FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

冬音

Author:冬音
北海道でドール撮影をしています。
北海道は季節感が本州と多少異なりますが、それも個性ということで。
北海道地図があると、より楽しめるかと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

ランキング参加中(*^_^*)

是非1日1クリックお願いします。

T a u r a

Category : 北海道の鉄道
浜田浦駅01
その場所は、原野の中に埋もれるようにあった。








浜田浦駅02
あるお笑い芸人は、「独居房」と評した。








浜田浦駅03
ある旅人は、「おそまつ」と評した。








浜田浦駅04
Yは、「I love you」と書き残した。






浜田浦駅05
美月:ここはなかなか凄いわね・・・




浜田浦駅06
R235は、車通りも多い幹線道路。




浜田浦駅07
そこから僅か数m離れただけで、違う時間が流れているようだった。






浜田浦駅08
こんな場所でも、列車は律義に停車する。
この場所からは、1日平均1.6人の乗客がいるようだ。




浜田浦駅09
ミカヅキ:周りに民家すら見当たらないわ。






浜田浦駅10
Hama-Taura Sta.
JR北海道・日高本線に属する無人駅。






浜田浦駅21
追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。



→続きを読む

スポンサーサイト

相・語るまち (羽幌線・遠別駅②)

Category : 北海道の鉄道
遠別駅22

遠別駅24

遠別駅23
今回は、前回に続いて遠別町から。

遠別駅19
遠別駅20
遠別駅21
1987年の羽幌線の廃止と共に作られた遠別バスターミナル。
ちょっと古くなってきたという感じはします。

遠別駅25
ちびあい:バス路線も、いつまでも維持できるか。 

遠別駅26
北海道の場合、運行経費(100%)のうち最大45%が国や道の補助金。あとは運賃収入が頼みですが当然100%になるはずもなく赤字です。 
地域間を結ぶ幹線バス路線ですが、厳しいです。 
特定地方交通線転換交付金(=羽幌線代替輸送確保基金)も使用しながら運行されているのが現状。
自治体の廃線容認の見返りに国からは廃止線区1kmにつき3000万円の転換交付金を支払い、5年間バス転換路線は全額赤字補填をしたのですが、30年経った今、沿線の過疎化が早く遠別では30年で40%以上人口が減少。 利用客も減る一方。

遠別駅27
ちびあい:これからどこへ行くの?

遠別駅28
遠別の道の「駅」へ行きましょう。
この大きな橋を渡って。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む

42メートルから始まる旅 (羽幌線・遠別駅①) 

Category : 北海道の鉄道
遠別駅02
今回は、この短すぎる道路を見に・・・

遠別駅01
1:10000の縮尺なので、定規1cmが100mです。

遠別駅03
その道路がこれです。

遠別駅04
「北海道道393号 遠別(えんべつ)停車場線」
実延長は42m。 上の写真の手前横断歩道から奥の止まれまでが道道遠別停車場線の範囲です。
ここが北海道で1番短い道道(=都道府県道)になります。
あまりに短すぎるのか、国土地理院の地図にも都道府県道扱いされていない、忘れられた道。

遠別駅05
遠別停車場線を走る沿岸バス豊富留萌線(旧国鉄羽幌/はぼろ/線代替バス)
右の道路が国道232号。 留萌と稚内を結ぶ重要な国道です。

遠別駅06
ちびあい:この道路なら歩いて完走できるわ。

遠別駅09
遠別駅07
道路の先にかつてあったものが、羽幌線・遠別駅。
道路幅が広く作られているのが、町の中心となる駅だった証。

遠別駅08
(この2枚は、北海道廃止ローカル線写真集,追憶の鉄路より遠別駅の写真を)

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。


→続きを読む

歩み・歩む (天北線・小頓別駅)

Category : 北海道の鉄道
小頓別駅01
中頓別町にある「北海道道400号 小頓別(しょうとんべつ)停車場線」
ここが今回の舞台です。

小頓別駅02
杏:停車場線ということは駅前通り・・・ ということよね。

小頓別停車場線は、北海道で2番目に短い道道です。
では進んでいきましょう。

追記に続きます。
続きをよむからどうぞ。

→続きを読む

札幌・夏の合同撮影会

Category : イベントetc
18夏シャク01
北国の短い夏を謳歌する・・・

例年ならそのはずなのですが今年は異常に暑いですね。

18夏シャク02
今回は「ドール生活♡はじめました」のユアン131様のシャクさんと杏のコラボレーション企画。

18夏シャク03
18夏シャク04
シャクさんと杏の簪は同じ作家さんの作品で、そうした点でもお揃いにしてみました。

追記に続きます。
続きを読むからどうぞ。

→続きを読む