンした時から「建物に入ってみたら何もなかった」「地域の公民館のよう」というガッカリの声が多く、あっという間に客足が減っていきました。
道の駅はどこも上手く行っているということは無く、赤字の場所も多いです。

道の駅るもい冬11
アンテナショップだけは管理棟の2階に移動して営業しています。
そもそも冬は地吹雪になる留萌でプレハブ棟で営業しようとしていたあたり、留萌市の計画性の無さと見通しの甘さが見えます。

あくまで「公園補助施設」として整備した管理棟のため、通年での物産販売が制限されている施設という計画段階で大きな欠点があり、深川留萌自動車道の全通に合わせてとりあえず集客目当てに道の駅申請をした感がします。
この点については、敷地内に令和4年度完成予定の屋内遊戯施設内で営業させたいと考えているようです。

今のままでは、ちょっと厳しい表現になりますが「敷地が広いだけの公園」です。

道の駅るもい冬12
みあ:先行きが思いやられますね・・・
今年以降で、「行ってみたけど、何もなかった道の駅」という評価をひっくり返すだけのチャレンジができるか。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

道の駅るもい (夏)

Category : 北海道ドール紀行
道の駅るもい夏01

道の駅るもい夏02
しの:JR留萌線で来ました!
瑛理:これから留萌の道の駅に行くんですよね。


道の駅るもい夏03
留萌の道の駅へのアクセスは、跨線橋を渡って改札の反対側のホームへ。

道の駅るもい夏04
そうして、ホーム端のここから出ます。

道の駅るもい夏05
瑛理:これはJR的に大丈夫なんですか?
有人駅ですが利用者は少ないですし、通り抜けもできるようになっています。

道の駅るもい夏06


道の駅るもい夏07
道の駅るもい夏08
道の駅るもいは、JR留萌駅の裏手にあります。
この場所は、元々は留萌港へと石炭を積み出す為の留置線や貨物側線、SLの転車台、羽幌線・天塩炭鉱鉄道などがひしめき合っていた鉄道用地でしたが、全て廃止となった後は遊休地となっていました。
2007年から留萌市による公園化が進められ、2016年に船場(ふなば)公園として供用、2020年に道の駅に正式登録され「道の駅るもい」となりました。

道の駅るもい夏09
留萌のマスコットキャラ、KAZUMOちゃんと。

今回は、道の駅るもいが開業した日の様子となります。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む